出荷量は5年間で6倍に急成長!秋田県「NAMAHAGEダリア」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 出荷量は5年間で6倍に急成長!秋田県「NAMAHAGEダリア」

生産者の試み

出荷量は5年間で6倍に急成長!秋田県「NAMAHAGEダリア」

出荷量は5年間で6倍に急成長!秋田県「NAMAHAGEダリア」

最終更新日:2018年02月06日

日本有数の米どころ秋田県は、平成18年頃からダリアの栽培を開始し、「NAMAHAGEダリア」という県独自のブランドを立ち上げています。東京都中央卸売市場における出荷量が、わずか5年間で6倍以上に拡大。新品種コンテストでも最優秀賞を受賞するなど、国内の人気を集めております。秋田県の「NAMAHAGEダリア」躍進の背景について、秋田県農林水産部園芸振興課の高橋宏彰(たかはしひろあき)さんに、詳しくお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

著名な育種家との連携で起爆剤に

平成28年にフラワー・オブ・ザ・イヤーを受賞した「NAMAHAGEチーク」

秋田県は「あきたこまち」の産地であり、農業産出額の50%以上を米が占めています。とはいえ、米価低迷による農業所得の減少等を背景に、地域農業の起爆剤となり得る品目を探す動きが出ています。そんな中、注目が集まったのがダリアでした。

「秋田には、日本を代表するダリアの育種家である、鷲澤幸治(わしざわこうじ)さんがいます。県内にそのような実力のある育種家がいる強みを活かすため、平成18年頃に秋田県としてダリアの導入を提案していったのです。当時、ブライダルの花材としてダリアの需要は年々高まっていた頃でした」と高橋さんは語ります。

ダリアと同じように、リンドウについても、民間育種家と連携できる強みが秋田県にありました。「リンドウ・ダリア全国トップブランド産地育成事業」が平成23年に立ち上げられました。これによって、県オリジナル品種の開発から、普及、生産拡大、販売対策までを秋田県として推進していくことになりました。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧