肥料になる?ビール酵母の驚くべき効果 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 肥料になる?ビール酵母の驚くべき効果

ライフスタイル

肥料になる?ビール酵母の驚くべき効果

肥料になる?ビール酵母の驚くべき効果

2017年08月01日

ビールを醸造する過程で重要なビール酵母。しかし、ビールが醸造された後は「澱」(おり)として不要なものになってしまう場合がほとんどです。そんなビール酵母が農業用の肥料として有効活用できることをご存じですか。今回は、今後農業に深く関わってくるであろうビール酵母について、その成り立ちや効果を学んでいきましょう。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ビール酵母とは

酵母とは、糖分をアルコールと炭酸ガスに変える微生物のことです。ビールだけでなく、味噌やパンをつくるときにも活用されています。その酵母の一種であるビール酵母は、ビールの醸造に欠かせないもので、麦汁(ばくじゅう)を発酵させる役割を担っています。

ビール酵母ができるまで

ビールの製造過程から、ビール酵母ができるまでを見ていきましょう。

〇麦汁を作る

大麦を発芽・乾燥させて作った麦芽を細かく砕き、でんぷんや米といった副原料と合わせて煮て、麦汁を作ります。さらにこの麦汁にホップを加えます。

〇麦汁を発酵させる

ここでビール酵母の登場です。麦汁にビール酵母を入れると、発酵が始まります。7から8日間、ビール酵母は増殖しながら、麦芽中の糖分をアルコールと炭酸ガスに分解していきます。

〇ビール酵母が沈殿する

発酵を終えたビール酵母が下に沈み、上澄み液のみが熟成・ろ過されてビールとなります。ビールの風味変化を防ぐために、発酵後にビール酵母は全て取り除かれますがそのビール酵母は麦汁の栄養素をたっぷりと吸収し、ビタミンB群、ミネラル、アミノ酸、酵素、食物繊維などの栄養を豊富に含んでいます。

このように、ビールの発酵過程が終わればビール醸造におけるビール酵母の役割は終わりますが、発酵後の栄養たっぷりのビール酵母をは様々な用途にに有効活用されています。

【関連記事はこちら!」ビールの“中身”を見せてください

発酵後のビール酵母の行方

ビール醸造過程でできた栄養たっぷりのビール酵母は、分解されて「酵母エキス」と「酵母細胞壁」に分けられます。「酵母エキス」はビール酵母の栄養分や旨味成分を抽出したもので、消化機能を助ける酵母の働きを利用したサプリメントや、アミノ酸が持つ旨味やコクを利用した調味料など、様々な方法で活用されています。

一方の、「ビール酵母細胞壁」は、これまであまり有効利用されてきませんでした。細胞壁はビール酵母の殻のようなものなので、活用しづらいです。近年、そのビール酵母細胞壁を活用しようと研究を進めてきたのがアサヒバイオサイクル株式会社です。アサヒバイオサイクル株式会社は、ビール酵母細胞壁の一部が家畜の飼料として使われていることに注目して、「動物に効果があるのだから、植物の肥料にもなるのではないか」と考え実用化に向けた取り組みをスタートしました。

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧