スイートコーン「ほしつぶコーン」高糖度で倒伏に強い、中早生の極良質イエロー種!【春まき新商品解説】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産技術 > スイートコーン「ほしつぶコーン」高糖度で倒伏に強い、中早生の極良質イエロー種!【春まき新商品解説】

スイートコーン「ほしつぶコーン」高糖度で倒伏に強い、中早生の極良質イエロー種!【春まき新商品解説】

連載企画:プロが推す!2022年春まき新品種

スイートコーン「ほしつぶコーン」高糖度で倒伏に強い、中早生の極良質イエロー種!【春まき新商品解説】

春まき野菜の新商品について、育種のプロである大手種苗会社・タキイ種苗のブリーダーさんに紹介してもらいます。第2回のおすすめは高糖度のスイートコーン「ほしつぶコーン」です。

スイートコーン生産の動向

日本のスイートコーン育種では消費者の嗜好(しこう)に応えるため、より甘く、よりやわらかくと、食味に重点を置いた改良が進められてきました。そのため現在の主要品種は、食味に関しては高い評価を得ているものがほとんどです。
しかし、食味の高品質化が進む一方で、種子の充実具合の低下による発芽の悪さや初期生育の弱勢化、また、近年の極端な気象現象による粒のしなびや倒伏リスクの増加などの栽培上の問題が、取り組むべき課題としてクローズアップされつつあります。
このような昨今の状況に対応すべく、タキイ種苗ではこれまで培ってきた高品質性をできる限り維持したうえで、従来よりも粒がしなびにくく、安定した発芽力と頑丈な樹姿で栽培性にすぐれる品種の選抜を進めてきました。北海道を中心とした主要産地における数年の試作の成果を、この度「ほしつぶコーン」として発表します。

「ほしつぶコーン」の特性

「ほしつぶコーン」は良好な食味と高い栽培性を併せもった品種です。コクのある甘さをもつ大きな深い粒は、現行品種にはない耐しなび性があります。また、耐倒伏性にすぐれる頑丈な樹姿で、安心して栽培に取り組めます。

倒伏に強く栽培容易

草丈は170センチ程度で主稈(しゅかん)が太く、草勢は強め。二次根の発達が旺盛で根張りがよいため倒伏に強く、栽培性は良好です。

ほしつぶコーン草丈

「ほしつぶコーン」の草丈は170センチ程度で主稈(茎)も太い

粒がしなびにくく 店もちがよい

本種は甘みだけではなく、コーン特有の風味とコクをもった食味が特長です。粒皮は光沢があり、やわらかく極良質でありながらも、しなびにくく店もちにすぐれます。

ほしつぶコーン粒

大きな粒は高糖度かつ、従来品種に比べてしなびに強い

ボリュームのある穂

穂重は苞葉(ほうよう)付きで420グラム程度。穂形は砲弾型でボリュームがあります。穂先までよく着粒し、苞葉は濃緑で見ばえがよくかぶりも良好です。

初期生育が良好

極良質系スイートコーンの中でも発芽ぞろいがよく、初期生育が旺盛なため栽培が安定します。

適応幅の広い85日型中早生種

熟期は適応幅の広い中早生。中間地のマルチ栽培では、播種(はしゅ)後約85日で収穫できます。

適作型

マルチ栽培・露地栽培

暖地は4月上旬~5月上旬まき、中間地は4月中旬~5月中旬まき、冷涼地は5月上旬~6月上旬まきでのマルチ栽培・露地栽培に最適です。そのほか、露地抑制栽培も可能ですが、本種は中早生種なので、販売を目的とする場合には「おひさまコーン88」の方が適しています。

トンネル栽培

暖地の3月上旬~4月上旬まき、中間地の3月中旬~4月中旬まきに適しますが、花芽分化期が極端な低温に当たるような早まきは極力避けるようにします。

ほしつぶコーン作型表

「ほしつぶコーン」栽培のポイント

土づくりと元肥

根張りをよくするために堆肥(たいひ)などの有機質を多用し、保水・排水性のよい土づくりに努めます。元肥は、10アール当たりのチッソ・リン酸・カリの成分量でそれぞれ20~25キロを目安とします。

播種と間引き

地温の低い時期の早まき栽培では、トンネルとマルチを早めに張っておき、最低地温14℃以上を確保のうえ播種を行います。深さ3センチ前後で播種し、欠株を防ぐため1穴に3~4粒まきとします。本葉3~4枚の時にハサミで株元から切り取り、間引きを行ってください。
10アール当たりの栽植株数は、4500株を基準とします。5月中旬以降の露地栽培や、冷涼地での栽培では草丈が高めになるので、いくぶん疎植の4000~4300株植えとします。

スイートコーン間引き適期

本葉3〜4枚、間引き適期のスイートコーン

生育初期の温度管理

春先が寒かったり、遅霜があったりした年は、先端不稔(ふねん)が発生する場合があります。これは、雄穂・雌穂が分化する本葉4~6枚時の極端なストレス(遅霜、低温/高温、乾燥/過湿、日照不足など)が原因といわれています。対策としては、無理な早まきを避け、保温資材の活用、こまめなトンネルの換気、午後からの潅水(かんすい)を控えるなどの耕種的方法で対処します。

追肥

先づまりのよい大きな穂を収穫するには、出穂期までに草勢を強めていくことが大切です。追肥は、本葉6~8枚ごろと雄穂出穂期の2回、それぞれ各成分量で10アール当たり4~5キロを速効性肥料で施します。

潅水

潅水量は株の生育に合わせて徐々に増やしていきます。「ほしつぶコーン」は、1回目の追肥のころから生育速度が速くなるので、潅水量を多くします。雌穂開花期以降の乾燥は肥大不良と先端不稔につながるので、収穫までは乾燥させないように注意しましょう。

無除けつ栽培

無除けつ栽培を基本とします。分けつを残すことで葉面積が確保され増収が期待できるとともに、倒伏の防止と作業労力の軽減にもつながります。

適期収穫

品質のよさがセールスポイントとなるので、適期収穫を心掛けます。地域や作型により異なりますが、絹糸抽出後20~25日ごろが収穫時期になります。
また、収穫後の品質を維持するためには、涼しい早朝に収穫・箱詰めし、予冷後に出荷するようにしましょう。

コーン比較表

ほしつぶコーン

「ほしつぶコーン」はトンネル栽培から露地栽培まで幅広く対応できる、85日タイプの中早生種。高糖度で甘みが強い

キャンベラ86

「キャンベラ86」は甘みの強い良質のイエロー種。熟期は中早生。中間地のマルチ栽培では播種後86日程度で収穫できる

おひさまコーン88

「おひさまコーン88」は糖度の高い食味重視の極良質イエロー種。熟期は中生。中間地のマルチ栽培では、播種後88日程度で収穫できる

カクテル84EX

「カクテル84EX」はバイカラーの極良質強甘味種。熟期は中早生。中間地のマルチ栽培では、播種後84日程度で収穫できる

(執筆:タキイ研究農場 瀬野 晃好)

関連記事
【プロに聞く】ダイコン(大根)の栽培方法とおすすめ品種 よくある失敗「空洞症」はなぜ起きる?
【プロに聞く】ダイコン(大根)の栽培方法とおすすめ品種 よくある失敗「空洞症」はなぜ起きる?
ダイコン(大根)に合う畑や種まきの時期は? 野菜のプロであるタキイ種苗のブリーダーが、よくある失敗「空洞症」発生のメカニズムや対策などを分かりやすく解説! 家庭菜園ファンも必読のテクニック集です。
ブリーダーが教えるメロンの育て方 売り上げアップのための栽培方法とは?
ブリーダーが教えるメロンの育て方 売り上げアップのための栽培方法とは?
種苗会社「タキイ種苗」のブリーダー直伝! 直売所出荷の売り上げアップを目指して、押さえておきたい栽培方法のポイントや、ブリーダーいちおしの品種を紹介します。第7回はメロン栽培についてです。メロンとマクワに分けてそれぞれの…

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧