【第7回】リスク評価と教育:環境保全リスクを自覚するために – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 【第7回】リスク評価と教育:環境保全リスクを自覚するために

行政・団体・個人の支援

【第7回】リスク評価と教育:環境保全リスクを自覚するために

【第7回】リスク評価と教育:環境保全リスクを自覚するために

2018年03月30日

GAPとはGood Agricultural Practiceの頭文字をとったもので、日本語で「良い農業の取組み」という意味になります。昨今、GAPは産地や農家の生産工程の管理・改善を体系的に扱う優れた仕組み(標準)として、東京オリンピック・パラリンピックや海外輸出の調達基準になってきています。既に一部の農家ではこのGAP認証取得を、続いてこの農家から原材料の調達を受けた食品加工メーカーでは、まもなく法令に基づいて義務化される食品衛生管理基準HACCP(ハサップ)の資格取得を求める動きが活発化しています。
この特集は、GAP、HACCPの基礎知識から認証取得までのポイント、そして日本農業の再生までを展望した全12回のシリーズで皆さまにお届けしています。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

1.日本の農場の実態は?

これまでのGAPの説明から、読者は「日本の農場は安心・安全が保証されていない」という印象を抱かれたかもしれません。実際、GAPの基準で、実際の農場をチェックしてみると、安心・安全が保証されている要素とそうでない要素に分かれています。福井県のGAP推進責任者によると、「農薬使用履歴、農機具のメンテなどはすでに取り組んでいる農場は多い。一方、土壌分析、残留農薬分析、農薬保管庫施錠、トイレの設置、危険物保管場所設置は、費用がかかるので、すぐには取り組みにくい。また、リスク評価、施肥計画、IPM(総合的病害虫管理)はコンサルタントや営農指導者など外部の者が、教育などを通じて少し手助けすれば取り組みが進みます」(2017年度GAPシンポジウム、一般社団法人日本生産者GAP協会主催)。今回は、手助けすれば、取り組みが進みやすいリスク評価と施肥計画を取り上げます。

2.リスク評価とは?

リスク評価とは、ハサップ【HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)】と言い、「食品の安全性にとって重大なハザード【危害要因】を特定し、評価し、コントロールするシステム」です。たとえば、ハンバーグを出すレストランでは、ハンバーグ由来の食中毒を防ぐために、その加熱時間・加熱温度・測定箇所を決める仕組みです。
このHACCPがGAPに応用されています。ただし、HACCPは食品工場やレストランなど、天候の変化や外部からの細菌の侵入などをコントロールすることが可能な環境で開発されたものです。ですから、天候に左右されやすい農場では、作物(食品安全)、作業者(労働安全)、農場の周りの環境(環境保全)に対して、どういうリスク(以下のリスク評価の例を参照)があるか、栽培・収穫・取扱いという各工程について、働いている人が話し合いをすることがHACCPと考えてよいでしょう。そして、そのリスクが発生しないような作業(管理手段)を決め実行します。

中部産業連盟

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧