お手軽で美味しさそのまま!乾燥野菜&フリーズドライ3選 Vol.2 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > お手軽で美味しさそのまま!乾燥野菜&フリーズドライ3選 Vol.2

ライフスタイル

お手軽で美味しさそのまま!乾燥野菜&フリーズドライ3選 Vol.2

お手軽で美味しさそのまま!乾燥野菜&フリーズドライ3選 Vol.2

最終更新日:2018年04月04日

長期的な保存が可能で、かつ味の質や栄養価も失わずに活用できる乾燥野菜。フリーズドライを始めとした様々な製法の商品が、全国で販売・流通されています。技術の進歩によって、豊富な栄養を手軽に摂取できる乾燥野菜の選りすぐり商品を紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

殿様のだだちゃ豆フリーズドライ (JA鶴岡)

画像提供:JA鶴岡

山形県の日本海沿岸南部に位置する鶴岡市は、かつて江戸時代には鶴岡藩の城下町として栄えた日本有数の穀倉地帯です。市内には日本三大急流の一つである最上川が流れ、日本海に面した西側には庄内砂丘が広がります。

そんな鶴岡市は、世界で八都市しか選ばれていない「ユネスコ食文化創造都市」としても有名です。そして2015年にイタリアのミラノで開催された万国博覧会にて、大好評を博した鶴岡市の商品が「殿様のだだちゃ豆フリーズドライ」。

特産枝豆であるだだちゃ豆は、肌に良い働きを促進するといわれる成分であるオルニチンを豊富に含んでいます。

塩のみ味付けしたシンプルな仕上がりとなっていて、素材そのものの旨みや香ばしさが味わえます。サクッとした食感から口いっぱいに広がる豊かな風味がやみつきになると、リピーターがとても多い商品です。「一番おいしい旬の時期にだだちゃ豆を食べてほしい」という、生産者の思いから生産から流通まで一貫して行われている商品です 。

2014年に「農業新聞一村逸品大賞」を受賞した商品で、お酒のおつまみだけでなく、お米と一緒に炊いておいしい炊き込みごはんにするのもおすすめです。

JAタウン公式ウェブサイト

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧