「逆引き事典」で経営に力を – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 「逆引き事典」で経営に力を

行政・団体・個人の支援

「逆引き事典」で経営に力を

「逆引き事典」で経営に力を

最終更新日:2018年09月10日

農林水産業に携わる事業者にとって必要な資金。経営の拡大や、農地の確保、機械の購入、運転資金やマンパワーの確保など、様々な時期や場面に応じて利用したいのが、補助金、融資、出資、税制特例などの各種制度。活用できれば大きな力になるはずの制度は、なかなか馴染みがないのも事実。農林水産省は、補助金などの情報を農林漁業者に届けるために「逆引き事典」を公開しています。農林水産業に携わるすべての人が、自分に適した制度にたどり着くためのナビゲーション。一度、触れてみると、思いがけない支援制度にたどり着く可能性も。その活用方法をレポートします。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

補助金等を有効に活用するための「検索サイト」

農林水産省は、農業・林業・水産業に携わる事業者にとって有益な補助金などの情報を、同省のWebサイトに掲載しています。ところが、事業名称やその解説を読んでも、「どういう取組が対象になるかがわかりづらい」「利用方法がわからない」「自分が受けられる補助かどうか不明」などの声が寄せられていました。農林漁業者の力になる補助金が活用されにくい状況を改善するために、同省は「逆引き事典」を公開しています。ガイドに沿って、自分の経営状況や求めていることを選択するだけで、利用可能な制度を検索できます。「逆引き事典」を活用すれば、今まで見逃していた補助金などの情報に出会えることも。平成30年度がスタートするこの時期。国はもちろん、都道府県による補助金事業にも対応した「逆引き事典」を活用して、自身の経営に活力を加えてはいかがでしょう。

状況や条件を選択するだけで、該当する事業がわかる

「誰が」、「何をしたい」から、必要とする事業の情報を検索できる「逆引き事典」は、農林漁業者を支援することを目的にした補助金などの事業を、より活用しやすくするために開発したシステムです。該当する項目を選択するだけで、対応する事業を一覧として見ることができます。また、検索結果を並べて比較することも可能です。

「逆引き事典」はこちら

詳しくは『「逆引き事典」の使い方』のガイドをご覧ください。

「逆引き事典」の使い方はこちら

例)補助金の場合
STEP1「補助金」・「融資」・「出資」・「税制」・「優良事例」の項目の中で「補助金」を選択
STEP2「対象にする利用者」から調べたい項目を選択
STEP3「対象にする目的」から調べたい項目を選択
STEP4「品目」から調べたい項目を選択
STEP5「事業年度」から調べたい項目を選択
STEP6「検索」をクリック
(STEP2~5の全てを選択しなくても検索できます)

以下が検索結果一覧として提示されます。

1.該当する事業名
2.各事業の概要

さらに、気になる事業があれば、事業の内容を比較することや、公募期間や補助率などの詳しい情報を調べることもできます。
農林水産省の担当者は「これまで、該当する案件があったにもかかわらず、情報を得られなかったことによって、利用できなかった制度を活用するきっかけにしていただければ」と話しています。
既に、国の平成30年度予算案の事業が掲載されています。また今後は、都道府県の情報も随時、追加されていきます。
掲載されている情報は順次、更新されていくので、こまめにチェックして、経営の飛躍の一助にしてはいかがでしょうか。

農林水産省
大臣官房広報評価課広報室
http://www.maff.go.jp

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧

マイナビ農業 コンテンツ