都会の真ん中で畑作り!東京・大阪「都市部の貸し農園」5選 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 都会の真ん中で畑作り!東京・大阪「都市部の貸し農園」5選

行政・団体・個人の支援

都会の真ん中で畑作り!東京・大阪「都市部の貸し農園」5選

都会の真ん中で畑作り!東京・大阪「都市部の貸し農園」5選

2017年08月01日

近年都市部で増加している「貸し農園」。基本的な農具が用意されていたり、初心者でもインストラクターから教えてもらえるので、気軽に農業を体験できます。また、子どもから就農を目指す大人まで参加できるスクールや講座もあるようです。今回は、東京都と大阪府で運営されている貸し農園をご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket


写真提供:六本木ヒルズ屋上庭園

都会にいながら自然と触れ合う。都市部の限られた土地の中で自分の畑を持つことは、なかなか難しいですが、近年増えている「貸し農園」ならアクセスが便利な都心にあり、なおかつ農業初心者に向けて、農作業に適した環境が整っています。都心の貸農園は単に農作物を育てるだけではなく、子どもたちが自然を体験したり、同じように借りている方々と一緒に収穫を楽しんだりといった、新しいコミュニティの場として活用されています。今回は、東京都と大阪府で運営されている貸し農園をご紹介します。

関連記事:都市型マルシェ。農家から直接買える都内のファーマーズマーケット11選

【都会の農園:お台場】webサイトで畑の様子がわかる「スマート菜園」システムを導入


写真提供:都会の農園

東京ベイエリアに位置する「ダイバーシティ東京プラザ」。その屋上にあるのが、貸し菜園施設「都会の農園」です。農業初心者でもインストラクターから農業のノウハウを学ぶことができます。畑の状態を観測できる会員制サイト「スマート菜園システム」というものがあり、農園になかなか来られない時でも畑の様子が分かるように工夫されています。

「育てるから食べる」サイクルを実感してもらうため、バーベキューゾーン「都会の農園BBQテラス」も併設しています。ここでは、収穫した作物を使ってのバーベキューはもちろん、食材の持ち込みや購入も可能なため、手ぶらでバーベキューを楽しむこともできます(※バーベキューゾーンの営業は4月から11月)。

「都会の農園」は、2017年6月に「見て楽しい、食べておいしいポタジェ(鑑賞菜園)」をテーマに大幅なリニューアルを実施。野菜やハーブ、草花が混植され、見た目にも楽しく収穫も長い期間楽しめるようになりました。

このポタジェは、環境省の「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトの一環として、環境庁のアンバサダーチーム「MOTHER EARTH」と連携しており、地方創生の場として特産品のアピールなどにも活用されています。

都会の農園
住所:東京都江東区青海1-1-10 「ダイバーシティ東京 プラザ」9階(屋上)
電話:03-6457-2670
http://www.city-farm.jp/

【アグリス成城:世田谷】駅から徒歩1分!食の楽しみを深める数々のイベント


写真提供:アグリス成城

小田急線の成城学園前駅西口から徒歩約1分という、利便性の高い場所にある貸菜園「アグリス成城」。経験豊富なインストラクターが常駐しており、スコップやジョウロ、有機肥料など基本的な農具が用意されているので、初心者から上級者まで誰でも野菜作りを楽しむことができます。安心で安全な野菜栽培のため、 なるべく農薬を使わない野菜作りを目指し、植物保護液を使って病害虫予防を推奨しています。

夏と秋には収穫祭を開催。その他にも、料理教室やお餅つきなどさまざまなイベントがあり、会員同士の交流を図っています。カルチャースクールも併設され、「初めての野菜作り」や「スクラップブッキング&カリグラフィー講座」、「ベランダ野菜作り」、「ハーブ講座」など、野菜や花についての学びを深める講座を定期的に実施しています。

さらにフラワーショップも併設されており、季節の花をはじめ、栽培する野菜の苗や種を購入できたり、 予算に応じてプランターや植木鉢の植替えを依頼できるのも特長です。 子どもたちにも「食べる」ことの大切さを学んで欲しいとの思いから、近年では食育教育にも取り組んでいます。 野菜や土に触れ、収穫や料理を作るイベントを開催し、食について考えるきっかけ作りをしています。

アグリス成城
住所:東京都世田谷区成城5-1-1
電話:03-3482-0831
http://www.agris-seijo.jp/

【元麻布農園:元麻布】プロの農家に学ぶ「農業スクール」も開講 農業をゼロから学べる


写真提供:元麻布農園

平成22年、元麻布に誕生した都市型農園の「元麻布農園」。レンタル菜園では、プロの農家が訪問してくれるので、直接指導を受けることができます。周辺に住む方や勤務する方などから人気が高く、キャンセル待ちの状態です(2017年7月時点)。

開園以来開催している、農家に学ぶ「農業スクール」は、子どもたちの野菜づくり体験から農業を目指す人向けの講座まで、さまざまなプログラムがあります。子どもを対象とした「キッズ土育」は、土作りから野菜の育て方、収穫、おいしい食べ方まで、農業の流れを一通り体験できるプログラムです。子どもたちは気軽に自然と触れ合いながら、ふだん口にしている野菜がどのように育っていくかを学ぶことができます。

大人向けでは、有機農法の講座や農家による農業講習会など、都心にいながら農業をゼロから学べる講座の他、収穫された野菜の料理法や、地方の郷土料理教室なども開講しています。

新たな取り組みとして、都会の子どもたちが自然に触れ、大自然を体感できるツアーが始まりました。「元麻布農園」のホームページからは産地直送の野菜や米を買うこともでき、より農家とのつながりを感じることができます。

元麻布農園
住所:東京都港区元麻布1-4-4
電話:03-6434-9554
https://motoazabu-farm.com/

【六本木ヒルズ屋上庭園:六本木】地上45メートルの屋上庭園で稲作体験・野菜作り


写真提供:六本木ヒルズ屋上庭園

一般的な「貸農園」ではありませんが、都心に暮らす人たちが自然に親しむ取り組みを行っている施設として、2003年に開業した六本木ヒルズをご紹介します。六本木ヒルズは高さ238メートルの高層オフィスビルを中心に、集合住宅、ホテル、テレビ朝日本社社屋、映画館、商業施設を持つ複合施設で、その中の「けやき坂コンプレックス」には地上45メートルの屋上に庭園があります。

屋上庭園は通常は非公開ですが、水田や畑が作られ、六本木ヒルズの住人と勤務する方、その家族を対象に、年に数回解放されます。イベント開催日には稲作体験や野菜作りなどが企画され、日本の食文化や伝統文化に触れ親しむこと、環境や食育などを考えるきっかけになるコミュニティイベントとして好評を得ています。

中でも田植えイベントは、定期的に行われる恒例の人気行事です。2006年からは毎年違う地域の米や野菜などを栽培したり、地方に伝わる衣装の着付け体験を行うなど、各都道府県とのコラボレーションを行っています。2017年に育てられている米は、同年4 月に福井県が発表した新ブランド米「いちほまれ」。“ポストコシヒカリ”を合言葉に改良された、甘みと粘り、歯ごたえのバランスがいい新品種です。

屋上庭園では、都会の空中ながら春は田植えや野菜の種付け、夏は野菜の収穫、秋は稲刈り、脱穀、冬は餅つきと年間を通して食に対する学びの場を提供しています。

六本木ヒルズ屋上庭園
住所:東京都港区六本木6丁目10−1
電話:03-6406-6000(インフォメーションセンター)
http://www.roppongihills.com/green/rooftop_garden/use/

【あべのハルカスファーム:大阪】百貨店初の会員制の貸し菜園 手ぶらで立ち寄れる場に


写真提供:あべのハルカスファーム

日本一の高さを誇る超高層複合ビル「あべのハルカス」の開放感溢れるウイング館屋上で、百貨店初の会員制貸し菜園として誕生した「あべのハルカスファーム」。屋上緑化や都市型菜園事業を手がける東邦レオ株式会社との共同運営です。

高さ300メートルの菜園では、子どもから大人まで幅広い年齢層が、気軽に野菜作りを体験できる場として活用しています。菜園見学会や収穫体験イベントなどを通して、野菜作りに興味のある方が農業に親しむきっかけになるという役割も果たしています。

お買い物のついでに立ち寄ってもらえるように、はさみやジョウロ、肥料、支柱など、基本的な菜園用具は施設に設置してあり、無料で利用できます。常駐するサポートスタッフが野菜作りのアドバイスをしてくれ、会員同士が積極的にコミュニケーションが行えるように、会員向けの栽培講座や料理教室、収穫祭などのイベントも開催されています。農業初心者でも気軽に農業を楽しむことができます。

あべのハルカスファーム
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店ウイング館屋上
電話:03-6699-3781(特設受付窓口)
http://www.machinaka-saien.jp/farm/harukasfarm/

関連記事:都市型マルシェ。農家から直接買える都内のファーマーズマーケット11選

ビルが建ち並ぶ都市部であっても、貸し農園などを利用すれば手軽に野菜作りが体験できます。自分で種や苗から育て、収穫した野菜のおいしさは格別です。ぜひ家族や友人などと一緒に、貸し農園を利用してみてはいかがでしょうか。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧