【外国人雇用について考える】第8回:ベトナム人の仕事観、考え方とは?意識の違いや注意点を駐在員が紹介|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 【外国人雇用について考える】第8回:ベトナム人の仕事観、考え方とは?意識の違いや注意点を駐在員が紹介

【外国人雇用について考える】第8回:ベトナム人の仕事観、考え方とは?意識の違いや注意点を駐在員が紹介

【外国人雇用について考える】第8回:ベトナム人の仕事観、考え方とは?意識の違いや注意点を駐在員が紹介

こんにちは。ベトナム駐在員のヂョンマンホウンです。
前回の記事はなぜベトナム人が日本で働きたいと思うか、仕事を選択する上でどんなポイントに注目しているかについて解説をしました。今回は、ベトナム人が一体どんな価値観を持っているのか、仕事文化・考え方の違いについて駐在中のエピソードを交えながらお話したいと思います。

ベトナム人はなぜ海外で働くのか

以前にもお話した通り、毎年約100万人増えていますが、大卒を含めた15~24歳の若年層の失業率は7%台に上り、大学を卒業しても就職に困る若者が増えています(日本全体の失業率は2020年8月現在3%※総務省)。

また、ベトナムはアジア近隣国と比べると、まだ非常に低所得です。2018年のベトナムの一人当たりGDPは約2,551 USD、日本はこの15倍(39,304 USD)、韓国は13倍(33,320 USD)となります。日本の新卒月給は約18~25万円ですが、私が見た限りではベトナムの初任給は3万円前後です。

そこで、国内で就職チャンスを見つけられない若者たちが海外での就労機会とより良い給与を求めて海外へ働きに出るのです。詳しくは以前の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

ベトナム人はなぜ就職先に日本を選ぶのか

理由は以下の4つです。

①親日国 ②技術力の高い先進国日本で知識を学びたい ③生活環境の良さ ④給料の格差

ベトナムには日本製品や日本の漫画・アニメが浸透していたり、国際援助が多かったりすることから、日本へ好印象を持つ人が多いです。そしてベトナムより優れた労働環境・生活環境・技術力・給料という条件から、日本での就職を選択しています。

ベトナム人の仕事観

  続きを読む  

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧