音楽プロデューサー小林武史の非営利団体が農家支援 コロナ禍で外出自粛の消費者とマッチング

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 音楽プロデューサー小林武史の非営利団体が農家支援 コロナ禍で外出自粛の消費者とマッチング

農業ニュース

音楽プロデューサー小林武史の非営利団体が農家支援 コロナ禍で外出自粛の消費者とマッチング

音楽プロデューサー小林武史の非営利団体が農家支援 コロナ禍で外出自粛の消費者とマッチング
最終更新日:2020年04月17日

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で営業自粛する飲食店。そこに食材を卸す生産者は出荷先を失い、丹精込めて栽培した食材を廃棄処分せざるを得ない状況が続いている。一方、外出自粛の間の自宅での食生活をより豊かにしたいと願う消費者もいる。この双方の需要を結び付けることで課題解決を図ろうと動き出した団体がある。音楽プロデューサーの小林武史(こばやし・たけし)さんが代表理事を務める一般社団法人APバンク(本社:東京都渋谷区、以下「ap bank」)だ。

「GREAT FARMERS to TABLE」とは

ap bankは、小林武史さん、Mr.Childrenの桜井和寿さん、作曲家の坂本龍一さんによって2003年に設立された非営利組織。自然エネルギーをはじめとした環境プロジェクトへの融資や東日本大震災での炊き出しなど、様々な支援活動を行っている。

2020年4月17日、ap bankが立ち上げたのは「GREAT FARMERS to TABLE(グレートファーマーズトゥーテーブル)」というポータルサイト。人気飲食店のシェフの協力を得て、普段お店で使っている食材の生産者の情報を掲載し、消費者にその購買ルートを開くものだ。
このサイトで紹介される生産者は、「シェフたちが食材を厳選する中で出会った素晴らしい食の生産者(GREAT FARMER)」だという。新型コロナウイルスの拡大という厳しい状況の中、良質な食材を作る生産者とより豊かな食材を求める消費者をマッチングするのがこのサイトの目的だ。
「普段は顔を合わせることのない生産者と消費者がお互いの気持ちを通わせることができる取り組みとすることで、日本の食文化を捉えなおすきっかけになれば」とのap bankの願いも込められたこの取り組み。一般消費者にとっては「一流の食材」と出会うチャンスとなるだろう。

今回、GREAT FARMERS to TABLEに参加するタケイファーム代表の武井敏信さんは「この取り組みを通じて私たちの野菜を食べてくれた方が、新型コロナウイルス収束後にプロジェクト賛同シェフたちのレストランに足を運ぼうと思ってくださればありがたい」とコメントした。

今回参加する生産者と賛同シェフは下記の通り(50音順、敬称略)。

【主な参加生産者】

  • 安曇野放牧豚
  • 牛肉商尾崎
  • KURKKU FIELDS
  • こころの野菜さん
  • 佐々木ファーム
  • タケイファーム
  • 西崎ファーム
  • パラダイスビアー
  • 林鮮魚店

【主な賛同シェフ】

  • 石松一樹(Maruta)
  • 楠田裕彦(METZGEREI KUSUDA)
  • 小林寛司(villa aida)
  • 田窪大祐(TACUBO)
  • 平雅一(ドンブラボー)
  • 原川慎一郎(the Blind Donkey)
  • 樋口敬洋(SALONE TOKYO)
  • 宮本雅彦(トレフミヤモト)

GREAT FARMERS to TABLE
一般社団法人APバンク

関連記事
農家と飲食店が「子ども弁当」を無料配布 新型コロナの苦境支えた地元へ「恩返し」
農家と飲食店が「子ども弁当」を無料配布 新型コロナの苦境支えた地元へ「恩返し」
農家が提供した農産物で地域の飲食店が「子ども弁当」を作り、中学生以下に無償配布する。そんな活動が、東京都江戸川区の小松菜農家・小原英行(こはら・ひでゆき)さんの呼び掛けから、同区内で始まりました。新型コロナウイルス感染…
新型コロナで注文激減の農家、食べチョクで農産物を完売
新型コロナで注文激減の農家、食べチョクで農産物を完売
新型コロナウイルスの感染拡大の影響が農業や漁業にも広がっている。飲食店の営業縮小などで、食材の注文が減っているからだ。そうした中、生産者から消費者に食材を直送するサービス「食べチョク」を運営するビビッドガーデン(東京都…

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧