三重県の「農業版MBA養成塾」 2019年度入塾生を募集 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 三重県の「農業版MBA養成塾」 2019年度入塾生を募集

ニュース

三重県の「農業版MBA養成塾」 2019年度入塾生を募集

三重県の「農業版MBA養成塾」 2019年度入塾生を募集

最終更新日:2018年10月17日

三重県の農業ビジネス人材育成プログラム「みえ農業版MBA養成塾」が2019年4月からの第2期生を、18年11月から募集します。県内の農業法人などでの雇用型インターンシップを中心に、三重県農業大学校や三重大学大学院のカリキュラムも提供。農業だけでなく経営学全般や食の安全やバリューチェーンにおけるフードマネジメントなど、経営管理を行う上で必要な知識を幅広く学ぶことができます。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

三重県農業大学校と三重大学、民間農業法人の産学官が連携

2018年4月に開講したこの養成塾は、三重県農業大学校と三重大学、民間農業法人の産学官が連携してプログラムを提供しています。
塾生は農業法人などで年間1,500時間に及ぶ雇用型インターンシップを行い、実践を通じて農業の経験を積みます。また、三重大学大学院地域イノベーション学研究科、三重県農業大学校での講義や演習を通じて、経営学全般や、食の安全やバリューチェーンに係るフードマネジメント、設定した課題の解決を図るプロジェクトマネジメント演習や経営プラン策定など、経営管理を行う上で必要な知識を幅広く学ぶことができます。希望者は、三重大学地域イノベーション学研究科(修士)との併学も可能です。
2018年度は食品関係の営業経験者や航空宇宙工学を研究した大学院卒業生など幅広いバックグラウンドの人材が学んでいます。

募集要項と問い合わせ先は以下の通り。

【みえ農業版MBA養成塾】
開設:2018年4月
場所:三重県農業大学校(三重県松阪市嬉野川北町530)
塾長:株式会社伊賀の里モクモク手づくりファーム会長 木村修氏
名誉塾長:三重県知事 鈴木英敬氏
養成期間:2年(1年次:プライマリーコース、2年次:アドバンスコース)
受講料:年間118,800円
募集の対象:社会人経験者を中心に、三重県内で農業ビジネスの展開を志す概ね40歳までの者
募集人員:3~5名程度
選考方法:面接、小論文
選考のスケジュール:
プレ申込み(インターンシップ受け入れ法人による面談等) 2018年11月1日~2019年1月31日
本申込み(書類審査、試験等) 2019年2月1日~2月15日
入塾試験 2月27日
合格発表 3月1日

【問い合わせ先】
「みえ農業版MBA養成塾」公式サイト

【関連記事】
2018年4月 三重県農業大学校に「農業版MBA養成塾」開設!

農福連携はここまで進んだ!成功事例と課題から見る未来

農業の市場観を覆す! 農泊 ×インバウンドの可能性【これからの農泊 第2回】

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧