外国人労働者の社会保険と手続きのキホン!社労士解説【外国人雇用について考える第39回】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 外国人労働者の社会保険と手続きのキホン!社労士解説【外国人雇用について考える第39回】

外国人労働者の社会保険と手続きのキホン!社労士解説【外国人雇用について考える第39回】

連載企画:外国人雇用について考える

外国人労働者の社会保険と手続きのキホン!社労士解説【外国人雇用について考える第39回】

執筆者:社会保険労務士/川﨑潤一

外国人雇用を行うにあたり、日本の労働保険や社会保険の制度は、外国人労働者にも適用されるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。
また保険制度の説明や手続きをすることで、自社や外国人材にどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は社会保険労務士である筆者が、保険制度全般の概要と共に、外国人材特有の内容について解説をしていきます。

外国人労働者は保険加入が必要?日本の社会保険制度

外国人労働者は、保険加入が必要でしょうか?

答えは、『条件を満たすのであれば、日本人と同様に加入が必要』です。

社会保険は日常生活でおこるリスクに備えるために設けられた公的保障制度であり、外国人労働者であっても適用されます。

日本の社会保険制度

上記の通り、日本にはさまざまな社会保険があります。ここで言う外国人労働者の加入が必要な保険とは、就労に関係する保険である「労災保険」「雇用保険」「健康保険」「年金保険」の4つを指します。

「労災保険」「雇用保険」は、働く上でのリスクや生活と仕事との両立のための制度です。

「健康保険」「年金保険」は、健康維持や老後・障害・遺族に対する生活保障のための制度です。

いずれの保険も労働者の国籍に関わらず、条件を満たすのであれば、加入する必要があります。ただし、受入れ先の企業が個人事業なのか法人なのか、業種や従業員の数、労働者の所定労働時間や給与により、加入が必要な保険制度が異なります。

ではそれぞれの保険と加入条件や義務などを確認していきましょう。

  続きを読む  

外国人採用に関するご相談はこちら

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧