安定した育苗とコスト削減を実現。手軽に使える『ネギ培土』とは|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 安定した育苗とコスト削減を実現。手軽に使える『ネギ培土』とは

安定した育苗とコスト削減を実現。手軽に使える『ネギ培土』とは

安定した育苗とコスト削減を実現。手軽に使える『ネギ培土』とは

「ネギブーム」と言われるほど、アスパラガスと並んでネギ栽培は若手農家に人気の作物になっています。ネギは育苗期間が長いことから各メーカーも専用のネギ用培土を発売していますが、その中で注目の製品が今回紹介する『AGネギ培土』『つちたろうネギ培土』(製造:住友林業緑化株式会社)です。効果やコストはどうなのでしょうか。茨城県小美玉市のネギ農家 岡野圭祐さんにその使用感を伺ってきました。


高品質で安価なネギ培土を探していた

茨城県小美玉市は霞ヶ浦の北方に位置し、酪農や養鶏が盛んな地域として有名で、生乳生産量は県内で1位、鶏卵産出額は国内1位の一大産地となっています。農作物は多岐にわたり、レンコンやニラ、イチゴなどの特産品に加え、都心に近い立地を生かして葉物野菜やネギを栽培する生産者が多い地域になります。
特にネギは都心のスーパーや飲食店からの引き合いが強く、若手農家に人気があることから6~7年前から栽培面積が増えているそうです。

住友林業緑化

今回お話を伺った岡野圭祐さんは生まれ育ったこの小美玉市で就農して6年目。スタート時からネギをメインに栽培していますが、当初は苗作りに周辺の生産者でよく使われている他社のネギ用培土を使用してきました。高品質で生育はまったく問題はなかったそうですが、価格が高めであることに頭を悩ませていたそうです。

住友林業緑化

今後を考え、いくつかネギ用培土を試している時に発売前のサンプルとして頂いたのが、住友林業緑化株式会社が製造し、アイアグリ株式会社が販売する『AGネギ培土』です。
試しに使ってみたところ、発芽率や健苗率もよく、更に従来使っていた製品より1,000円近く安価であることから、発売と同時に思い切って切り替え、現在はAGネギ培土だけで育苗しています。

住友林業緑化

価格、生育、手軽さ…全てが良かった

『AGネギ培土』を3年ほど使ってみた感想を岡野さんに聞くと、作業性のよさも特筆すべき点であると教えてくれました。

製品によっては、培土と覆土が別々になっていたり、播種前に水を含ませる必要があったりと、作業工程が多い製品もあり、今後も耕作地を増やそうと考えている岡野さんにとって作業の効率化は懸案事項でもありました。

その点、AGネギ培土は取り扱いが簡単で、「袋を開けたらすぐに使えて、手間がかかる作業もありません。若干の湿り気があるので、フワフワしていて詰めにくいといった煩わしさも感じません。肥料の持ちや水持ちもよく、根もしっかり育つので、収量も安定しています。現在のところはこれ一択ですね」とその効果を話してくれました。

住友林業緑化

JGAPを取得し、安全で安心な農作物の提供をポリシーに現在は4haほどの耕作地で年間約120t、さまざまな品種のネギを生産している岡野さん。年間、ネギ培土は約160袋使用しており、その出費が20万円近く削減できたこと、それによって生産拡大に繋がったことが一番の効果だと話します。

岡野さんは小美玉市を盛り上げるためにも更に栽培面積や生産量を広げて行き、より多くの人に美味しいネギを届けたいと最後に笑顔で話してくれました。

住友林業緑化

【動画あり】簡単・手軽な使い方をご紹介

今回は『AGネギ培土』の使い方も見せてもらいました。
最初に、育苗ポットに展開串を挿入し、展開枠に設置します。展開した育苗ポットはアンダートレイにそのままセット。そこに床土としてAGネギ培土を隙間なく流し込みます。

住友林業緑化

次にブラシなどを使って余剰分をかき取る作業を行います。この際、しっかり詰めようと押し込んだり、振動させるのは通気性が悪くなるので注意です。

住友林業緑化

次の工程では、鎮圧板で播種穴をあけ、コート種子播種機で播種を行います。覆土にもそのままAGネギ培土を使用し、最後に初期灌水を行えば完了です。
ひと手間かかりますが、覆土にバーミキュライトを施すと藻の発生を防げるので、自身の栽培スタイルに合わせてチョイスしたいところです。

住友林業緑化

作業は3分ほどで完了。簡単にできるので、普段はパートさんが行っているそうです。

更に詳細なレクチャー動画を住友林業緑化株式会社が用意しているので、そちらも参考にしてみてください。

多孔質の活性炭がネギをしっかり育苗する

誰もが簡単に扱えるように開発された『AGネギ培土』。育苗期間が約2カ月と他の野菜に比べて長期にわたるネギ用として緩効性肥料を中心に設計されているのはもちろんのこと、保水性や肥料の持ちをよくするために活性炭を15%ほど含んでいるのが特長になります。
また、細粒で均質な材料を用いることで、発芽が均一に揃えられるよう工夫されている点も見逃せません。

住友林業緑化

製造している住友林業緑化株式会社 マネージャーの大谷剛さんによると「発売してから多くの生産者様にご利用いただいていますが、“発芽が揃う”、“根の張りがよい”といった品質面に加え、“作業が楽になった”というお褒めの言葉も多くいただいております」と話してくれました。

住友林業緑化

AGネギ培土はアイアグリ株式会社が運営する「農家の店しんしん」で購入することができます。美野里店の店長である永木貴大さんは「ネギの栽培は増えており、お問い合わせも多くなりました。AGネギ培土をはじめ、農家様のスタイルに合わせた商材を用意しています」と話します。

ネギの育苗に悩んでいる方、コスト削減を考えている方、これからネギ栽培を始めてみようと考えている方は一度使用してみてはいかがでしょうか。

【お問い合わせ】
住友林業緑化株式会社 農産事業部
〒490-1444 愛知県海部郡飛島村木場2-59
TEL:0567-55-2320
■取り扱い製品(培土使用方法動画)についてはこちらから
■お問い合わせはこちらから

「農家の店しんしん」『AGネギ培土』についてのお問い合わせ先
アイアグリ株式会社
東京本社 商品部
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-11-8神茂ビル3F
TEL:03-3279-0930 FAX:03-3279-1616
https://www.sinsingr.co.jp/

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧