とってはいけない!? 春まで残しておきたい冬の雑草たち【畑は小さな大自然vol.95】|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > とってはいけない!? 春まで残しておきたい冬の雑草たち【畑は小さな大自然vol.95】

会員限定

とってはいけない!? 春まで残しておきたい冬の雑草たち【畑は小さな大自然vol.95】

とってはいけない!? 春まで残しておきたい冬の雑草たち【畑は小さな大自然vol.95】

こんにちは、暮らしの畑屋そーやんです。雑草といえば全てきれいに取り除くものというイメージがありますが、僕は家庭菜園で野菜づくりをするのであれば、むしろある種類の雑草たちは残しておいた方がメリットが大きい場合もあると考えています。特にこの冬の時期に生える雑草たちは野菜の生育を邪魔しにくく、春になると強力な夏の雑草の発生を遅らせてくれるのです。そこで今回は冬の雑草を残すメリットや残す雑草の種類、残す場合の注意点についてご紹介したいと思います。

雑草と野菜が共生する条件

雑草と野菜が共生する条件

雑草を残しておくと土から栄養を奪ってしまい、野菜の生育の邪魔になるというイメージが強いかと思います。しかし条件によっては十分共生できるだけでなく、野菜にとってもメリットになる場合があります。雑草と野菜の共生の条件は主に次の3つがあると考えています。

  1. 野菜が十分に根を広げられるだけ、雑草との距離があること
  2. 有機物主体の土づくりであること
  3. 野菜と相性が良い種類の雑草であること

順に説明していきます。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧