米作りの大変さを学ぶ食育に! 関東の米作り体験スポット

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 米作りの大変さを学ぶ食育に! 関東の米作り体験スポット

ライフスタイル

米作りの大変さを学ぶ食育に! 関東の米作り体験スポット

米作りの大変さを学ぶ食育に! 関東の米作り体験スポット
最終更新日:2019年06月19日

日本人の主食の「米」。米を作るためには八十八の手間と苦労があることから米という漢字ができた、と言われていますが、実際に毎日食べている米がどのように育ち、どのような手間をかけて食卓にやってくるのか、大人でもよく知らない方が多いのではないでしょうか。都会育ちで田んぼすらも見たことがないという方もいるかもしれません。ここでは、関東近郊で大人も子どもも体験できる米作りスポットを紹介します。

米作り体験スポットで体験できること

米作り体験スポットは、米作りのいろいろが体験できる施設です。田植えだけ、稲刈りだけを体験できる施設もあれば、一年を通して、田植え、稲刈り、ワラ細工、収穫したもち米を使った餅つきなどを体験できる施設もあります。

稲刈り体験を行った後に、その農園で採れた米で釜炊きしたご飯を食べたり、おにぎりを作ったりすることができるところもあります。みんなで土を触って童心に返り、米ができるまでの工程を改めて学ぶことができるのが、米作り体験の魅力です。

関東近辺の米作り体験スポット

石坂ファームハウス(東京都)

※画像はイメージです

石坂ファームハウスは、都内でありながら自然と触れ合える米作り体験スポットです。広い農園内には、田んぼとブルーベリーなどの畑のほか、炊事場やピザ釜といった自然の恵みをその場で味わえる設備も充実しています。

石坂ファームハウスの米作り体験講座は、一年を通して米ができるまでを学べるのが魅力。米作り講座は全4回で、6月ごろに田植え、10月ごろに稲刈り、12月にはお正月飾りの藁細工、1月には餅つきがあり、大人も子どもも一緒になって米の大切さを知ることができます。

石坂ファームハウス
住所:東京都日野市百草672-1
TEL:042-591-6477
URL:http://ishizaka-farm-house.com/rice.html
利用料金:田植え・稲刈り・ワラ細工・餅つきの4回講座で1名5000円(保険代、事務通信費含む)

まなびファーム(千葉県)

千葉県のまなびファームでは、10平方メートル前後の田んぼで稲作本来の田植えから稲刈りまでを楽しめ、昔ながらの稲作が学べる「稲作オーナー制度」と、気軽に田植えだけ、または稲刈りだけを楽しめる体験コースがあり、ニーズに合った方法で米作りを体験できるのが魅力です。

稲作オーナー制度では、自分の田んぼに田植えをした後、途中の水や生育などに関する管理をプロが行ってくれ、最後に稲の収穫体験ができます。

まなびファーム
住所:千葉県大網白里市金谷郷1425
TEL:070-6420-0551
URL:http://chibatk.jp/index.html
利用料金(田植え体験):大人(中学生以上)新米1キロあり3,000円(税込)、新米なし2,500円/子ども(小学6年生まで)新米1キロあり2,500円(税込)、新米なし2,000円(税込)
※稲刈り体験、稲作オーナー制度の料金は公式ホームページをご覧ください

ファーム・インさぎ山(埼玉県)

埼玉県さいたま市にあるファーム・インさぎ山では、田植え、稲刈り体験はもちろんのこと、農村の生活体験もできるのがポイントです。

米作り体験の他に、収穫した米をワラと薪で炊いて食べたり、味噌作りや餅つきをしたりするなど、ひと昔前の農村では当たり前でしたが失われつつある生活文化の数々を、体験しながら学ぶことができます。

ファーム・インさぎ山
住所:埼玉県さいたま市緑区上野田282
TEL:048-830-4122(埼玉県農林部農業ビジネス支援課)
URL:http://www.pref.saitama.lg.jp/a0902/6jika-hagiwara.html
利用料金:年会費2万3,000円(種苗・肥料代、イベント材料代が別途かかります)

筑波農場(茨城県)

筑波農場では、子どもたちが米の知識や食育を学べる場として、田植えから稲刈りまでを体験するイベントを行っています。毎年田植えは5月に、稲刈りは9月に行われ、毎回200名以上の参加がある大イベントです。

筑波農場ではアイガモ農法を利用した完全無農薬の米作りが体験でき、イベントの最後には炊きたての常陸小田米が食べられる他、新鮮野菜の直売などもあり、家族みんなで米作り体験を楽しむことができます。

筑波農場
住所:茨城県つくば市小田2830
TEL:029-867-3433
URL:http://odamai.com/
利用料金:
田植え体験会(5月):大人(中学生以上)2,500円(入場料込み)、子ども(3歳以上)1,500円(入場料込み)
稲刈り体験会(9月):大人(中学生以上)2,000円(入場料込み、常陸小田米新米付)、子ども(3歳以上)1,000円(入場料込み)

日本農業実践学園(茨城県)

日本農業実践学園では、子ども向けの田植え・稲刈り体験や、大人向けの2泊3日からの農業体験・研修など、学びたいレベルや体験したい内容に合わせて幅広いコースが用意されています。

子どもの食育にも、有機農業や就農に興味があるプロ志向の方にも対応できる広い間口が日本農業実践学園の魅力です。

日本農業実践学園
住所:茨城県水戸市内原町1496
TEL:029-259-2002
URL:http://www.nnjg04.com/taiken/taiken_gaiyo.html
利用料金:お問い合わせまたは公式ホームページをご覧ください
※農業体験はグループ単位での受付です

関東の米作り体験スポットを5つ紹介しました。家族や友人と楽しい思い出作りをしながら、食の大切さや米ができるまでの大変な工程の一部を少しでも体感できる米作り体験は、子どもにはもちろん、大人にとっても非常に有意義なものです。

自分の興味の範囲や、学びたいレベルに合わせて最適な米作りスポットを選んで、まずは1日体験からでも挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧