掃除・肥料にもなる!「ミカンの皮の意外な使い方」4選 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 掃除・肥料にもなる!「ミカンの皮の意外な使い方」4選

ライフスタイル

掃除・肥料にもなる!「ミカンの皮の意外な使い方」4選

掃除・肥料にもなる!「ミカンの皮の意外な使い方」4選

2017年11月14日

ミカンを食べた後、皮はどうしていますか?そのまま捨ててしまう方が多いと思いますが、実はミカンの皮には、捨てるのはもったいないくらい様々な使い方がたくさんあります。お風呂に入れたり、掃除や臭い取りに使えたり、肥料にできたりと活用方法は多種多様です。そんなミカンの皮の意外な使い方をご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ミカンの皮活用法1:お風呂に入れる

ミカンの皮は「陳皮(ちんぴ)」とも呼ばれ、漢方薬の材料に使われています。皮にはビタミンCが含まれ、爽やかな香りと共に、癒やしや美肌効果をもたらすとされています。簡単な使い方としておすすめなのが、ミカンの皮をお風呂に入れる方法です。

下準備

1.ミカンの皮を洗う

無農薬ミカンならそのままでも良いですが、無農薬でない場合は皮を水で洗います。食べる前の丸いままの方が洗いやすいです。農薬などが気になる場合は、食べたあとの皮に重曹や塩を振ってもみ洗いしても良いでしょう。

2.皮をちぎる

3センチほどの大きさに皮をちぎります。

3.天日干し

水分をよく拭き取ったら、ザルや新聞紙の上などに重ならないように広げて、天日干しにします。期間は1週間~10日間ほどです。カサカサと音がするほど完全に水分が飛んだ状態が目安です。

電子レンジを使う方法

時間を短縮して作りたい場合は、電子レンジを使って作る方法もあります。キッチンペーパーの上に重ならないようにミカンの皮を並べます。それを電子レンジでまず1~2分加熱します。ミカンの皮の大きさや水分量にもよるため、様子を見て裏返したりしながら加熱時間を調整しましょう。

お風呂に入れる

でき上がったミカンの皮は布袋やガーゼに入れて包み、あとはお風呂に入れるだけ。1回でミカン4~5個分が目安ですが、お好みで加減しても良いでしょう。ミカンは、お湯がたまったあとに入れても沸かす前から入れておいても、どちらも香りがしっかり出るのでおすすめです。敏感肌の方など、肌がピリピリするなど刺激を感じたらすぐに使用を中止して、シャワーでしっかり体を洗い流しましょう。

ミカンの皮活用法2:家の中の掃除に

ミカンの皮にはクエン酸、ペクチン、リモネンなどが含まれています。これらの成分には汚れを落としたり、ツヤを出したりする効果があるため、ミカンの皮は掃除に使用するのもおすすめです。

「ミカンの皮洗剤」の作り方

使用するものはミカンと水だけです。水400mlに、ミカンの皮約4個分をちぎって鍋に入れて火にかけます。15分程煮たら冷まし、ザルでこして出来上がりです。スプレー容器などに入れて使用しましょう。これだけで洗剤を使わなくても、家の中の様々な場所の汚れを落とすのに効果的です。ただし長期保存はできませんので、1~2週間ほどで使い切るようにしましょう。

油汚れ

ミカンの皮は特に油汚れを落とすのに向いており、ガスレンジ周りの油汚れなどにおすすめです。しつこい油汚れのときは、キッチンペーパーにミカン皮洗剤を浸して、しばらく放置してから拭き取ります。

フローリングのツヤ出し

ミカンの皮に含まれる成分にはツヤ出しの効果も期待できるので、汚れも落ちて一石二鳥です。

ミカンの皮活用法3:臭み取りに

ミカンの皮は爽やかな柑橘系の香りがあるため、消臭効果を目的とした使い方もできます。

【関連記事】

おいしいミカン科の仲間たち!柑橘フルーツガイド その1【果物ガイド】

ミカンの栄養や保存法 ~おいしいミカンの見分け方~【野菜と果物ガイド】

魚焼きグリルの臭い

魚を焼く前にグリルの受け皿に水を張ったら、約1個分のミカンの皮をちぎって入れておきます。こうすると、グリルに魚の臭いがつきにくくなり汚れも落ちやすくなります。

鍋の魚の臭い

煮魚などを作った際に、鍋に魚の臭みがついて洗っても取れないことがあります。そんな時は、ミカンの皮と水を鍋に入れ、そのまま煮立たせると臭いが落ちやすくなります。

電子レンジの臭い

電子レンジにミカンの皮を約1個分入れ、1分程加熱します。蒸気が充満し、電子レンジの中の臭いを取ってくれます。

手の臭い

魚やタマネギ、灯油などの臭いが手についてしまった時は、ミカンの皮を手でもむと、嫌な臭いを和らげてくれます。ミカンの皮を手でこすりながら水で洗うのもおすすめです。

ミカンの皮活用法4:肥料として使う

ミカンの皮には、紫外線や虫から身を守るため、フラボノイドという成分が含まれています。これを利用してミカンの皮を肥料にすることもできます。

肥料の作り方

1.ミカンの皮を乾燥させる

ミカンの皮を天日干しにして乾燥させます。1~2週間ほどで、パリパリ・カサカサになって完全に水分が飛んだ状態が目安です。

2.細かく刻む

乾燥させたミカンの皮を5ミリくらいに細かく刻みます。

3.土にまいてかき混ぜる

2のミカンの皮を土に混ぜます。1~3日おきにかき混ぜましょう。

ミカンの皮の意外な利用方法をご紹介しました。お風呂に入れたり、汚れを落とす掃除アイテムとして使えたり、肥料としても使える、ミカンの皮。ご紹介した利用法を参考に、ぜひ試してみてください。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧