ウンカ被害が深刻! 大量発生のメカニズムと効果的な対処法とは【畑は小さな大自然vol.93】|マイナビ農業
一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > ウンカ被害が深刻! 大量発生のメカニズムと効果的な対処法とは【畑は小さな大自然vol.93】

ウンカ被害が深刻! 大量発生のメカニズムと効果的な対処法とは【畑は小さな大自然vol.93】

ウンカ被害が深刻! 大量発生のメカニズムと効果的な対処法とは【畑は小さな大自然vol.93】

こんにちは、暮らしの畑屋そーやんです。今回は畑ではなく田んぼの話題。今年は田んぼに発生するウンカという害虫の被害が全国的に大発生しているようです。育苗箱施用剤というウンカに効果の高い薬剤が開発されたことで、一時期は発生が少なかったウンカ被害ですが、またここ数年増加傾向にあるようです。今回はウンカが大量発生するメカニズムや対処法について農研機構からのコメントを紹介しつつ、個人の農家でも行えるようなウンカ調査の仕方・対処法についてまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

坪枯れの被害をもたらすトビイロウンカとは

トビイロウンカ 群れ

イネに群がるトビイロウンカ

ウンカは体長5ミリほどの小さなセミのような形をした虫で、口吻(こうふん)と呼ばれる口針をイネの茎に刺し、師管液を吸い取って生きています。田んぼに発生するウンカは主に2種類、セジロウンカとトビイロウンカです。セジロウンカは夏に多く発生するため夏ウンカと呼ばれ、トビイロウンカは秋ごろに多く発生するため秋ウンカと呼ばれています。今回全国で坪枯れと呼ばれる被害を起こしているのは秋に発生するトビイロウンカ。今回はこのトビイロウンカの生態やその対策についてご紹介します。

トビイロウンカの生態と大量発生のメカニズム

トビイロウンカはイネだけをエサとしているため、冬にイネが無くなる日本では越冬できません。ではどこからやってくるかというと、毎年春先に、一年を通してイネを栽培しているベトナムから中国南部へウンカが移動し、その後の梅雨時期にジェット気流に乗って日本に飛来するようです。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧