子どもに食べさせるには?シュンギクの保存法と選び方【野菜ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 子どもに食べさせるには?シュンギクの保存法と選び方【野菜ガイド】

ライフスタイル

子どもに食べさせるには?シュンギクの保存法と選び方【野菜ガイド】

子どもに食べさせるには?シュンギクの保存法と選び方【野菜ガイド】

最終更新日:2018年03月22日

独特の香りとやわらかい食感で、鍋料理に欠かせないシュンギク。シュンギクは関東地方での呼び名で、春に花を咲かせることから名付けられました。関西では「菊菜」という名前で呼ばれます。今回は、シュンギクの歴史やおいしいシュンギクの見分け方、下ごしらえのコツや調理方法のヒントを教えます。栄養たっぷりのシュンギクを、子供に食べさせる時のポイントも紹介しますのでぜひ参考にしてください。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

鑑賞植物だったシュンギク

シュンギク

シュンギクは、独特の香りと柔らかい歯ごたえが特徴です。葉の柔らかさと香りが命ですが、傷みやすいので優しく扱う必要があります。原産は地中海沿岸で、元は花を観賞するための植物でした。中国に渡り食用として改良されるようになってから、周辺の東アジア諸国でも親しまれるようになりました。日本では江戸末期頃から盛んに栽培されるようになりました。

シュンギクは大きく分類した場合、葉の切れ込みが浅い大葉種と、切れ込みが深い中間種、葉が小さい小葉種に分けられます。

鮮度の良いおいしいシュンギクの見分け方

シュンギク

鮮度の良いおいしいシュンギクは、香りが高く全体的にハリがあり、緑色が濃く葉先までピンと伸びています。茎が細くて、切り口が乾きすぎていないものを選びましょう。茎の下の方まで葉が付いているのが、新鮮なシュンギクの特徴です。

シュンギクの栄養

シュンギクに豊富に含まれているカロテンは、体内でビタミンAに変わり体の中で発生する有害な活性酸素から体を守って免疫力を高めてくれます。また肌や健康を維持する効果があるそうです。さらにビタミンCも豊富に含むので、美肌効果が大いに期待できます。

独特の香り成分は胃腸の働きを促進し、消化吸収を助ける作用があるといわれています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧