酪農漫画「うしだらけの日々」 第34話 雌判別精液 第35話 牛の妊娠鑑定|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 4.21サイトリニューアル さがそう。地球とつながる仕事 マイナビ農林水産ジョブアス 4.21サイトリニューアル さがそう。地球とつながる仕事 閉じる

マイナビ農業TOP > 酪農・畜産 > 酪農漫画「うしだらけの日々」 第34話 雌判別精液 第35話 牛の妊娠鑑定

酪農漫画「うしだらけの日々」 第34話 雌判別精液 第35話 牛の妊娠鑑定

連載企画:うしだらけの日々【漫画】

酪農漫画「うしだらけの日々」 第34話 雌判別精液 第35話 牛の妊娠鑑定

牛が大好きな新人酪農スタッフ“ウシカワ”。酪農の仕事とは全く縁のない生活をしていたウシカワは、ひょんなことから牛の魅力にとりつかれ、牛に関わる仕事を志すことに。

乳牛の雄子牛がいなくなる世界がくるかも⁉

20wa

そういえば昨年生まれた乳牛の子牛は雄が多くて、「牧場の牛が足りない!」と社長が他の牧場から雌牛を導入していましたね。
雌雄の産み分け技術を最初知ったときはちょっと複雑な気持ちになりましたが、生乳を搾る牛の頭数を維持することを考えると酪農には必要な技術だと思うようになりました。
出荷する乳量を維持するため牛はそろえておきたい。
特に能力の高い乳牛には雌子牛を生んでほしい。
「雌判別精液」は後継牛を確保するため積極的に使っている。
ただ、受胎率が高くない欠点もあって、「雌判別精液」でなかなか受胎しないから普通の精液に変えるとあっさり受胎したり、今回のように「雌判別精液」でも雄が生まれたり、繁殖は本当に思い通りにいかないな。

それでも「雌判別精液」の利用で乳牛の雌子牛は増頭傾向にあるようですし、「雌判別精液」の受胎率も向上するよう研究が進んでいるみたいですよ。
近い将来、雌雄産み分け技術がどこまで進んでいくのか気になりますね。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧