アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法~シカ編~ – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法~シカ編~

ニュース

アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法~シカ編~

アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法~シカ編~

最終更新日:2018年05月14日

菜の花の名所として知られる琵琶湖疏水沿いで、イノシシやシカによるとみられる苗の被害が激しいというニュースがありました。近年、野生動物が市街地に現れる異常事態が増え、農家への害獣の被害も深刻化しています。2017年度の農林水産省の調べでは、野生鳥獣による農作物への被害状況はおよそ200億円で、その6割が獣類、4割が鳥類(※1)となっています。
「アブなすぎる害獣図鑑」第4回は、イノシシ以上に厄介な害獣の王様・シカの生態と農作物への被害、その撃退方法に迫ります。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

臆病なのに図々しい 農家の天敵シカの驚異のジャンプ力

野生鳥獣
童謡「子鹿のバンビ」や奈良公園のシカなど、キュートで可愛らしいイメージを持たれるシカ。実は山林や田畑などを荒らし、国内で最も被害の大きい困った動物です。日本で生息するシカは、エゾシカ、ホンシュウジカ、キュウシュウジカ、ヤクジカなど、全国各地に広く分布しています。

シカは臆病で警戒心が強い動物ですが、危険がないとわかると大胆に田畑に近づく図々しい面を持っています。成獣の胴長は90~190センチメートルとかなり大きく、何といっても1.5メートル以上の高さまで飛ぶことのできるジャンプ力が特徴です。

昼と夜、時間帯を問わず活動と休息を繰り返し、雄と雌、別々に群れを作って行動するため、被害を受けている農家にとっては、実に厄介な害獣と言えます。

あらゆる植物を食べつくす 山林や田畑のシカ被害の実情

野生鳥獣
狩猟が減った近年、個体数の増加や分布の拡大が一層強まり、シカによる生態系や農林業に及ぼす被害がさらに深刻化しています。シカによる食害や剥皮被害などの森林被害は全体の約8割を占め、山林の生態系の維持、再造林や適切な森林整備の実施に支障を及ぼすとともに、土壌流出などによる森林の有する公益的機能にも影響を与えます。(※2)

また草食動物であるシカは、あらゆる種類の植物を食べ漁るので、人里に現れては、穀物、野菜、果物など、田畑の農作物を幅広く食害します。琵琶湖疏水沿いのケースのように、花畑の苗や花も無残に食べられます。樹皮を剥ぎ取って食べたり、 雄ジカが角をこすりつけたりして、大切に育てた果実の木を枯らしてしまうことすらあります。

※1 鳥獣被害の状況:農林水産省
※2 野生鳥獣による森林被害:林野庁

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧