【47都道府県の地域食材】カツオだけじゃない!高知のおいしいご当地食材

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【47都道府県の地域食材】カツオだけじゃない!高知のおいしいご当地食材

ライフスタイル

【47都道府県の地域食材】カツオだけじゃない!高知のおいしいご当地食材

【47都道府県の地域食材】カツオだけじゃない!高知のおいしいご当地食材

最終更新日:2018年10月16日

四国の南部に位置する高知県は温暖な気候と恵まれた海岸地帯で、多種多様な特産品が存在します。今回は「香り米」や「四方竹」などの伝統野菜から、全国的に知名度の高い「カツオ」や「ショウガ」など、高知の農産物や、「土佐あかうし」などの高知食材を紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

高知県の特徴

四国の南部に位置する高知県は、温暖な気候条件に恵まれた海岸地帯から、涼しい気象条件が揃っている山間部など、様々な気象や土地条件に富んでおり、地域の特性を活かし、農作物が栽培されています。

ナス、ミョウガ、ニラ、ショウガの生産量は全国でもトップ!また長い海岸線を有した高知県は、豊富な水産資源によって漁業も盛んです。

香り米

高知県では主に標高150メートルから500メートルの中山間地で栽培されている「香り米(※)」。品種としては、在来種の「ヒエリ」、改良品種の「さわかおり」などがあります。

高知県は全国的に見ても、香り米の生産量は多く、高知県の特産品として知られています。普通のコメに少量混ぜて炊くことで、新米を炊いた時とのようなふくよかな芳香を漂わせることから香り米と呼ばれるようになりました。香り米単品だけでなく、普通のコメにブレンドした加工品も流通しています。

※香り米 炊くとよい香りのする米。古くから栽培され、祭礼や接客などに用いられてきた

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧