【参加無料】2/7『農福連携取組促進フォーラム』in京都|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > セミナー > 【参加無料】2/7『農福連携取組促進フォーラム』in京都

【参加無料】2/7『農福連携取組促進フォーラム』in京都

【参加無料】2/7『農福連携取組促進フォーラム』in京都

近年注目を集める農福連携は、「農業」と「福祉」双方の課題解決につながる取組として、様々な形で全国的な広がりを見せています。本フォーラムでは、すでに農福連携の取り組みを行っている方々にご登壇いただき、地域での取り組み事例の紹介や検討を行なうことで農福連携の取組を更に広げていくことを目的に開催します。

【お申込みいただいた方へ】
フォーラムの視聴用URLはフォーラム3日前までに、お申込みいただいたアドレス宛てにご案内いたします。お申込み後に事務局からお申込み完了通知のメールが届いていない方は、お申込みが完了しておらず、視聴用URLのご案内メールが届かない可能性がございますので、再度お申込みいただくか、事務局(agri-mynoufuku@mynavi.jp)までお問い合わせください。

2/7開催『農福連携取組促進フォーラム』とは

農福連携とは、障がい者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取り組みを指します。これまで障がい者等の就労や生きがい創出として捉えられてきた農福連携が、「農業」と「福祉」双方の課題解決につながる取り組みとして、様々な形で全国的な広がりを見せています。

今回のフォーラムではすでに農福連携の取り組みを行ない、ノウフクアワードで受賞・登壇された方を中心に講演・パネルディスカッションを行います。

農福が果たす地域での役割についてのディスカッションも予定していますので、新たな視点・考え方を得たいという方にもおすすめです。
農業者、福祉関係者、関係団体職員、自治体職員、その他、農福連携に関心のある方はどなたでもご参加いただけます。特別な知識は不要!みなさま奮ってご応募ください。

フォーラム概要

<日時>
令和5年2月7日(火) 13:30~16:00 ※13:00~受付開始
<場所>
【現地参加(先着50名)】
みやこメッセ(京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9番地1)
みやこめっせHP
【オンライン参加(先着300名)】
お申し込み後、視聴用URLを送付いたします
<内容>
ノウフクアワードで受賞・登壇された方を中心に、
講演・パネルディスカッションを行います。
※フォーラムの内容は予告なく変更する場合がございます

1【講演】地域に根差した農福

【講演者】
就労継続支援B型事業所さんさん山城 施設長 新免 修氏
(ノウフク・アワード2021 グランプリ/2020 優秀賞)

[プロフィール]
民間企業勤務を経て、2007年社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会入職。
ろう者、難聴者、盲ろう者の生活相談員、手話通訳者の養成事業などを担当。
2015年から「さんさん山城」施設長であり手話通訳士でもある。

2【事例紹介】農園芸で高齢者の生きがいづくり

【講演者】
特定非営利活動法人たかつき 代表理事 石神 洋一氏

[プロフィール]
特定非営利活動法人たかつき代表理事。デイサービスセンター晴耕雨読舎所長。
国内の大学を卒業後、アメリカオハイオ大学大学院で環境学について学ぶ。
造園資材メーカー「東邦レオ株式会社」在職中に園芸療法と出会う。
01年NPO法人たかつき立ち上げと同時に、高齢者の介護予防のための通所施設「街かどデイハウス晴耕雨読舎」で園芸療法を開始。
現在は、高齢者の「Meaningful lifeの探求」を使命とし、園芸療法を活用している。

3【パネルディスカッション】地域とのつながりを活かす

 【パネラー】
◆ソーシャルファームもぎたて 代表 中原 力哉氏
(ノウフク・アワード2021 優秀賞)

[プロフィール]
社会福祉法人一麦会(麦の郷)ソーシャルファームもぎたて 代表。
紀の川市名手を拠点に活動をしている。紀州のめぐみでコトづくり・人つなぎを合言葉に活動。
障害のある人を雇用し、農業・援農・農産加工・軽食喫茶などの事業を通して地域が元気になるサポートをしている。

◆社会福祉法人青葉仁会 所長 井西 正義氏
(ノウフク・アワード2020 審査員特別賞)

[プロフィール]
1978年生まれ、和歌山市出身。
社会福祉法人青葉仁会デリカテッセンイーハトーヴ所長。
食品加工、弁当・惣菜の製造、喫茶「Sora」の事業を運営しており、
自然栽培パーティ会員事業所との連携で加工品も製造している。

◆ 株式会社菜々屋 連携事業者:株式会社リバーファーム 代表 松原克浩氏

[プロフィール]
株式会社 リバーファーム 代表取締役
1976年1月25日生まれ、徳島県徳島市出身。
22歳で建築士2級を取得し、「松原建築事務所」を開業。
29歳で建築から農業に転身し現在は、徳島県、岡山県に圃場を持ち、ミニチンゲンサイ「ちびちん」の生産を中心に農業法人を設立。

 【コーディネーター】
◆神戸学院大学 准教授 川本 健太郎氏

[プロフィール]
神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 准教授
障害者など就労困難者の労働による社会参加をテーマにしている。

ご応募はこちら

現地参加またはオンライン参加によって応募フォームが異なります。
※先着制のため、ご応募のタイミングによってはご応募できない場合がございます。予めご了承ください。

現地参加をご希望の方はこちら※先着50名以内

オンライン参加をご希望の方はこちら※先着300名以内

■お問い合わせ■
株式会社マイファーム
農福連携普及啓発等推進事業 事務局
東京都港区三田二丁目14番5号フロイントゥ三田508号室
TEL:03-6435-9675
Email:noufuku@myfarm.co.jp

関連記事
【参加無料】11/30『農福連携取組促進フォーラム』in金沢+オンライン配信
【参加無料】11/30『農福連携取組促進フォーラム』in金沢+オンライン配信
近年注目を集める農福連携は、「農業」と「福祉」双方の課題解決につながる取組として、様々な形で全国的な広がりを見せています。本フォーラムでは、すでに農福連携の取り組みを行っている方々にご登壇いただき、地域での取り組み事例…
【参加無料】12/16『農福連携取組促進フォーラム』in東京
【参加無料】12/16『農福連携取組促進フォーラム』in東京
近年注目を集める農福連携は、「農業」と「福祉」双方の課題解決につながる取組として、様々な形で全国的な広がりを見せています。本フォーラムでは、すでに農福連携の取り組みを行っている方々にご登壇いただき、地域での取り組み事例…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

公式SNS