蕾菜(つぼみな)って聞いたことある?栄養素とおすすめのレシピとは?
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 東京会場 9月11日 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 蕾菜(つぼみな)って聞いたことある?栄養素とおすすめのレシピとは?

ライフスタイル

蕾菜(つぼみな)って聞いたことある?栄養素とおすすめのレシピとは?

蕾菜(つぼみな)って聞いたことある?栄養素とおすすめのレシピとは?
最終更新日:2019年05月31日

蕾菜(つぼみな)という野菜を知っていますか?まだ世間によく知られておらず、家庭でも料理に出ることがほとんどない野菜が多くあります。蕾菜もその中の一つで、出回るようになってからまだ歴史が浅い野菜です。ここでは、蕾菜がどんな野菜で、どんな栄養成分が含まれているかなどに触れ、蕾菜のおすすめレシピを紹介します。

歴史の浅い蕾菜は福岡出身!

つぼみな
蕾菜は、学術的にはアブラナ目アブラナ科に属する野菜で、からし菜の変種とされています。福岡県の種苗会社がいち早く中国から導入し、改良を続けて品種登録されました。生産および出荷が始まったのは2008年頃で、比較的歴史が浅い野菜です。一般的なからし菜では葉の部分を食用としますが、蕾菜は株から出るわき芽部分を食べることになります。名前が示すように食用とする部分が花の蕾に似ていて、寒い冬から暖かくなる春が近づいていることを感じさせる野菜です。

1~3月頃に出荷のピークを迎える蕾菜は、根に近い部分はキャベツの芯のような白色で、上にいくにつれて葉の緑色が目立ちます。コリコリとした食感で、程よい辛みが特徴です。サラダや浅漬けなど生で食べても、天ぷらや炒め物などのように火を通しても、調理方法を選ばずおいしく食べることができます。

鮮やかな緑の蕾菜を選んでみましょう

つぼみな

どのような蕾菜がおいしいのか、選ぶ際に見ておきたい特徴を紹介します。まず、茎の部分が白いものを選びましょう。また、葉につやがあって鮮やかな緑色をしているものが新鮮です。茎の部分の白さが濁っていたり、葉先が茶色く変色していたりするものは、収穫から時間が経過していて古くなっている可能性があります。また、根元の切り口部分の色にも注意しましょう。なるべく白いものが新鮮です。

大きさは一口でも食べられるほどの小ぶりなものから、ある程度大きいものまで様々ですが、味にはほとんど違いがありません。料理に丸ごと使う場合は小ぶりなものを選ぶなど、食べやすさや料理のイメージに合うものを選ぶようにしましょう。

健康維持におすすめ 蕾菜の栄養素

蕾菜に多く含まれる栄養成分として、GABA(γ―アミノ酪酸含量)があります。チョコレートやココアの原料であるカカオにも含まれる成分です。蕾菜には100グラム中40ミリグラム含まれています。GABAにはリラックス効果などがあるといわれ、ストレスの多い現代社会において注目されています。強いストレスにさらされるトップアスリートも、ストレス対策として活用しているそうです。

そのほか蕾菜には、βカロテンやビタミンEなどの栄養成分も含まれています。果物や野菜に多く含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変換されて健康を維持したり、抗酸化作用や免疫力を高めたりする効果が期待されています。また、脂溶性のビタミンであるビタミンEは、抗酸化作用によって活性酸素から守る働きをするといわれます。蕾菜はこのように健康維持にも効果を発揮する栄養豊富な野菜といえるでしょう。

【関連記事】
ケールもビーツも意外な料理へ変身 珍しい野菜のおいしい食べ方
家庭でも使える!ユリネ・ジュンサイ・オカヒジキなど珍しい野菜の調理法【野菜と果物ガイド】

蕾菜のおすすめレシピ1.パスタ

つぼみな
蕾菜をおいしく食べられるレシピとして、まず一つ目にパスタを紹介しましょう。特にペペロンチーノ風にすると、蕾菜そのものの味を楽しむことができます。

最初にスパゲティをゆで始めます。ゆでている間にオリーブオイルで、スライスしたニンニクを弱火でじっくり炒めます。強火だとニンニクが焦げてしまうので注意しましょう。
ニンニクの香りがしてきたら、刻んだベーコン、赤唐辛子、そして蕾菜を入れて一緒に炒めます。ニンニクはきつね色になった時点で半量を取り出し、食べる前の仕上げとして振りかけてもおいしいでしょう。蕾菜はそのまま入れてもよいですが、大きくて食べづらい場合は半分に切ってから炒めましょう。

ベーコンと蕾菜に火が通ったら、コンソメを入れてスパゲティのゆで汁を少し加え、塩コショウで味を調えます。
ゆであがったスパゲティを入れて、からませれば完成です。ニンニクの香りと、蕾菜の甘み・辛みがマッチしたパスタです。

蕾菜のおすすめレシピ2.サラダ

つぼみな
二つ目のおすすめレシピはサラダです。蕾菜は生で食べてもおいしく食べられます。火を通すとやわらかい食感で甘みが出ますが、生で食べるとさわやかな香りと、からし菜特有のピリッとした辛みを味わうことができます。アスパラガスやブロッコリー、ニンジンなどのほかの緑黄色野菜とともに、マヨネーズやドレッシングで味付けすると彩りもきれいです。

蕾菜と一緒に食べるものとしては、緑黄色野菜のほかに、ゆで卵や炒めたベーコン、トッピングとしてフライドオニオンやニンニクチップを入れてもおいしいでしょう。サラダ単体で食べるのもいいですが、パンにはさんでもおいしく食べられます。

蕾菜をスーパーで見つけたらぜひお試しを

ここまで、栄養が豊富で生でも加熱しても食べられる蕾菜について紹介してきました。蕾菜が出回る時期は限定されていて、旬とされているのが1~3月中旬までとされています。栽培地域も限定されているため、スーパーで見かけることも少ないでしょう。スーパーで見つけることができたら、ぜひ購入して食べてみましょう。

紹介したパスタやサラダ以外にも、いろいろな食べ方があります。春を感じながら、蕾菜のコリコリっとした食感と、甘みや辛みを存分に楽しみましょう。

【関連記事】
キャベツを上手に千切りにするには? フワフワ食感のコツと絶品レシピ
春キャベツ・新タマネギ・菜の花 春野菜でもう1品!管理栄養士の簡単【野菜レシピ】

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧