クボタの『農機シェアリングサービス』を体験してみませんか!? 千葉県北部・茨城県南部・岡山県東部でテストユーザーを募集

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > クボタの『農機シェアリングサービス』を体験してみませんか!? 千葉県北部・茨城県南部・岡山県東部でテストユーザーを募集

PR
農業ニュース

クボタの『農機シェアリングサービス』を体験してみませんか!? 千葉県北部・茨城県南部・岡山県東部でテストユーザーを募集

クボタの『農機シェアリングサービス』を体験してみませんか!? 千葉県北部・茨城県南部・岡山県東部でテストユーザーを募集
最終更新日:2020年04月09日

今、世の中では車や自転車、住宅やオフィスなどを「シェアする」というサービスが浸透しつつあります。「農機でも安心してシェアできるサービスがあれば利用したい」といった声を受け、農機メーカーである株式会社クボタが『農機シェアリングサービス』のテスト運用を2020年4月にスタートします。「農地を拡大したいが農機が足りない」、「新しい農機を試しに使ってみたい」、「就農を考えているが初期投資が足かせだ」…そんなお悩み・ご要望をお持ちの方々にお勧めです。千葉県北部・茨城県南部・岡山県東部で実施するテスト運用に参加してみませんか?

クボタの『農機シェアリングサービス』とは

実はトラクターや田植機などの農機を個人でシェアした経験がある農家の方は、実に4割(2019年9月クボタ調べ)にも上ります。

クボタの『農機シェアリングサービス』では、農機を保有する方(オーナー)と、農機を利用したい方(ユーザー)をマッチング。

農機をシェアする場を提供し、オーナーには遊休農機の有効活用を、ユーザーには農機を買わずに使いたい時だけ使える機会を提供します。

株式会社クボタ

そうは言っても、他人との農機シェアに不安を感じる方も多いはず。そこで、クボタは以下のようなサポート体制で支援することで、不安を払拭します。

1)決済代行
2)故障・事故に備えた保険の手配
3)オーナー及びユーザーの身元確認
4)契約期間中のトラブル対応

『農機シェアリングサービス』のテスト運用を開始

クボタでは2020年4月から『農機シェアリングサービス』のテスト運用を千葉県北部・茨城県南部・岡山県東部で実施します。

テスト運用の概要
実施時期:2020年4月~7月(第一期)
対象地域:関東(千葉県北部・茨城県南部)、岡山県東部
対象農機:クボタ製のトラクタ・コンバイン・田植機で、対象地域のオーナーから登録申込のあった農機(購入から概ね10年以内のもの)
利用料金:オーナー設定料金(運営手数料含む)+保険料(実費)
運営サポート:決済代行、故障・事故に備えた保険の手配、オーナー及びユーザーの身元確認、契約期間中のトラブル対応

シェアの流れ

株式会社クボタ

『農機シェアリングサービス』を利用したいユーザーを募集!

テスト運用の実施にあたり、ユーザーを募集します。

募集時期:2020年4月~7月(第一期)
※予定数に達した時点で募集を締め切ります。

対象地域:関東(千葉県北部・茨城県南部)、岡山県東部
※ただし、オーナー所在地からトラック輸送1時間程度の地域に農地を保有する方。

参加希望の方は、以下【農機シェアリングユーザー登録・お問い合わせ専用フォーム】からユーザー登録をお願いします。

後日、運営窓口よりご連絡します。テスト運用に関するお問い合わせも、以下【農機シェアリングユーザー登録・お問い合わせ専用フォーム】にて受け付けています。

【農機シェアリングユーザー登録・お問い合わせ専用フォーム】はこちら



株式会社クボタ
イノベーションセンター

プレスリリースはこちら

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧