直売所で人気のカリフラワー、美しく保つコツとは|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 直売所で人気のカリフラワー、美しく保つコツとは

直売所で人気のカリフラワー、美しく保つコツとは

直売所で人気のカリフラワー、美しく保つコツとは

純白やオレンジ色がきれいなカリフラワーは、直売所でも根強い人気がある秋冬野菜。生産者にとっても、キャベツなどと比べて軽いわりに価格が高く、ブロッコリーと違ってある程度密植できるという小規模農家にもつくりやすい野菜です。しかし、美しさが魅力ゆえ、汚れていると売れません。生産者に花蕾(からい)を美しく保つコツを教わりました。

きれいでないと、絶対売れへんから

カリフラワーを調製する岡田正さん

大阪府豊能郡能勢町の岡田正(おかだ・ただし)さんは、退職後に畑を始めて16年。今でこそ、規模を縮小してマイペースに野菜づくりや直売所ライフを楽しんでいますが、当初は1人で200万円もの野菜を売り上げていたそうです。
そんな岡田さんが畑を始めて以来、ずっとつくり続けているのがカリフラワー。今年も1500株植え、現在、収穫真っ盛りです。

「カリフラワーはええぞ。ダイコンみたいに洗う必要もないから調製も手間がかからん。1日30個も出せば7000円にはなる。きれいなもんを出せば、午前中には売り切れてしまう。ただ、見た目が汚いやつは絶対に売れ残る」と、岡田さん。

花蕾をきれいに仕上げること。それが、岡田さんのカリフラワーづくりのポイントのひとつなのです。

花蕾を美しく仕上げるコツ

白品種は葉っぱで「軟白化」

白い花蕾の品種は葉っぱを被せて遮光する

純白の花蕾が美しいホワイトパラソルなどの白品種に必須なのが、花蕾の白さを引き出すための「軟白化」。
といっても、ネギやウドのように花蕾をモミガラなどで埋めるわけではありません。
カリフラワーの場合は、葉の間から花蕾が見え始めたタイミングで、大きめの葉を折って、花蕾の上に被せておくだけで十分。これだけで、かなりの効果があるそうです。

特に、岡田さんがつくる超極早生(ごくわせ)のホワイトパラソル(9月下旬収穫)や極早生のバージンロード(10月上旬収穫)は、まだ紫外線が強い時期に花蕾ができるので効果絶大。より美しいものに仕上がります。

軟白化をするのは白品種だけで、オレンジ美星(みせい)などのオレンジ品種にはやりません。こちらは、日照が強いほうが色づきがよくなるからです。

遮光用に被せていた葉っぱを取り去ったところ

「変色防止」に袋詰め前の日光浴

岡田さんがいちばん大事にしているのが「変色防止」。

市場出荷の場合はいくつかまとめて段ボールに詰めますが、岡田さんのように直売所に出荷する場合、ほとんどの人が防曇袋(OPPフィルム製)に入れて個別包装します。その袋の中に湿気がこもると、1日もたたぬうちに花蕾が薄汚れたように、茶色く変色してしまうそうです。

「ええもん出したつもりやのに、いつまでたっても売れ残ってることがあった。なんやろうと思っていくと、蒸れて変色しとったんや。前日が雨で、表面が濡れたまま袋詰めしてもうたんが原因やった」と、岡田さん。以来、たとえ晴れていても、カリフラワーの湿気を飛ばすことに気を使うようになりました

収穫は、朝露が残る午前中ではなく、晴れの日の14〜15時頃から。この日は晴れでしたが、岡田さんに指摘されて花蕾の表面を見ると、ところどころにキラッと光る水滴がありました。これが変色の原因になるそうです。

右上や、中央でキラッと光るのが水滴。これが変色の原因になる

収穫後は、外葉を切って、花蕾についたゴミをとったうえで、コンテナに並べます。それを風通しのよい畑などで1時間ほど日光浴させて、花蕾表面についた水滴や水分を飛ばします。その後、夕方に袋詰め。

簡単なようですが、このひと手間をかけることで、お客さんが持って帰った後も花蕾の美しさが保たれるそうです。

重ならないようにコンテナに置く。下からも風が通るように、コンテナの下にレジカゴなどを置いて、地面から浮かせる

花蕾のゴミは、手でとらない

岡田さんのオレンジカリフラワー

カリフラワーの花蕾は非常にデリケートなもので、手でべたべた触ると土が付いてとれなくなったり、傷が付いたりします。

岡田さんは、できるだけ触る面積を少なくするように、調製用ナイフのほんの先端を使って、花蕾に乗っかっている草や、虫などのゴミを、ピッ、ピッ、と、手早く取っていきます。

収穫したらそれで終わりではなく、せっかくつくった自慢の野菜をより美しく見えるように調製にもこだわる。ベテランの技は、こんなところにもあったようです。

関連記事
カリフラワーの育て方 コツは栽培初期の虫害対策&つぼみを守る!
カリフラワーの育て方 コツは栽培初期の虫害対策&つぼみを守る!
ブロッコリー人気に押されてスーパーの売り場面積もすっかり減ってしまったカリフラワーですが、最近ではお米の代わりに食べるダイエット食材などとして注目されることも増えてきました。栽培のポイントは2つ。生育初期の虫の被害を抑え…
関連記事
農家と冬野菜特集
農家と冬野菜特集
冬野菜の栽培方法だけではなく、おすすめの農業資材、作業効率をアップさせるアイテムなどもご紹介。 さらには、冬野菜で「億」単位を稼ぎだす農業経営についてもお伝えします。 あなたも冬野菜を売りまくる農家を目指しませんか?

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧