【外国人雇用について考える】第17回:入管法改正とは?特定技能や2021年改正案についてわかりやすく解説|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 【外国人雇用について考える】第17回:入管法改正とは?特定技能や2021年改正案についてわかりやすく解説

【外国人雇用について考える】第17回:入管法改正とは?特定技能や2021年改正案についてわかりやすく解説

連載企画:外国人雇用について考える

【外国人雇用について考える】第17回:入管法改正とは?特定技能や2021年改正案についてわかりやすく解説

昨今話題となっている「入管法 改正」が、どんな法律かご存知でしょうか?
特定技能や改正案について詳しく解説いたします。

出入国管理及び難民認定法(入管法)とは

昨今話題となっている「入管法 改正」が、どんな法律かご存知でしょうか?

この入管法とは略称のことで、正確には「出入国管理及び難民認定法」といい、ポツダム命令に基づいて1951年(昭和26年)10月4日に公布されました。その後、ボツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件に基づく外務省関係諸命令の措置に関する法律の規定により、法律として扱われるようになりました。

簡単に言えば、下記のような内容です。

「出入国管理及び難民認定法」とは
出入国管理及び難民認定法(入管法)は、本邦に入国し、又は本邦から出国するすべての人の出入国の公正な管理を図るとともに、難民の認定手続を整備することを目的とした法律です。
内閣府男女共同参画局|出入国管理及び難民認定法

日本への入国や出国の管理、在留資格や不法滞在、難民の認定手続きなどに関して決められた法律ということです。すべての人が対象なので、これには外国人だけでなく、日本人も含まれます。

▶参考:e-GOV法令検索|出入国管理及び難民認定法

2019年の入管法改正の背景

入管法の大きな改正は2019年4月に行われていました。新しい在留資格の創設です。日本の人口減少と深刻な人手不足という問題を解消するために行われました。外国人受入れの政策を見直・拡大をすることで人手不足を解消しようというものです。

2019年の入管法改正による変更点

  続きを読む  

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧