知らなかったでは済まされない!不法就労助長罪とは?企業が注意すべきポイント【外国人雇用について考える第6回】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 知らなかったでは済まされない!不法就労助長罪とは?企業が注意すべきポイント【外国人雇用について考える第6回】

知らなかったでは済まされない!不法就労助長罪とは?企業が注意すべきポイント【外国人雇用について考える第6回】

連載企画:外国人雇用について考える

知らなかったでは済まされない!不法就労助長罪とは?企業が注意すべきポイント【外国人雇用について考える第6回】

昨今よく耳にする「不法就労」ですが、外国人労働者本人だけでなく、企業にも大きく影響を与えることをご存知でしょうか?
入管法には不法就労助長罪という処罰が定められており、これは受入れ企業にも適用されます。

わざとではなかった・うっかりだったとしても、不法就労に関われば罪に問われることがあり、企業も外国人労働者本人も正しい知識と対応を行う必要があります。

今回は不法就労と不法就労助長罪について解説していきます。
企業が注意すべきポイントもまとめているので、罪に問われないためにもきちんと確認をしていきましょう。

関連記事
特定技能外国人の採用なら、マイナビグローバルへ
特定技能外国人の採用なら、マイナビグローバルへ
マイナビグループでは、農業で外国人採用を検討する農業経営者や採用担当者へ向けて、外国人材紹介や支援サービスを運営しています。採用に関する相談にも応じておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。

不法就労助長罪とは

不法就労助長罪とは、外国人に不法就労をさせたり、不法就労をあっせんしたりした者を処罰するもので、入管法73条の2に規定されています。

簡単に言うと、働けない外国人と知りながら雇用したり、知らなかったとしても身分確認などをきちんと行わないで雇用していた場合に罰せられるということです。不法就労していた本人はもちろん罰せられますが、企業も処罰の対象です。

この罰則の重要なポイントは2つあります。

  • 意図しなくとも、確認不足などの過失が企業にあった場合は処罰を免れない
  • 罰則が非常に厳しい

きちんと確認を行わないで雇用した結果不法就労だった場合は罪にあたるため、細かく調べる必要があります。また、懲役と罰金の両方が科される可能性もある、厳しい罰則です。

不法就労助長罪については、企業が非常に気を付けなければならないのです。

▶参考:出入国管理及び難民認定法 |電子政府の総合窓口e-Gov

不法就労助長罪にあたる3つのパターン

不法就労助長罪となってしまうパターンは大きく分けて次の3つがあります。

不法滞在の外国人を就労させてしまった場合

不法滞在者、被退去強制者の外国人は就労ができません。これらの外国人を就労させてしまうことは違法です。

不法滞在とは密入国や在留期間を過ぎても日本に滞在している外国人を指しますので、そもそも日本にいてはいけない人たちです。被退去強制者とは退去強制がすでに決まっている人のことです。 また、在留資格の有効期限が切れたにもかかわらず更新をしていない人も、不法滞在者に含まれます。

就労不可の外国人を就労させてしまった場合

無許可の就労をしている外国人は、不法就労です。

就労できない在留資格で働いたり、観光目的で入国した人が働くなどのパターンが当てはまります。 これらの外国人を雇用してしまった場合、不法就労助長罪に問われます。

認められていない業務などで働いてしまった場合

就労可能な在留資格であっても、認められた活動の範囲を超えた就労をしてしまうと、不法就労となります。

例えば「在留資格で認められている業種ではない」「在留資格で認められている時間数を超えて働く」といった場合です。「特定技能」であれば業種が限られていますし、 「留学」ビザで働ける許可がある場合でも週28時間までというような制限があります。認められている活動については確認が必要です。

不法就労助長罪の罰則と処罰の対象

  続きを読む  

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧