どうする?外国人労働者の日本語教育問題|教育方法やコミュニケーションに大切なこと【外国人雇用について考える第43回】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > どうする?外国人労働者の日本語教育問題|教育方法やコミュニケーションに大切なこと【外国人雇用について考える第43回】

どうする?外国人労働者の日本語教育問題|教育方法やコミュニケーションに大切なこと【外国人雇用について考える第43回】

連載企画:外国人雇用について考える

どうする?外国人労働者の日本語教育問題|教育方法やコミュニケーションに大切なこと【外国人雇用について考える第43回】

執筆者:外国人採用サポネット編集部

外国人労働者を雇用するにあたって気になるのが、日本語レベルです。採用後、外国人労働者の日本語のスキルが上達するか、コミュニケーションがきちんととれるようになるかどうかは、企業の日本語教育に左右される部分が大きいことをご存知でしょうか。

外国人労働者の日本語レベルの現状、日本語レベル別向上の必要性、コミュニケーションの重要性を解説するとともに、企業で可能な日本語教育の方法もご紹介します。

外国人労働者の受け入れとコミュニケーションの重要性

外国人を職場に受け入れるにあたって、企業がもっとも心配していることのひとつに、コミュニケーションの問題があります。対人接客の必要がある場合はもちろん、現場職員との意思疎通のためにコミュニケーションを重要視している企業が多いはずです。

コミュニケーションが円滑に行えない場合、行き違いからトラブルが起きたり、日本人社員の業務効率が下がったり、人間関係の悪化を招いたりします。職場への定着も視野に入れている採用担当者にとって、不安要素であることは間違いないでしょう。

では、これらの不安要素をなくすために、外国人労働者とのコミュニケーションを円滑にするにはどうすればよいでしょうか。

コミュニケーションをとるためには日本語教育・文化的背景の理解・伝わる会話スキルの3つが重要

外国人労働者とのコミュニケーションを円滑にするために、3つの大切なことがあります。

◆ 採用後にも外国人の日本語レベルを高める
◆ 日本人・外国人の双方が、コミュニケーションの文化的背景を理解する
◆ 日本人側も外国人労働者に伝わりやすい会話をする

詳しく見ていきましょう。

  続きを読む  

外国人採用に関するご相談はこちら

外国人採用お役立ち資料

特定技能はよくわからないと感じている方、特定技能外国人の採用を検討中の方向けに 特定技能の徹底解説資料を作成しました。基礎知識だけでなく多数の紹介実績の中で得たノウハウも紹介しています。

無料の資料ダウンロードはこちら

関連記事

タイアップ企画

公式SNS