【農業マーケティングの現場からVol.6】農業マーケティングツール「チョクバイ!」の有効性

マイナビ農業TOP > マーケティング > 【農業マーケティングの現場からVol.6】農業マーケティングツール「チョクバイ!」の有効性

マーケティング

【農業マーケティングの現場からVol.6】農業マーケティングツール「チョクバイ!」の有効性

連載企画:農業マーケティング

【農業マーケティングの現場からVol.6】農業マーケティングツール「チョクバイ!」の有効性

最終更新日:2019年02月04日

農業者専用のマーケティングツール「チョクバイ!」には農業マーケティングのノウハウが注入されています。農業者はウェブ上のプラットフォームを通して、自分たちの農園や農作物に関する情報を無料で配信でき、生活者は身近な直売情報をスマホから簡単に手にすることができるようになりました。農産物販売の現場で、実際にどのような効果があったのかについて、お伝えいただきます。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

今回は、ファーマーズ・ガイドが開発提供している「チョクバイ!」のマーケティングツールとしての有効性を、全国約8,000名の農業者を束ねて直売を推進する農業総合研究所と、共同で検証しましたので、その結果をお伝えします。

本実証実験に関するプレスリリースはこちらをご参照ください。

チョクバイ!とは

全国の直売所・観光体験農園・生産者の情報を集めたウェブサイトです。
地域や農産物から検索し、どこで買えるのか、誰が作っているのか、または旬の農作物の収穫体験を見つけることができます。
農業者の想いやこだわりをストーリーとして発信、生活者の「おいしかった」「ありがとう」の声がクチコミとして返ってくる、農業者と生活者をつなぐ新しい農業コミュニケーションのプラットフォームです。

実証実験の概要

==========================
概要:「チョクバイ!」のマーケティングツールとしての有効性を検証するために、千葉県東葛地区の直売所を対象として、「チョクバイ!」による情報発信を行い、その販売効果を測定しました

・対象期間:2018年11月中旬より約1カ月間
・対象店舗:千葉県東葛地区内大手スーパーインショップ(※)
※スーパー内産直コーナー
・対象農業者:当該直売所に出荷する生産者
==========================

まず、実証実験の対象店舗及び対象農業者を「チョクバイ!」へ登録、ウェブページを開設しました。「チョクバイ!」は、出荷先店舗と生産者とを紐づけられる仕様になっています。

※「チョクバイ!」ウェブページのイメージ

直売所店舗のページを閲覧すると、そこへ出荷している農業者のプロフィールが顔写真付きで掲出され、そこからさらに農業者の詳細情報ページへとリンクすることができます。
(直売所店舗のページだけでなくマルシェのページでも同様の仕様となります)

そして、該当ページの閲覧を増やすため、「チョクバイ!」上でウェブチラシ・検索結果上位表示・インタビュー記事などのウェブ施策を行いました。

※「チョクバイ!」ウェブ施策のイメージ(左からウェブチラシ・検索結果上位表示・インタビュー記事)

加えて、「チョクバイ!」ウェブページに掲載された内容をPOPとして出力し、店頭での施策も行いました。

「チョクバイ!」店頭POPのイメージ(こちらも無料で制作することができます)

ウェブ施策と店頭施策の掛け算により、販促効果をアップする仕掛けです。

「チョクバイ!」の効果は?

まずウェブ上での効果として、対象期間の1ヶ月で対象エリアの地元ユーザーを中心に、10,887人が「チョクバイ!」へ来訪し、多くのユーザーに対象店舗および対象農業者のウェブページを閲覧させることができました。

※チョクバイ!ウェブ上の効果実績

対象期間の1カ月で、対象店舗および対象農業者に対して寄せられたクチコミ は計26件。農家を応援するコメントやレシピ情報が集まりました。


※「チョクバイ!」に集まったクチコミのイメージ(「チョクバイ!」ではすべてのクチコミを審査しており、農家を応援するコメントのみがウェブ上へ掲載されます)

店頭においても、生産者を紹介するPOPに目を留め、商品を手に取る様子が見られました。

※店頭POPと商品を手に取る生活者の様子

気になる販売効果は?

農産物の販売において、市況変化や季節要因を完全に排除して検証を行うのは難しいことですが、下記のデータを確認できましたので公表します。

※実証実験の前後を比較したデータ

実証実験前の期間と実証実験中の期間を比較すると、100円程度の商品では、販売点数が減少しており、販促効果 は見受けられませんでしたが、これは小松菜が市況の影響を大きく受けたことが影響したためでした。150円・200円程度の商品(ダイコン・ニンジン・カブ・西洋野菜など)においては、販売数量が増加しており、販売点数の底上げ効果を確認することができました。特に値段の高い商品ほど販促効果が出やすい傾向があり、販売点数が最大で141.9%UPしています。

ウェブ施策によって買い物に行く前に情報を届けることで、生活者の来店目的や気分を変化させ、店頭施策によりそれを想起・強化させることができます。

ほか、数字以外の効果として、対象農家から「チョクバイ!」による情報発信を喜ぶ声が寄せられました。施策の対象店舗へ出荷を寄せたい気持ちを全員が持つ効果が見られています。

Q1.自分の紹介ページ、商品チラシやインタビュー記事が掲載されたことについてどう思いましたか?
  • ・すごくいい試みだと思います。
  • ・綺麗にまとめてもらっていたのでよかった。 など。
Q2.自分のPOPが出ている売り場についてどう思いましたか?
  • ・うれしかった。
  • ・綺麗にポップをつくってくれたのでよかった。
  • ・売上が高い店舗で展開してほしい。 など。
Q3.施策の対象店舗に出荷を寄せたい気持ちを持ちましたか?
  • ・もちろんその気持ちになった。
  • ・店舗に寄せる気持ちも出てくる。 など。

また、販売商品の値段が高い農業者ほど売上UPの手応えを感じており、全員が「チョクバイ!」による情報発信の継続を要望しました。

Q4.売上UPにつながる手ごたえはありましたか?
  • ・市況のからみもあったので何ともいえないが、インパクトとしてはあんまりなかった。
  • ・すごくあった。
  • ・細かい情報もアップして頂けているので、手ごたえはあった。など
Q5.オフィシャルサポーター、一般ユーザーからの応援クチコミについてどう思いましたか?
  • ・励みになった。
  • ・有難い。やりがいに繋がる。
  • ・消費者からの声が頂けるのでやりがいに繋がる。消費者にも返信をしたい。など
Q6.今後もこのような販促施策を行うべきだと思いますか?
  • ・ぜひ続けていってほしい。
  • ・継続していった方がいいと思います。どこで売っているのか問い合わせが多いので助かる。
  • ・ぜひ継続していってください。優先的に出している人を優遇してほしい。など

「チョクバイ!」は、パソコンやスマホの画面上で、無料で簡単に農業者のウェブページを作ることができ、ウェブチラシをはじめとした広告宣伝活動も行うことができます。さらに生活者からの良質なクチコミ「ありがとう」や「おいしかった」の声を集め、広げることができます。生活者を味方につけるという発想のもと、農業者のマーケティングにかかる手間や労力を極力抑え、直売商品の売上アップや売れ残り・廃棄率の低下を目指すための農業者専用のマーケティングツールです。

これからサービスをさらに拡張して行く予定ですが、登録無料・基本プラン無料ですので、農業者の皆様はご利用を検討いただけると幸いです。

<連載終わり>

【関連リンク】
チョクバイ!

【関連記事】
【農業マーケティングの現場からVol.5】農業を地域にひらく「食べるモノ」から、「食べるコト」に拡げる発想

【農業マーケティングの現場からVol.4】大切なのは、あなた自身の熱量の大きさ〜重要顧客との関係構築戦略

【農業マーケティングの現場からVol.3】地元のクチコミを大切に

 
>>農業マーケティングの現場からの記事をもっと見る!

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧