野菜も、果樹も、酪農も。‐栃木県那須塩原市‐

マイナビ農業TOP > 野菜も、果樹も、酪農も。‐栃木県那須塩原市‐

野菜も、果樹も、酪農も。‐栃木県那須塩原市‐

About us

栃木県
那須塩原市とは

地図地図
那須塩原市の写真

四季折々の表情をのぞかせる豊かな自然

栃木県の北部に位置する那須塩原市。東北新幹線や宇都宮線などの鉄道や東北自動車道、国道4号などが通る交通の要衝であり、JR各駅周辺や国道沿いには市街地が形成されています。

那須塩原市は観光・リゾート地としても有名。那須火山帯に属した湯量豊富な塩原温泉郷や板室温泉、三斗小屋温泉などの温泉資源に恵まれ、塩原渓谷や沼ッ原湿原を代表とした自然豊かな景観も、観光客や地域住民から人気を博しています。

Agriculture

那須塩原市の写真

冷涼な気候を生かした水稲、園芸作物

那須塩原市は冷涼な気候を生かした水稲、野菜、果樹の栽培が盛ん。那須連山を背景に複合扇状地が広がり、明治時代に建設された那須疏水が田畑を潤し、昼夜の寒暖差によって作物が美味しく育ちます。

本州一の酪農王国

冷涼な気候は酪農・畜産にも生かされています。那須山麓には、生乳生産額本州1位(農林水産省平成30年市町村別農業産出額[推計]より)の酪農地帯が形成され、観光農場や特産加工などの6次化も進んでいます。

Trial

チャレンジファーマー事業について

那須塩原市では更なる地域農業の発展を目指して、管内での就農を目指す方へ向けた農業研修制度「チャレンジファーマー事業」を行っています。自身の農業スキル・経験に合わせて、5つのコースから体験内容を選択し、必要な知識やスキルを身に着けることができます。

Step

何をつくればいいのか、栽培技術をどうやって習得するのか、農地はどうするのか。農業をやってみたいと思っても、考えるべきことはたくさんあります。何をつくるかによって、ライフスタイルや収入も変わります。
また、就農のスタイルも、独立して自営の農業を始める「新規就農(独立・自営就農)」と農業法人等へ就職して従業員として農業に携わる「雇用就農」の2つの方法に分かれています。

新規就農
雇用就農
TYPE:新規雇用

自分自身の努力と判断で、自然を相手に生産活動を行う農業は、他産業にはない魅力のある職業ですが、その分農業とはどんなものかを十分に理解することが重要です。
まずは、自分が農業に向いているのかを考え、また、家族の理解を得ることも必要です。心構えができたら、新規就農(独立・自営就農)に向けて動いてみましょう。

  • STEP1
    情報収集
    農業を始めるには、相応の知識や情報が必要です。
    関係機関や農家に相談し、やりたい農業を見つけましょう。
  • STEP2
    体験
    体験を通じて実際の農業を学ぶとともに、
    農村での生活が自分にあっているかを見極めることも大切です。
  • STEP3
    技術やノウハウの
    習得
    農業経営を成功させるためには、技術やノウハウの習得が不可欠。
    研修制度を利用して習得を目指しましょう。
  • STEP4
    営農計画の
    作成・就農
    農業を始める際には、農地や資金の確保が必要です。
    自身の資金力や技術を考慮した営農計画を立てましょう。
TYPE:雇用就農

新規就農には相応の資金と農業技術が必要とされますが、「雇用就農」は農業法人等の従業員として働くスタイルで、お給料をもらいながら農業技術を身に着けることができます。
働きながら自分のやりたい農業を見つけるとともに、農業を始める際に必要となる農地や資金などを確保することもできます。

  • STEP1
    情報収集
    自身の資金力や環境を考慮しながら農業の道や働く目的を明確にし、希望する農業法人を探してみましょう。
  • STEP2
    体験
    農業法人等での体験を通じて、働き方や農村での生活が自分にあっているかを見極めてみてください。
  • STEP3
    雇用就農
    就職先が決まったら、勤務内容や条件、将来像などを農業法人等とよく話した上で雇用契約を結びましょう。
  • STEP4
    「独立・自営就農」
    も可能
    働きながら得た知識と経験をもとに独立も可能。営農計画を作成し、農地や施設を確保しましょう。

Contact

就農相談、農業体験、支援情報等、お気軽にご相談ください。

担当部署:産業観光部農務畜産課担い手支援係