土壌改良に効く!デンカの腐植酸液肥の3つの効果とは – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 土壌改良に効く!デンカの腐植酸液肥の3つの効果とは

PR

ニュース

土壌改良に効く!デンカの腐植酸液肥の3つの効果とは

土壌改良に効く!デンカの腐植酸液肥の3つの効果とは

最終更新日:2018年08月28日

腐植酸とは堆肥や土壌に含まれる黒色の有機物。堆肥には数パーセント含まれている土壌改良の主役です。地力を高める、肥料の効果を高める、作物の根の活性を高めるなどが腐植酸の効果として知られています。
なかでも水に溶けやすい部分に着目し開発された『腐植酸液肥』にもまた、根張り向上、果樹・果菜類の樹勢維持および回復、肥大促進、なり疲れ防止など、多くの期待が寄せられています。今回はその効果に迫ります。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

そもそも腐植酸とは

腐植酸の3つの効果
1つめは地力の向上。腐植酸は土を柔らかくさせ、肥え持ちをよくし、微生物がバランスよく生きられる、作物を作りやすい土に改良します。

2つめは肥料の効果の向上。腐植酸は土壌の保肥力を高め、かつ肥料を無駄なく作物に吸収させます。さらに腐植酸はリン酸等の吸収を促進することが知られており、肥料の効果アップも期待できます。

3つめは根の活性化。腐植酸があると発根が促され、根量が増えます。根量が増えれば養分吸収が高まるため、生育が促進されます。

独自製法で作り出す腐植酸液肥

独自製法により製造
1915(大正4)年に設立されたデンカでは腐植酸資材を独自製法で作ります。
亜炭という樹木や有機物が堆積し腐って地中で炭化したものに、硝酸を加え、分解します。分解に使用した硝酸は回収し、腐植酸だけを取り出します。
この腐植酸のうち、水に溶けやすい部分に着目し、腐植酸液肥が開発されました。水に溶けやすいため、素早く根に浸透し、根張り向上、果樹・果菜類の樹勢維持および回復、肥大促進、なり疲れ防止などが期待できます。

ユーザーからも高い評価

「なり疲れからの回復が早い!」
茨城県古河市でキュウリ農家の粕谷政輝さんも、デンカの腐植酸液肥を愛用する一人です。21歳から実家に就農し20年以上、ハウス栽培でキュウリを作り続けてきた粕谷さん。3年ほど前に知人から腐植酸液肥の良さを聞いたことから興味を持ち、2年前からデンカの腐植酸液肥を使い始めました。
「なり疲れからの回復が早い。キュウリの収量には波があります。けれど、腐植酸液肥を使うと落ち込みが少なくなりました」

ご両親と奥様と、4人でキュウリ農家を営む粕谷さん

腐植酸液肥で根量が増加、増収に効果
デンカの試験によると、トマトの育苗でトレー(25穴)あたり500~1000倍に薄めた腐植酸液肥を250ml施用したところ、何も与えなかったものに比べ根量が155パーセントも多かったそうです。トマトに限らずコマツナ、ダイコンなどでも効果がみられました。さらにトマトの点滴潅水栽培で腐植酸液肥3000倍希釈を毎日施用したところ、無施用に比較して27パーセント増収したという試験成績もありました。

ほかの肥料と併用もO.K.。保肥力を高めてくれる。施用前と後の違いは歴然。

腐植酸による根量増加のグラフ(トマト育苗の場合)

使いやすいから、使いつづけられる

比べて分かるコストパフォーマンス
粕谷さんは月に1回ほど腐植酸液肥を500〜1000倍に薄めて使っています。「通常使っている肥料よりはかは少し値段が張ります。ですが、驚くほど高いわけではない。このくらいの価格帯ならそこまで気になりません」

粕谷さんは液肥混入器と潅水チューブで施用している

使い勝手のよさも二重丸
さらに粕谷さんは扱いの良さも評価しています。「デンカのものは5kg単位の容器なので扱いが楽。他社のものは20kg単位のものがあったりしますが、デンカのものは高齢の方にも使い勝手が良いと思います」
その効果はもちろんのこと、使い勝手の良さは100年以上肥料を作ってきた同社ならではです。

「デンカの腐植酸は使い勝手がいい」と語る粕谷さん

デンカ株式会社
〒103-8338
東京都中央区日本橋室町2-1-1

【関連リンク】
デンカ株式会社 アグリプロダクツ部

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧

マイナビ農業 コンテンツ