【外国人雇用について考える】第9回:インドネシア人の仕事観・働き方|一緒に仕事をする時のコツも紹介

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 【外国人雇用について考える】第9回:インドネシア人の仕事観・働き方|一緒に仕事をする時のコツも紹介

【外国人雇用について考える】第9回:インドネシア人の仕事観・働き方|一緒に仕事をする時のコツも紹介

【外国人雇用について考える】第9回:インドネシア人の仕事観・働き方|一緒に仕事をする時のコツも紹介
最終更新日:2021年04月13日

今回は、インドネシア人の方々が「仕事」に対してどのような価値観を置いているのか?について、現地の人に聞いた意見や実際にインドネシア人と仕事をした経験を元にご紹介します。
一緒に働く経験をしない限り、本当に理解することは日本人であっても難しいことではあると思いますが、事前に知識として自分の頭に入れることはできると思いますので、参考にしてもらえる点があれば幸いです。

人口・面積ともに世界トップクラスのインドネシア

13,000以上もの島々から成り立ち、約200万㎢の広大な国土面積を持つインドネシア。2億7千万人の国民を有し、世界第4位の人口を誇ります。人口の増加はまだまだ続くと言われている、急成長中の新興国です。

国民の約85%がイスラム教徒ですが、国民全員が何かしらの宗教を信仰しており、日常生活の中で、宗教が非常に重んじられています。また、近年は就労目的で日本に滞在するインドネシア人が急増しています。

詳しくはこちらの記事にも記載していますので、ぜひご覧ください。

関連記事
インドネシア人の特徴とは?性格や価値観・日本への印象を紹介
インドネシア人の特徴とは?性格や価値観・日本への印象を紹介
突然ですが、みなさんインドネシアの方々の性格にどんな特徴があるかご存知でしょうか?私はインドネシアで働いて3か月経ちますが、現地で働く中でインドネシア人の性格や宗教を尊重する価値観、仕事に対する考え方など日本とは異なる価…
日本で働くインドネシア人が増加中なのはなぜ? 直接聞いてわかった理由と日本企業に求めること
日本で働くインドネシア人が増加中なのはなぜ? 直接聞いてわかった理由と日本企業に求めること
こんにちは、ジャカルタ駐在事務所の宮本です。今回は、ここ数年、日本で増加しているインドネシア人についてご説明します。なぜ勤務地に日本を選んでいるのか、働く時に日本企業に理解してほしいことについてインドネシアの方へのイン…

インドネシア人の仕事観

転職は当たり前のジョブホッパー文化

インドネシアで「Kutu Loncat(クトゥ・ロンチャット)」という言葉を耳にすることがあります。

「Kutu Loncat(クトゥ・ロンチャット)」とは、虫の一種である「ノミ」を表すインドネシア語です。この言葉には「職場を転々とする者」という別の意味もあり、インドネシアの労働文化に根付いている言葉でもあります。すなわち、インドネシアは転職が多い国なのです。

一体なぜインドネシアではこの「Kutu loncat(クトゥ・ロンチャット)」の方々が多いのでしょうか。現地企業のCEOに挙げられることが多い退職理由を聞いてみたことがあります。「新しいことに挑戦したい」「仕事とプライベートのバランスが取れる仕事がしたい」「命令するだけの上司ではなく、スキル・知識を提供してくれるリーダーがいない」などの理由がよく挙げられるそうです。

▶転職文化が根付いている理由

ここまで聞くと、日本人が挙げる退職理由とほぼ変わりません。では、退職理由は日本人と同じなのに、なぜインドネシア人の方が、転職率が高いのでしょうか。

これは、インドネシア人の「会社」に対する帰属意識が影響しています。インドネシアでは、会社というより直属の上司に対しての帰属意識が強く、会社に帰属するという概念が薄いようです。また、我慢する前に転職してキャリアップするほうが得策だと考える方が多いという点も転職率が高い理由に挙げられます。

転職しようとする人を引き留めようとしても成功することはほとんどないようです。そのため、インドネシアの方を職場に引き留めるには、常に新しい刺激を与え続け、日ごろからよくコミュニケーションを図り、家族的な帰属意識を持たせる事が大事になってくるかと思います。

日本でも最近は「終身雇用制の崩壊」や、「複数回の転職」などといった言葉を目にする機会も珍しくなくなってきましたが、一般的にまだ日本は企業への忠誠心が高い国であるといえます。全てのインドネシア人が早期離職するわけではありませんが、背景や考えを理解した上で、日ごろのコミュニケーション手法を考えるべきでしょう。

サービス残業はしない

  続きを読む  

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧