スーパーに突如現れた小さな「畑」 アジア初上陸のInfarmとは|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > スーパーに突如現れた小さな「畑」 アジア初上陸のInfarmとは

スーパーに突如現れた小さな「畑」 アジア初上陸のInfarmとは

スーパーに突如現れた小さな「畑」 アジア初上陸のInfarmとは

最近、毎日の買い物でも見かけるようになったLEDと水耕栽培で育てた野菜。無農薬であることや、エグみの少なさ、洗わずに食べられるといった特長があり、支持する人も増えてきました。段々と定着しつつある農業のカタチ。そこに、人々の食生活を更に変えようとドイツ・ベルリン発のスタートアップ企業、Infarm(インファーム)がアジアに初上陸しました。

「とれたての野菜が買える」を都心のスーパーで実現

「スーパーマーケットの店内でとれた野菜を買うことができたら、超新鮮な状態で食べることができるな……」
少しシナシナした野菜を食べているとき、こんなことを考えたことがあります。できるだけ新鮮でおいしい野菜を食べたいというのは多くの人の願いですよね。そんな願いがとうとう2021年に東京で実現しました! 現在、紀ノ国屋インターナショナル(青山店)、Daily Table KINOKUNIYA(デイリーテーブルきのくにや)西荻窪駅店、サミットストア五反野店で、店内で栽培された新鮮野菜を収穫したその日に購入することができます。
なぜ、このようなことが可能になったのか。その理由は、Infarm – Indoor Urban Farming Japan 株式会社(以下、インファーム・ジャパン)のスマート栽培ユニットにあります。

スマート栽培ユニット

一番小さいサイズで幅約190センチメートル、奥行約95センチメートル、高さ約230センチメートル

このスマート栽培ユニットは、LED、水耕栽培、空間を縦に利用する垂直農法によって室内で野菜を育てることを可能にしています。作物ごとの育成状況に合わせて気温や湿度、照明などの環境を調整して、1つのユニットで(最小サイズ・約2平方メートルの場合)およそ畑150~250平方メートルの収穫量に値する野菜をとることができます。土壌ベースの農業よりも約99.5%少ない面積、約95%少ない水量での栽培が可能です。

関連記事
いま注目の「植物工場」とは? ハウス栽培とどう違う?農薬は必要?
いま注目の「植物工場」とは? ハウス栽培とどう違う?農薬は必要?
みなさんは「植物工場」という野菜の栽培施設を知っていますか? 農作物は太陽や雨など自然の恵みを受けながら育つイメージを持っている人が多いかもしれませんが、植物工場ではICTを活用して施設内の光や水の量をデータ管理し、1年間…
植物工場での農業生産を後押し! 光量を補うLED照明でトマトの収量、品質を向上
植物工場での農業生産を後押し! 光量を補うLED照明でトマトの収量、品質を向上
温度や施肥量をコントロールすることにより、植物の生育に最適な環境を作り出すことができる植物工場でも、自然な太陽光を利用していると、天候次第では光量が不足してしまいます。その結果、収量、品質の低下が心配されているわけです…

この例に限らず、最近は水耕栽培で育てた野菜もスーパーでよく見かけるようになりました。
では、インファームの取り組みのどこが新しいのでしょうか。インファーム・ジャパン代表取締役社長の平石郁生(ひらいし・いくお)さんにうかがいました。

平石さん

平石さんは過去に投資会社を経営、ピッチイベントを国内外で開催していた。2015年のピッチイベントでベルリンのインファームを起業したスナット・ミカエリとエレズ・ガロンスカ、ガイ・ガロンスカの兄弟と知り合う。この出会いがインファーム・ジャパンへとつながった

究極の地産地消を求め、たどりついたのは

インファーム(Infarm – Indoor Urban Farming GmbH)はドイツの首都であるベルリン発のスタートアップ企業です。オスナット・ミカエリ氏、エレズ・ガロンスカ氏、ガイ・ガロンスカ氏の3人によって起業されました。

インファームが2013年に創業したきっかけは、イタリアのシチリア島から都会に移り住むことになったエレズ氏が、「どうすれば都会でも新鮮でおいしい、できれば農薬を使っていない野菜を食べられるのか」と考えたこと。また、生産してから消費者のもとに届くまでに約3割の農作物が廃棄ロスとなり、廃棄される農産物にもエネルギーが消費され、多くの二酸化炭素が排出される現実に問題意識を持ち、解決方法を探りました。世界の人口の約半分は国連が定義する都会とされる場所に住んでいることを踏まえ、行き着いた答えは「究極の地産地消は、都会で作り都会で消費すること」

しかし残念ながら都会には十分な畑地がありません。そこで、人々はどこで野菜を購入しているのかを考えました。ほとんどの場合は、スーパー。それならスーパーで栽培、収穫、販売するのがベストと思いついたのがきっかけでした。
この、スーパーの店内で栽培から販売までを行う点が、これまでとは違った取り組みといえます。

苗を植える

インファームが栽培できる作目は現在、なんと70種以上。屋内垂直農法でここまで多くの品種をつくれる会社は他にはない

「水耕栽培を行っているプレイヤーは世界に多く存在しています。日本を例にとると、最大の消費地は首都圏、関西圏になります。ほとんどの場合、LED水耕栽培の生産施設は田舎の安い土地に建てられ、1つか2つの品種を栽培し、都会にトラックで輸送される。たしかに投資や運営の観点から考えると、単一の品目のみを栽培する方が効率は良いんです。これだと農薬を使わない野菜を生産することは可能になりますが、ガソリンを使って運ばれることには変わりのない状態。インファームの理念や目的は達成できません。やはり都市で生産し、都市で消費する点は他とは異なると思います」(平石さん)
安全で質の良い野菜を都市で自給し、環境負荷を低減する。
これらを目指すインファームのスマート栽培ユニットは、輸送距離の約90%カットを実現しました。

アジア進出を可能にするまでの道のり

インファームのスマート栽培ユニットを日本に導入するまでには苦労もありました。アジア初展開のため、インパクトもありお客さんにも支持されそうだとは思いつつも、どれだけ売れるのかは予想がつきません。

平石さんは、首都圏にあるほとんどのスーパーとコンタクトをとりましたが、一番に手を挙げることへの抵抗感や条件が合わないなどの理由から、最初の一社に名乗りを上げるところはなかなか現れなかったと言います。

なにより販売する商品は野菜のため、まず食べてみないことには判断できないことも要因のひとつ。「スマート栽培ユニットを試しに持ってこられませんか」とよく聞かれたと言います。しかしその場合、お店にスマート栽培ユニットを設置するだけではなく、栽培する野菜をあらかじめインファームの施設で種から苗まで育てておくという工程もあり、投資が必要になることからお試しができません。

苗

種から苗までは、スマート栽培ユニットとは別の「ハブ」という場所で栽培される

「このような背景もあって苦労はしましたが、根気よく探し続けた結果、紀ノ国屋が最初の導入者になると言ってくれました」(平石さん)
平石さんによると、紀ノ国屋のメンバーは、すでにインファームの栽培ユニットを導入しているロンドンのスーパー「マークスアンドスペンサー」やドイツの「エディカ」、パリにある業務用スーパー「メトロ」など、ヨーロッパまで出張して見学に訪れ、契約に至ったと言います。

果たして日本に導入した結果は、今後の展開は

2021年1月19日より順次、インファームのスマート栽培ユニットを使用した販売が始まりました。収穫は現在、各店舗で1週間に2回行われており、1回の収穫ごとに約60~80個の野菜をとることができます。
Daily Table KINOKUNIYA 西荻窪駅店では販売がスタートしてから毎回完売しており、お客さんから「これは何?」「いつ買えるの?」と質問されることも多々あるそうです。

サラダブースター

西荻窪駅店では葉物野菜をミックスした「サラダブースター」3種を展開

野菜は根っこが付いたまま販売しているため、コップに2センチ位の水を入れて浸しておくと平均4、5日は新鮮さを保てます。1回に使いきれない野菜などは、使い勝手が良いですね。

最後に平石さんに今後の展望をうかがいました。
「まずは、首都圏の皆さんにインファームについて認知していただき、食べてほしいですね。それから関西圏、札幌、仙台、名古屋、福岡、広島など、都市にどんどん進出したいと考えています。現在はスーパーのみで展開していますが、今後は飲食店業界ともタッグを組み、事業拡大していきたいと考えています。そのために、我々の生産能力も拡大していけるようにします」

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧