就農2年目でキュウリの反収40トン超え 38歳で競輪選手から転身|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 就農2年目でキュウリの反収40トン超え 38歳で競輪選手から転身

就農2年目でキュウリの反収40トン超え 38歳で競輪選手から転身

窪田 新之助

ライター:

就農2年目でキュウリの反収40トン超え 38歳で競輪選手から転身

JAさが みどり地区(佐賀県武雄市)でここ数年、就農したばかりの人たちが施設栽培のキュウリで全国平均の3倍ほどの反収をあげている。その先頭を切るのは、38歳で競輪選手から農家に転身した草場悠輔(くさば・ゆうすけ)さん(43)。2年目で42トンの反収を達成できた理由について「経験がなく、優れた師匠から栽培技術を教わったから」と言い切る。

反収40トン超えの師匠に弟子入り

草場さんは父親とその兄弟が競輪選手だったことから、地元の高校を卒業後は静岡県伊豆市にある日本競輪選手養成所に入った。国家試験である競輪選手資格検定に23歳で合格してプロデビューを果たす。
引退は38歳。「それからしばらくはぶらぶらしていました」。その時に知人の紹介で出会い、弟子入りすることになったのが、全国有数の高収量をあげることで知られる武雄市朝日町の山口仁司(やまぐち・ひとし)さん(69)だった。

草場さんにキュウリづくりを教えた山口さん

山口さんは1984年という早い時期から環境制御技術を率先して試してきた。いまのように気温や湿度、日射などの環境データを計測するセンサーが存在しないといっていい時代に、二酸化炭素の発生装置や加温機などを導入。だがそれらを稼働させる時期や効果を見極めるにも、センサーがなく環境データを収集できなかったので、作物の反応を見ながら改善を繰り返してきた。

環境制御技術を誰よりも早く試せた理由の一つに、山口さんが経営の実権を若いうちから握っていたことがある。父親は主業が大工だったので、「自分の農業にはほぼ口を出さなかった」(山口さん)。固定観念がない中、研究機関や普及指導機関、メーカーが新しい技術を次々に教えてくれた。それらを自分のものにしていきながら、誰よりも早くに反収で20トン、30トン、40トンという壁を次々に超えていった。

環境制御機器の設定は頻繁に変える

草場さんが山口さんのもとで過ごした期間は1年。研修はどんな様子だったのかといえば、「口伝えで教えるというよりも、見て学ぶという感じでした」。これについて山口さんは「見ながら自覚してもらうことが大事なんです」と説明する。
関連してこんな話がある。草場さんはある時、山口さんがときどき作業の手を止めて、しばらく空を見上げる癖があることに気づいた。
「雲の動きを見ていたんですね。間もなく晴れ間がのぞくことが分かれば、すぐに保温カーテンを開ける。そうすると作物が光合成できるじゃないですか」(草場さん)
山口さんは環境制御機器のデータだけではなく作物や天気の様子を観察しながら、一日のなかでもその設定を頻繁に変えていた。山口さんによると、環境制御機器の複合的な導入が進んでいる同JA管内のキュウリ農家の中でも「日々設定を変えている人は3分の1ほどじゃないか」という。「導入した当初の設定のまま、一度も変えたことがないという農家だって少なくないんです。でも光合成を活発にするためには、それでは駄目なんですよ」

「経験はないほうがいい」考える力を身につける

草場さんが印象に残っているのはもう一つ、山口さんから営農に関して問いを投げかけられることが度々あったことだ。
「考える力を付けてもらいたかったからですね。私が答えを教えたら、その時はしのげます。でも、自分一人で経営するとなったらそうはいかないじゃないですか。それに答えは一つじゃないですけんね。いろいろ教えたところで、実際に作ってみたらその通りにならないことの方が多い。その時に考えられるかどうかが大事なんです」(山口さん)

反収40トン超えを実現した草場さん

草場さんは独立後、数日おきに訪れる山口さんの助言を得ながら、1年目に37トンの反収をあげる。2年目には42トンを達成。3年目の2020年は台風で施設内が水につかったため、定植が2カ月遅れた。それでも30トンと全国平均の倍の数字をあげている。好成績を維持する理由について尋ねると、「とくにないですよ。山口さんに教わったことをそのまま実践しているだけです」と謙虚な答えが返ってきた。
多くの農家に指導をしてきた山口さんによれば、「そのまま実践している」ということが難しい。「いくらこっちのほうが優れたやり方だと教えても、固定観念があるとなかなか変われないんです。だから経験がないほうがいい。そして素直であることが大事」。自身の経験も踏まえてこう語る。

年商1億円の夢を持つ人たち

もちろん草場さんが高い収量をあげている理由にはプロとしての自負と貪欲さもある。
「山口さんと出会って、スポーツだけではなく農業の世界にもプロがいることを知ったんです。自分の力で飯を食っていく。どうせやるなら、高みを目指したい」
山口さんはLINEで「1億円目指し」というグループをつくっている。仲間に募ったのはJAさが みどり地区の草場さんらキュウリ農家。彼ら彼女らにまずは年商1億円を目指してもらう。そのために毎日天気に応じた管理法や新しい資材の実験結果などを伝えている。
草場さんはその実現に向けて2020年、15アールを建て増しして経営耕地面積を30アールにした。キュウリは10アールで40トンの収量をあげれば、売り上げは1500万円ほどになる。30アールなら約4500万円だ。
「まずは増棟したほうでも40トンをあげたい。1億円はそれからです」(草場さん)
山口さんの夢はキュウリづくりを産業として根付かせることである。産業になれば、若い人にとって魅力的になり、作りたい人は生まれてくると考えている。次回はその夢を共有するもう一人の女性経営者を紹介したい。

関連記事
農業法人で「高知県一」の給与を払える理由 高給を支える契約栽培と多収
農業法人で「高知県一」の給与を払える理由 高給を支える契約栽培と多収
高知県南国市でキュウリを作る株式会社下村青果商会の代表・下村晃廣(しもむら・あきひろ)さんは「うちはおそらく農業法人では高知県一の給与を支払っている」と語る。高給を支えるのは契約栽培と多収。とくに「光を多くすることは給…
収量と品質で他県を引き離す「IoP」とは 農家所得2割増を目指す高知の挑戦
収量と品質で他県を引き離す「IoP」とは 農家所得2割増を目指す高知の挑戦
高知県が施設野菜の収量と品質で他県を一層引き離し、農家所得の2割増を目指す研究課題に取り組んでいる。とはいえ少なくとも収量では、県の主要野菜7品目のほとんどがすでに全国で最も高い中、さらに伸ばす余地はどこにあるのか。その…

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧