【外国人雇用について考える】第13回:外国人採用にかかる費用とは?ケースごとに具体的な費用を徹底解説!|マイナビ農業
一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 【外国人雇用について考える】第13回:外国人採用にかかる費用とは?ケースごとに具体的な費用を徹底解説!

【外国人雇用について考える】第13回:外国人採用にかかる費用とは?ケースごとに具体的な費用を徹底解説!

【外国人雇用について考える】第13回:外国人採用にかかる費用とは?ケースごとに具体的な費用を徹底解説!

労働人口が減りつつある今、人材確保のために「外国人材を雇用したい」と考えている企業の担当者の方も多いのではないでしょうか?しかし、「外国人材を雇用したいけれど、費用がどのくらいかかるの?」といった疑問もあるでしょう。
一言で「費用」といっても、外国人材の採用にかかる費用は「採用するための費用」、「入社における費用」、「入社後にかかる費用(管理費など)」、「給与」と多岐にわたります。

今回の記事では、外国人材を採用する際のコストについて整理し、「外国人材を1人採用するために、実際にはどれくらいの費用がかかるのか」をわかりやすく解説いたします。

また、記事の後半では、外国人材の採用費用を抑えるための方法もご紹介していますので、是非ご参考にしてください。

外国人採用の費用は採用ケースによって異なる

外国人採用においては、「在留資格」や「在住地(日本または海外)」に様々なパターンがあり、それによって採用費用が変わってきます。また、日本人の採用と同様に「中途採用か新卒か」、「首都圏での採用か、地方での採用か」といった違いによっても費用に差が出ることを理解しておく必要があります。そのため、外国人採用においては一言で「高い」、「安い」といった評価はできません。

本記事では、それぞれのケースごとにどのような費用がかかるのか、詳しく解説したいと思います。

外国人採用のルートは主に4種類

まずは外国人採用のルートを見てみましょう。採用ルートは大きく分けると海外在住者(現地)からの採用日本在住者からの採用の2種類です。

さらに、新卒採用キャリア採用の2種類のケースが加わり、以下の4種類の採用ルートに分けることができます。

採用ルート

  • 現地・新卒採用
  • 現地・キャリア採用
  • 日本・新卒採用(留学生からの採用)
  • 日本・キャリア採用(在留資格あり)

外国人採用にはどのような費用がかかる?

  続きを読む  

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧