島の小麦で島特産の五島うどんを 五島列島・新上五島町「ムギ部」の挑戦 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > 島の小麦で島特産の五島うどんを 五島列島・新上五島町「ムギ部」の挑戦

就農

島の小麦で島特産の五島うどんを 五島列島・新上五島町「ムギ部」の挑戦

島の小麦で島特産の五島うどんを 五島列島・新上五島町「ムギ部」の挑戦

2017年08月01日

「島で育てた小麦で、島特産の五島うどんを作りたい」との夢から「ムギ部」立ち上げた新上五島町の竹内紗苗(たけうちさなえ)さんに話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

こがね色に染まった段々畑

長崎県・五島列島の北部にある新上五島町(しんかみごとうちょう)。東シナ海を望む段々畑の一角が20175月、まぶしいくらい見事なこがね色に染まりました。豊かに実をつけた小麦の穂が潮風になびき、サラサラと乾いた音が響きます。その光景を感慨深く見つめていた女性には、ある夢がありました。「島で育てた小麦で、島特産の五島うどんを作りたい」。

「ムギ部」発足

20169月。インターネット上に、あるブログが公開されました。タイトルは「ムギ部」。立ち上げたのは、新上五島町の竹内紗苗(たけうちさなえ)さん(32)です。

紗苗さんは2年前、自分にとって縁もない上五島に、夫の章(あきら)さん(42)と一緒に移住しました。夫婦はもともと新聞記者。結婚後、仕事に追われるなか自分らしい生き方を話し合った結果、一緒に新聞社を辞め五島列島へ移り住みました。二人とも町の非常勤嘱託職員「地域おこし協力隊」として、情報発信や観光などのまちおこし活動を手掛けています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧