アク抜き・下茹でのコツは?ホウレンソウの食べ方【野菜ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > アク抜き・下茹でのコツは?ホウレンソウの食べ方【野菜ガイド】

ライフスタイル

アク抜き・下茹でのコツは?ホウレンソウの食べ方【野菜ガイド】

アク抜き・下茹でのコツは?ホウレンソウの食べ方【野菜ガイド】

最終更新日:2018年03月22日

ホウレンソウは煮物におひたし、汁物やソテーなど様々な調理方法に適していて、家庭料理には欠かせない緑黄色野菜です。アクが強いため、基本的には下ごしらえが必須の野菜ですが、近年は生食にも適したホウレンソウも人気を集めています。今回はホウレンソウをおいしく調理するポイントや色良く茹でるコツ、新鮮なものの見分け方、正しい保存方法、ホウレンソウの品種まで幅広く紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

食卓に欠かせないホウレンソウ

ホウレンソウ

ホウレンソウは、ややクセがある野菜ですが、うまみと栄養価が非常に高い代表的な緑黄色野菜です。葉がうすく切れ込みが深く入った東洋種と、厚くて丸い葉が特徴の西洋種の2種類が存在し、現在おもに市場に流通しているのは東洋種と西洋種の交配種です。

ホウレンソウといえば、必ずアク抜きが必要というイメージがあるかもしれません。近年では、下ごしらえが不要でアクの成分であるシュウ酸が少なく、サラダとして生食できる品種も誕生して人気を集めています。

ホウレンソウの原産地は現在のイラン付近の西アジアと言われており、イスラム教徒によって世界に広められたと考えられています。日本には中国を経由して16世紀頃に東洋種がもたらされ、19世紀半ばの江戸末期にフランスから西洋種が伝わったとされています。

ホウレンソウが日本中で使われるようになったのは、高度経済成長の頃。それからずっと私たちの食卓には欠かせない葉物野菜として重宝されています。

鮮度の良いおいしいホウレンソウの見分け方

ホウレンソウ

鮮度のいいホウレンソウは、葉の色が鮮やかでツヤがあり、根元から葉先までピンと伸びてハリがあります。茎が変色していない弾力があるのも特徴です。根は切り口が太くて、乾いていないものを選びましょう。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧