柏のブルーベリー農園に行ってみた!【親子で楽しむ食体験#02】

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 柏のブルーベリー農園に行ってみた!【親子で楽しむ食体験#02】

ライフスタイル
千葉

柏のブルーベリー農園に行ってみた!【親子で楽しむ食体験#02】

柏のブルーベリー農園に行ってみた!【親子で楽しむ食体験#02】
最終更新日:2019年08月22日

春にはかれんな釣り鐘状の花が咲き、夏にはみずみずしく甘い実がなり、秋には鮮やかな紅葉が美しい。四季の移ろいを感じさせるブルーベリーは、家庭果樹としても人気があります。今回は摘み取り体験ができるブルーベリー農園で旬を味わいながら、運営のコツや栽培方法について伺いました。

小カブからブルーベリー栽培へ

2019年6月4日、今シーズン開園初日の「染谷農園」(千葉県柏市)に行ってきました。こちらは市内に約15軒あるブルーベリー直売所の中でも、JR常磐線柏駅から車で12分・最寄りのバス停(東武バス 高田下)から徒歩3分と好アクセス。品質へのこだわりにも定評があり、近隣の洋菓子店が買い付けに訪れます。

ブルーベリー農園

毎年こののぼりが立つと、旬の到来

園主は、今年で11年目を迎える染谷進(そめや・すすむ)さん。元々は全国1位(2006年、農林水産省調べ)の収穫量で知られる柏市の代表野菜、小カブの生産者です。ブルーベリー農園を始めたきっかけは、1997年に全国的にブームとなったものの当時まだ少なかった国産ブルーベリーを、地域で作っていきたいという柏市経済産業部農政課の勧めがあったから。2006年に柏市が実施した、新規ブルーベリー農園への補助金制度を活用して農園を広げました。

ブルーベリー農園

現在育てているのは、例年6~7月に成熟するノーザンハイブッシュ系・サザンハイブッシュ系と7~9月に実るラビットアイ系など40種類、約800本。広い園内も隙間(すきま)なく防鳥ネットで囲み、鳥害対策も万全です。

ブルーベリー農園

オンシーズンは毎日5時から摘み取りと散水、15時ごろに再び水をまきます。ブルーベリーの根はとても細かい繊維状で比較的地面の浅い所で張り広がるため、地中の湿度管理が大切。

ブルーベリー農園

作業中も来園者があると、摘みたてのブルーベリーを量り売り(直売 500グラム・1200円)。繁忙期には奥さんや近くで小カブを生産している二代目・武範(たけのり)さんの協力が欠かせません。

ブルーベリー農園

この看板が目印

太陽のもとで青紫色の恵みをいただく幸せ

直売以外にも入園料無料(100グラム・200円)で自ら摘み取りができると聞き、早速親子で体験してみました。

ブルーベリー

ブルーベリーって緑色からだんだん紫色になるんだね!

と、始めてすぐに気付いた息子。生育中の実は日差しをたっぷり受けて、淡い緑色から赤みを帯びて紫黒色(青藍色)に。一方、ラビットアイ系はウサギの目のような愛らしいピンク色になるのが名前の由来とか。品種によって実の大きさや枝ぶり、葉の色・形・ツヤ感も違ってユニークです。

ブルーベリー農園

初夏に色づくハイブッシュ系。その年の開園時期の目安となる

親子で収穫しやすい高さの小果樹の間を歩きながら完熟した実を摘み、手元のカゴへ。この手軽さから、毎年地域の生涯学習サークルや子供会・学童保育などのグループが訪れるそう。

自分で摘み取るのも楽しいものですが、完熟を手軽に味わえるのは、やはり直売の良さ。朝のうちに収穫された厳選の一粒は、たまらなくジューシー。「ブルーベリーは1本ずつ個性があって、味が違うのも魅力」という染谷さんの言葉通り、ぜいたくな食べ比べになりました。

ブルーベリー農園

脱サラや定年後に始める人も多いけれど……

染谷さん

ずっしり重いカブを育てていたころに比べたら体力的には楽だけれど、爽やかな印象とは裏腹にブルーベリーってなかなかお金がかかるんだよ(笑)

アメリカ産のブルーベリー苗は、1鉢が約2800円。一般的にブルーベリーは他の株から受粉して実をつけるため、2本以上の木が必要となります。最近は1本でも結実するタイプが多いものの、満足のいく収穫ができるまでには約3年。実りが悪かったり枯れてしまう木があったりすれば差し替えられるよう、多く買い付けて育てています。

ブルーベリー農園

土壌の保水性を高めるために欠かせないのが、ピートモス(1袋約3800円)。ロシアやカナダなど苗の産地によってpHが異なるので、染谷さんが購入した苗の場合は最適値pH3.5~4 に土壌を保てる商品を選んで購入しなければなりません。

ブルーベリー農園

定植時には機械で掘った穴にピートモスを混ぜ込んで、苗木ができるだけ深く根付くように留意。根元の乾燥防止にバークチップも活用しています。

ブルーベリー農園

定植の様子

ブルーベリー農園

根元をやさしく守るバークチップ

前述の防鳥ネットも張るのに約300万円かかったと聞いて驚く私に、「土いじりが好きだから、これからもっと苗木を増やして農園を大きくしていきたい」と染谷さん。ブルーベリーに注ぐ、農園主の情熱の深さを感じました。

ブルーベリーの旬の収穫時期は6~9月ごろ、染谷農園では8月下旬まで摘み取りが楽しめます。ブルーベリー農園に興味のある方は、訪れてみてはいかがでしょうか。

ブルーベリー農園

染谷農園
千葉県柏市高田792
04-7143-8366

関連記事
静岡のイチゴ狩り農園に行ってみた!【親子で楽しむ食体験#01】
静岡のイチゴ狩り農園に行ってみた!【親子で楽しむ食体験#01】
子供が生まれて親になると、耳にする機会が多くなる「食育」。私たちが生きる上での基本として、さまざまな経験から食に関する知識を深め、選択する力を高めて、健全な食生活を実現できる人間を育てるという取り組みです。その語源は古…
ブルーベリーが「目に良い」と言われる理由とは?効果・効能について解説
ブルーベリーが「目に良い」と言われる理由とは?効果・効能について解説
ブルーベリーと聞くと思い浮かぶのが「目に良い」ということではないでしょうか。 「目に良い」と言われる成分が入っているのは、ブルーベリーに限ったことではありません。それでもブルーベリーが目に良いと言われるのはなぜでしょう…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧