農業を憧れの職業に! ⺠間企業9社、100名超の生産者とともに魅力発信に奔走|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 農業を憧れの職業に! ⺠間企業9社、100名超の生産者とともに魅力発信に奔走

農業を憧れの職業に! ⺠間企業9社、100名超の生産者とともに魅力発信に奔走

農業を憧れの職業に! ⺠間企業9社、100名超の生産者とともに魅力発信に奔走

これまで農業に縁のなかった人たちに「職業としての農業の魅力」を知ってもらおうと、民間企業で組織する『農業の魅力発信コンソーシアム』がこのほど設立されました。
6月9日は取り組みに関する記者発表会が行われ、参画企業9社の代表者らが今後の展望や未来像について語りました。

イベント、メディアを通じて魅力を届ける

同コンソーシアムは、農林水産省の補助事業「農業の魅力発信事業」を活用した取り組み。「現場で活躍している生産者の姿を通じて、職業としての農業の魅力を知ってもらう」という共通目標のもと、株式会社おてつたび、株式会社ビビットガーデン、株式会社第一プログレス、株式会社マイナビ、株式会社フルハウス、株式会社マイファーム、YUIME株式会社、日本航空株式会社、ANAあきんど株式会社が参画しています。

これまで、各社独自の視点で100名を超えるロールモデル生産者を選出。学生らがロールモデル生産者のもとで農業を体験する「食べチョクおてつたび」や、新規就農を考える方々へ向けたオンラインイベント「AGLIVE DAY」などを実施してきました。今後は「ビジネスとして成功している」「自分らしいライフスタイルを実現している」「ユニークな作物の生産・販売に成功している」など独自の切り口でロールモデル生産者の活躍ぶりを各社メディアやSNSで情報発信し、多くの方々に農業の魅力を実感してもらえる機会の創出を目指しています。

関連記事
農業いいかも! 2人の若者が“お手伝い”で知った職業としての魅力
農業いいかも! 2人の若者が“お手伝い”で知った職業としての魅力
見知らぬ土地での農業体験を通じて、職業としての魅力を伝える試みが全国各地で始まりました。東京・大阪から若者2人がやって来たのは、石川県の米農家「たけもと農場」(能美市)。4月18日から1週間、住み込みで農作業や商品の梱包を手…

記者発表会の冒頭、事務局を務める株式会社YUIME代表取締役の上野耕平(うえの・こうへい)さんが「作られたものでも、演出されたものでもなく、ロールモデル生産者の方々のイキイキとした姿を届けていきたい」、コンソーシアムを管轄支援する農林水産省就農・女性課長の平山潤一郎(ひらやま・じゅんいちろう)さんが「行政だけではできなかった取り組みで、新規就農に寄与するものとして大いに期待している」と、それぞれあいさつ。

続いて、各社の代表者がこれまでの取り組みや今後の展望について話しました。マイナビ農業の代表として登壇した株式会社マイナビ農業活性事業部長の池本博則(いけもと・ひろのり)は「コロナ情勢が回復していく中で、農業や地方に興味関心を持っている人は増えつつある。そうした方々にしっかりと農業の魅力や情報を届けていきたい」と意気込みました。

先輩農家が語る農業の魅力と課題

同日はロールモデル生産者を代表し、ベジLIFE!代表の香取岳彦(かとり・たかひこ)さん、ROSE LABO株式会社代表取締役社長の田中綾華(たなか・あやか)さん、たけもと農場代表取締役社長の竹本彰吾(たけもと・しょうご)さんによる、農業の魅力や課題、これからの期待などをテーマにしたトークセッションも行われました。

 width=600

意見を交わす、右から竹本さん、田中さん、香取さん

「魔法使いになれることが農業の魅力。自分たちが栽培しているからこそ、どんな形にも変化させることができ、なんでも作れて、まさに自由を体現している職業」と田中さん。香取さんは「家族一緒に働けることが楽しい。垣根を超えていろんな人と働けることも魅力」と話していました。
竹本さんは家業として農業を継ぐことが敬遠されている風潮を課題としつつ、「いざ視野を広げてみると、農業は魅力的な産業だと思う。(今回の取り組みによって)資産を継承して、次代につながっていく動きになれば」と期待を込めていました。

マイナビ農業では連載「若者の農業回帰」にて、就農という夢に向けて歩みを進めた若者たちの姿や、既存の農業ビジネスをさらに深化させた取り組みなどを手掛ける生産者さまをご紹介予定。

次回は7月1日に掲載予定。ぜひご一読ください。

関連記事
農業はクリエイティブ! 子育てとの両立も実現させた女性の取り組みとは?
農業はクリエイティブ! 子育てとの両立も実現させた女性の取り組みとは?
仕事と子育て、どちらもがんばりたいと考える女性たちの多くは、自らの働き方に悩んでいるのではないでしょうか。茨城県水戸市でフルーツトマトを生産する三浦綾佳さんは、出産直後に、それまで未経験だった「農業」の世界に飛び込みま…
就農2年目で売上1億を目指す “良い人材が集まる農家”の秘訣
就農2年目で売上1億を目指す “良い人材が集まる農家”の秘訣
2019年1月に法人化したばかりの「ロックファーム京都」の躍進が注目されています。代表取締役の村田翔一(むらた・しょういち)さんは、元消防士。2018年に退職をして農業を始めると、一気に売上を伸ばし、今年度正社員を雇用しました。…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧