葉の栄養がスゴイ!おいしいカブの見分け方・調理法【野菜ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 葉の栄養がスゴイ!おいしいカブの見分け方・調理法【野菜ガイド】

ライフスタイル

葉の栄養がスゴイ!おいしいカブの見分け方・調理法【野菜ガイド】

葉の栄養がスゴイ!おいしいカブの見分け方・調理法【野菜ガイド】

最終更新日:2018年03月22日

アクが少なくやわらかで、漬物に味噌汁に煮物になんでも使えるカブ。古来から栽培が奨励されていた野菜ということをご存知でしたか?春の七草の「すずな」とも呼ばれる、私たち日本人にとって非常に親しみ深い野菜でもあります。今回は、知っているようで知らないカブの歴史やカブに含まれる栄養、長持ちさせる保存法、カブをおいしく調理するためのワンポイントなどを紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

弥生時代に日本にやってきたカブ

カブ

カブは、アブラナ科アブラナ属の野菜です。春の七草の「すずな」はカブのことです。日本古来の野菜のように思われるかもしれませんが、原産地は中東のアフガニスタンか、地中海沿岸の南ヨーロッパだと言われています。日本にやってきたのは弥生時代の頃。東洋種がシベリアから中国経由で西日本に入り、西洋種はヨーロッパから朝鮮半島を経由して東日本に入ってきたと考えられています。

カブは大きさによって「大カブ」「中カブ」「小カブ」に分類されます。スーパーや八百屋で購入しているのはほとんどが「小カブ」で、漬物などの加工品として口にしているものの多くが「大カブ」です。近年では、赤・黄色・紫などカラフルなカブが外食産業などで大人気です。

鮮度のいいおいしいカブの見分け方

カブ

鮮度のいいおいしいカブは、葉にピンとハリがあり、根の部分がコロンと丸く整っています。肌のキメが細かく、ツヤがあり、表面にヒビが入っていないものを選びましょう。茎の付け根が淡い緑色のものは新鮮な証拠です。育ちすぎているものは、スジが硬くてスが入ってしまっていることがあるので注意しましょう。

カブの表面に茶色いシミや変色がある場合も要注意。シミは鮮度が落ちている証拠です。水分が抜けて、ビタミンなどせっかくの栄養分が低下している可能性があります。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧