空調ウエアは夏の農家の必需品?! 女性向けも続々、2022年夏に着たい空調服®|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農家ライフ > 空調ウエアは夏の農家の必需品?! 女性向けも続々、2022年夏に着たい空調服®

空調ウエアは夏の農家の必需品?! 女性向けも続々、2022年夏に着たい空調服®

鮫島 理央

ライター:

空調ウエアは夏の農家の必需品?! 女性向けも続々、2022年夏に着たい空調服®

空調ウエア(ファン付き作業着)は屋外での作業者にとって、暑さや疲れから体を守ってくれるすぐれもの。ぼくも夏場は空調ウエアを着て農作業を行っており、もはや夏の必需品、これなしで夏の農作業をするなんて考えたくもありません。
実は朝早くから屋外で活動する農家にとって、空調ウエアは相性抜群なアイテム。さらに今年はデザインに力を入れた女性向けのものも続々登場しているとか。昨年よりもパワーアップしたポイントなどについて、元祖「空調服®」を取り扱う専門店で聞いてきました! ※「空調服」は株式会社空調服の登録商標です。

空調ウエアの仕組みって?

そもそも空調ウエアなどのファン付き作業着は、服に付いたファンが動作することで外気を取り込み、服の中で循環させて清涼感を得るといった仕組みです。

汗をかいたときに風を浴びると涼しく感じますよね。この原理と同じで、体や服に付着した汗などの水分がファンで送り出された風によって蒸発し、その際に周りの熱を奪っていくため涼しく感じます。
直接冷たい風を浴びせているわけではなく、自然の力を利用しているものなので、冷房が苦手な人でも使えるかもしれません。

ぼくも去年の夏からファン付き作業着を使用しています。ベスト型のシンプルなものですが、あるとないとでは大違い。一日作業をした後の疲労感が全く違います。農作業だけではなく、町内会の手伝いや普段のちょっとした買い物など、夏は日常的に着用しています。今年は一緒に農作業をする母にプレゼントしたい!

そこで、「空調服」などの作業着を専門で販売する店舗やネットショップを運営する株式会社フジワークを取材。担当の北川さんによると、2022年はユニセックスなデザインや女性向けのものも続々登場しているとのこと。一体どんなものがあるのでしょうか。実際に試着してきましたので、見ていきましょう。

2022年オススメ! 定番空調服

フード付き遮熱長袖ブルゾン

この空調服は長袖タイプでフードまで付いています。
一見するとかなりしっかりとしたつくりで、夏に着るようなものには見えません。
「暑い夏に長袖?」と思う人もいるかもしれませんね。

長袖試着全体

実は痛いほどの日差しが降り注ぐこれからの季節こそ、長袖の服を着用したほうが体にとっていいんです。
紫外線を浴び過ぎると肌にダメージが蓄積するそう。また、日差しを浴びて肌の表面温度が高まると熱中症などのリスクも高まります。
こういったリスクを回避しながら体を冷やすことのできる長袖の空調服は、外で長時間作業をする人にかなりオススメです。

着用した空調服は袖の先までしっかりと空気の流れができていて、かなり涼しく感じます。袖口の部分は軽く絞ってあるような形になっており、吹き出した風が作業の邪魔をするようなことはありません。

長袖着用横から
長袖着用後ろ

冷却材

保冷剤を入れることも可能

風量をマックスにするとボワッと体全体のシルエットが膨らむようになりますが、体は十分に動かせます。何よりかなり涼しく、エアコンの効いた部屋で試着していたので寒いくらいでした。

試着したのはこの商品

シンプルな半袖タイプ

夏でも長袖を着るメリットがあるとはいっても、袖がどうしても気になってしまったり、さまざまな理由で半袖を着たいという人もいるのではないでしょうか。ぼくもそのタイプで、あえて袖の短い空調服を使用しています。

半袖全体

こちらの空調服は先程のものと変わって半袖ブルゾンで真夏の屋外作業に最適です。
さらに特殊な汚れ防止加工がなされているので、繊維に付いた皮脂汚れが落ちやすく、汚れの蓄積も抑えてくれます。抗菌性もあり、夏の時期とても気になる臭いも防いでくれるそうです。

半袖後ろ
半袖ファンアップ

半袖タイプですが背中や脇の下など、汗がたまるような箇所はしっかり冷やしてくれます。
“ザ・作業着”のようなデザインなので、着たまま農協や資材店にも行けそうです。

試着したのはこの商品

着心地が軽いベストタイプ

こちらはアルミコーティングで遮熱機能が高められたベストタイプの空調服。

ベストタイプ
ベスト裏側

袖の部分がない分、かなり軽量で長時間着ていても疲れなさそうな感覚でした。
こちらはフルハーネス(肩やもも、胸など複数の箇所をベルトで固定し転落などを防止する安全帯)対応で、工事現場などタフな作業状況でもしっかり使えるようにかなり頑丈なつくりになっています。ただその分ボタンやチャックが多く、慣れるまでは着脱が大変かもしれません。
ヘルメットを被った上からフードを被ることができるので、大型農機を運転する人にはピッタリです!

試着したのはこの商品

雨天対応タイプ

従来の空調服はファンがむき出しになっているため、雨天時は使用できませんでした。天気が悪くても農作業をしなくてはならない場合は我慢をするしかなかったのです。

しかし、こちらの服はファンをジャケットの内側に隠すことで雨の日も使うことができるという優れもの!
ゴアテックスなので防水性と防風性が高く、雨が降っていてもしっかりと外で活動することができます。

少々お値段は張りますが、雨の日でも作業をするよという人にオススメです。

紹介したのはこの商品

足首まで涼しいつなぎタイプ

つなぎになっているので、足首までしっかりと風を送ることができます。
普段からつなぎを着て仕事をしている人や、上半身だけでは物足りないと感じていた人に特にオススメです!

紹介したのはこの商品

女性向けやユニセックスな空調服も登場!

どうしても空調服というと背中に大きなファンが付いていて、ゴワゴワして膨らんだイメージがありますよね。母にプレゼントしようと以前から女性向けのものを探していたのですが、機能性マックスな男性向けデザインのものが多く、「女性向けに作られていないのでは」と感じることもありました。昨年の取材の際も、女性向けにデザインされたものの紹介はありませんでした。オシャレなカジュアルウエアのようなデザインのものは女性でも着られる、といった位置づけだったのです。しかし、今年は少し様子が違うよう。

ユニセックスなベストタイプ

レディースメーカーが作ったこの空調服は、シンプルながら洗練されたスタイリッシュなデザインです。ユニセックスなので、男女問わず着ることができます。

ユニセックスベスト全体

ぼくが着ると大きく見えますが、本当はスリムなシルエットです

ユニセックスベスト後ろ

空調服はその仕組み上、流れる風によって服が膨らんでしまい丸っこく見えてしまいます。

ですがこちらの空調服は、特別な加工により風が流れてもすらっとスッキリとしたシルエットに!
またしゃがんだときに腰やインナーが見えてしまわないよう、腰回りの部分が長めに作られています。

ファンが簡単に着脱できるのに加え、穴の部分を隠すことができるのでシーズン外も着用可能です。空調服は安い買い物ではないので、夏以外のシーズンも着回しできるのはありがたいですね。

試着したのはこの商品

レディース空調服

レディース長袖

いま流行のマウンテンパーカーデザインで、パッと見た感じあまり空調服には見えません。
長袖でフードもついていてUVカット対応素材のため、しっかり紫外線から肌を守ってくれます。

外で作業をしていると、どうしても首元が日焼けしてしまいます。
ですがこちらの空調服なら、フードで首元までしっかり隠せますね。
これも腰回りが長めのデザインになっていて、しゃがんでも背中や腰が見えません。

ギンガム裏

こちらは同メーカーの空調服で、フードがないタイプのもの。ギンガムチェックが可愛らしく、柔らかな印象です。
ファンを外して、穴の部分を隠すことができるので、シーズン外でも着用できます。農作業はもちろん、ちょっとした散歩などにもピッタリです。

触った感じ素材感も良く、かなり着心地は良さそうでした。

紹介したのはこの商品

どの空調服もファンとバッテリーは共有できる

今回紹介した空調服はすべて株式会社空調服製のファンとバッテリーを使っています。空調服製のファンとバッテリーは対応する空調服に使い回すことが可能です。
空調服は連日着るもので、どうしても汚れが付いてしまいます。そのため、替えの空調服を用意しておくべきでしょう。
ファンは簡単に着脱ができるようになっているので、素早く他の服に付け替えることができます。

ファン取り外し

これが専用のファン

ファン取り外し中

慣れれば簡単に着脱できます

ファン取り付け

他の空調服にもしっかり付きます

コード接続

あとはケーブルをつなぐだけ

バッテリー接続

バッテリーは手のひらサイズ

紹介したのはこの商品

さらに涼しく使うには? 冷却ベストでパワーアップ!

空調服は外気を取り込んで体を冷やすという仕組み上、どうしても気温が高かったりする日中や、ハウス施設などでは冷えづらく、使い勝手が良くありませんでした。
ですがこの保冷剤ベストを一緒に使えばその問題も解決するかもしれません。

冷却ベスト全体

ベストにはポケットが5つ付いています。そのポケットに保冷剤を入れることで、ピンポイントにリンパを冷やすことができるというのです。

冷却ベスト後ろ

保冷剤くらいでそんなに変わるものだろうかと半信半疑でしたが、実際に着用してみるとこれがまたすごい! 
取材当日は気温が高く少々汗ばんでいたのですが、着用した途端にわかるこの冷たさ。すっと汗も引いていきました。

冷却ベスト横

動きやすさにも配慮されています。肩の部分が大きく開けられているので、腕を回しても違和感ありません。付属の保冷剤は4時間近く5℃前後をキープでき、重さも全く気にならないので1日着用していても大丈夫そうです。

快適

あまりの涼しさにオアシスが見えてしまいました

ベストだけでも涼しいのに、空調服とあわせて使うともう寒いくらいでした!
体と密着する面積が多い分、冷房よりもしっかり涼しく感じるほどで、これならハウス施設や日中でも体を十分に冷やすことができそうです。

試着したのはこの商品

まとめ

空調ウエアは毎年進化していて、多機能なのはもちろん、デザイン性が高い製品もどんどんと登場してきています。
これまで無骨なデザインや男性のものといったイメージで敬遠してきた女性にとっても、かなり手に取りやすくなったのではないかなと思います。奥様やお母様などに、ギフトとして贈ってもいいかもしれませんね。
ぼくも一緒に農作業をしている母にプレゼントしてみようかなと思います!

関連記事
2021年の夏、絶対欲しい! 農作業ストレス減の空調ウエア
2021年の夏、絶対欲しい! 農作業ストレス減の空調ウエア
川崎市で江戸時代から続く農家の家に生まれたぼくにとって、夏の暑さはとにかく憂鬱でした。何か賢い対策はないものかと探しているときに、空調ウエアの存在を知りました。 ですが「空調ウエアって、ファンがついてて涼しいらしいなぁ…
農家も使いたい空調ウエア! 効果は?バッテリーの持ち時間は? ハウス/露地2人の農家さんに聞いた!
農家も使いたい空調ウエア! 効果は?バッテリーの持ち時間は? ハウス/露地2人の農家さんに聞いた!
静岡県伊豆の国市地域おこし協力隊、農家志し中のちだです。農業をするようになって、それはそれはびっくりしたことがありました。暑すぎる。真夏ならあきらめつくんですよ。でも、5月6月からガンガン暑いんです。その時期はやること満…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

公式SNS