白菜の結球初期の防除に! アブラムシをしっかり落とす殺虫剤が新登場

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 白菜の結球初期の防除に! アブラムシをしっかり落とす殺虫剤が新登場

白菜の結球初期の防除に! アブラムシをしっかり落とす殺虫剤が新登場

白菜の結球初期の防除に! アブラムシをしっかり落とす殺虫剤が新登場
最終更新日:2021年01月29日

白菜栽培において、アブラムシの防除は重要です。一度葉につくと、大量に発生し、品質の低下や収量減の原因になることもあります。そんな中、既存の殺虫剤にはないユニークな特長を持つ薬剤として注目を浴びているのが、コルテバ・アグリサイエンス社の『トランスフォーム™ フロアブル』です。白菜の一大生産地・茨城県結城市で、製品を愛用する生産者に話を聞きました。

白菜の名産地・茨城で、高品質な白菜を安定して栽培

関東平野のほぼ中央に位置する茨城県結城市。豊かな結城台地と、東を流れる鬼怒川の恩恵により、品質の高い野菜の生産地として知られています。

取材した12月はちょうど収穫の最盛期でした

同市で白菜を中心にレタス、トウモロコシなどを生産・出荷するのが出荷組合『結菜』です。2019年2月に市内の30代の農家5人が集まって設立しました。
「組合を作ることで、高品質な野菜を途切れなく安定して出荷できる体制が整いました」と、メンバーの稲葉要一さん。結菜として仲卸などと直接取引することで、お客さんの評価を直接聞くことができ、品質改善に結びつけることができたといいます。
「また食べたいと思ってもらえるような野菜を作ることがモットー。お客様の声は、励みにもなります」と、稲葉さんは話します。

白菜を生産する稲葉要一さん

経営の柱となっているのが白菜栽培です。結菜全体で、約100haの面積で白菜を生産しており、市内でもトップクラスの出荷量を誇ります。

アブラムシの確実な防除で、病気のリスクを軽減

露地で栽培する白菜は、天候の変化にいかに臨機応変に対応できるかが収量を大きく左右します。

「2019年は台風が多く、圃場が水没し、白菜の根の張りが弱くなるなど、生育に悪影響を及ぼすことがありました」と稲葉さん。天候不順は病気のリスクを高める原因にもなるため、稲葉さんは、「天気には常に注意を払い、農薬の散布や施肥について臨機応変に対応することを心掛けるべき」と話します。

収穫は一つひとつ手作業で行います。無事に収穫できるまでの道のりには困難も多いのだとか

天候に加えて、もう一つ気を付けたいのが病害虫。とくにアブラムシは厄介で、一度葉につくと、大量に発生し、茎や葉が萎凋し、生育が阻害されるなど、品質の低下や収量減の原因ともなります。また、ウイルスを媒介し、病気を引き起こすこともあり、生育初期に確実に防除を行うことが重要です。

新系統の薬剤を使ったローテーション散布が効く!

『トランスフォーム™ フロアブル』の使用方法

アブラムシの防除として、今回結菜が新たに採用したのが、コルテバ・アグリサイエンス社が提供する『トランスフォーム™ フロアブル』です。

アブラムシの防除では、虫が耐性を付けてしまうのを避けるために、複数の系統の薬剤をローテーションして散布するのが一般的です。同組合でも、3〜4回の防除で使用する薬剤の一つとして採用しています。
「近隣の生産者から、『耐性が高く、薬剤が効きづらい“スーパーアブラムシ”が登場した』という話も聞いていたので、これまで使ってこなかった系統の薬剤を取り入れようと思いました」と、導入の背景を振り返ります。

『トランスフォーム™ フロアブル』で内部まで徹底防除。見た目にもこだわる

『トランスフォーム™ フロアブル』の最大の特長は、駆除した虫がしっかりと葉から落ちる「速効性」にあります。「アブラムシの死骸が白菜の内部に残ったままだと、お客さんを不快にさせてしまうのはもちろん、ひどいと売り物にならなくなってしまいます。トランスフォームでは虫がしっかりと落ち、内部に残ることが減ったので助かっています」と、話します。

結球前が、アブラムシ防除のラストチャンスです

同組合では結球し始めた初期の段階に、『トランスフォーム™ フロアブル』を使用。10aあたり150〜180リットルを目安に、ブームスプレイヤーで散布します。「散布時期が早すぎても意味がなく、結球してからでは遅い。トランスフォームはここぞという時に使っています」と、笑顔を見せます。

「散布時は殺菌剤と混合して撒くのですが、トランスフォームはどの殺菌剤とも相性が良いので、組み合わせに困ることがないのも気に入っている点です」と、稲葉さんは話します。

『結菜』では白菜の輸出にも取り組んでおり、シンガポールと香港の富裕層向けに出荷しています。

オリジナルデザインのダンボールで出荷します

「日本産の野菜は安心・安全というイメージがあり、多少割高でも人気があります。ゆくゆくは国内だけでなく、海外の人々の食をも支えられるようなチームを目指したいですね」と、組合の皆さん。挑戦を続ける原動力には、自分たちの子供にも誇れるような、魅力ある農業を確立したいという強い意志がありました。

結菜の皆さん(左から湯本さん、岡田さん、稲葉さん、後上さん、赤荻さん)

高品質な白菜栽培を目指す生産者にとって、既存の薬剤にはない特長を持つ『トランスフォーム™ フロアブル』は強い味方となるはずです。これまでの薬剤の効果に不安を感じ始めた方は、いつものローテーションに加えてみてはいかがでしょうか。

【取材協力】
出荷組合『結菜』

【お問い合わせ】
コルテバ・アグリサイエンス
〒100-6111 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー
『トランスフォーム™フロアブル』の商品詳細はこちら

『トランスフォーム™フロアブル』の他の導入事例はこちら
日本有数のスマート農場も採択する、健全野菜の安定供給に欠かせないアイテムとは
日本有数のスマート農場も採択する、健全野菜の安定供給に欠かせないアイテムとは
静岡県磐田市に設立された株式会社スマートアグリカルチャー磐田、通称『SAC iWATA(サークイワタ)』。アグリテックの先駆者・富士通株式会社などが共同で経営する"スマート農場"です。次世代の農業をリードする同社が目指すワークスタ…
障がい者雇用による「農・福連携」を支え、国際基準の農業を進める必須アイテムとは
障がい者雇用による「農・福連携」を支え、国際基準の農業を進める必須アイテムとは
 三重県員弁郡東員町に設立された『シグマファームとういん』は、2015年に設立されたシグマサポートが運営する就労継続支援A型事業所です。「農・福連携のまちづくり」をスローガンに、地域住民から休耕地(約3.3ha)の提供を受け、障…

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧