武田の青汁『緑の習慣』って?特徴や原材料、どんな人におすすめなのか?

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 武田の青汁『緑の習慣』って?特徴や原材料、どんな人におすすめなのか?

ライフスタイル

武田の青汁『緑の習慣』って?特徴や原材料、どんな人におすすめなのか?

武田の青汁『緑の習慣』って?特徴や原材料、どんな人におすすめなのか?
最終更新日:2019年07月26日

健康に良いことで知られる青汁ですが、実際に摂取している人も多いのではないでしょうか。青汁には大麦若葉やケールなどの成分が含まれており、それが健康な体作りに役立っています。
そんな魅力的な青汁が武田から発売されているのです。ここでは武田のユーグレナを使用した青汁を紹介します。

武田の青汁の特徴は?

青汁というと様々メーカーが提供していますが、武田も美味しい青汁を送り出しています。具体的には、「ユーグレナ+青汁(カプセルタイプ)」、「ユーグレナ+青汁(粉末タイプ)」、「ユーグレナ+DHA・EPA(カプセルタイプ)」の3種類です。


それぞれに特徴がありますが、飲みやすさを重視している方には、このうちカプセルタイプが好まれているようです。野菜の味を楽しみたい方は粉末タイプをおすすめします。

武田の青汁である「緑の習慣」は、現代の日本の食卓に必要な野菜が不足していることに着目して作られました。
青汁には厳選された3種の国産野菜が入っているのが特徴です。
具体的には、大麦若葉と明日葉、そしてケールがあり、それら貴重な野菜が豊富に含まれています。
加えて健康食材として知られているユーグレナを組み合わせており、全体的に抹茶風味に仕上げたのが武田の青汁というわけです。

武田の青汁を飲むことで、日頃の野菜不足を解消できる可能性が高まります。
毎日の食事や水分補給の中において、武田の青汁を「飲む健康食品」として常備するのもいいかもしれません。
武田が目指しているのは、体に良い青汁を毎日続けて飲みたくなるような美味しさです。
毎日続けて飲んでいただきたいからこそ、武田は飲みやすさにこだわりを持って製造しています。


小さいお子さんからお年寄りの方まで、幅広い年代の層の方々に飲んでいただけるよう、日本人にとって馴染み深い抹茶を豊富にブレンドしているのです。
武田が提供している青汁は、野菜がもともと持っている旨味を十分に活かし、それに抹茶の風味を取り入れているからこそ、あのような絶妙な味わいを楽しむことができるのです。
武田の青汁は飲みやすさに重点を置いていることもあり、お茶代わりとしてもおすすめです。青汁を毎日の習慣にできる、それが武田の青汁の大きな特徴と言えます。

武田の青汁はユーグレナを配合

武田の青汁は他の青汁とは異なり、ユーグレナを配合しているのが特徴です。

特徴1

武田の青汁にはユーグレナが含まれています。
ユーグレナというのは、5億年もの前から存在している生物であり、ワカメやヒジキなどと同じ藻類で、大きな特徴は植物性と動物性の栄養素を一緒に持っていることです。
このユーグレナを豊富に含んでいるのです。


さらに、ユーグレナ以外にも豊富な栄養成分が含まれています。気になるその栄養成分について見ていきましょう。
まずビタミンで、ビタミン14種類があり、α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、その他、ナイアシンやパントテン酸、ビオチンや葉酸です。

次にミネラルで、ミネラルは9種類のものがあります。具体的には、マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウムです。

さらに、アミノ酸は必須アミノ酸含む18種類のものがあります。それらはバリンやロイシン、イソロイシンやアラニン、アルギニンやリジンなどです。
また不飽和脂肪酸は、DHAやEPA、パルミトレイン酸やオレイン酸などの11種類、その他、パラミロン(β-グルカン)やゼアキサンチン、クロロフィルやルテインなど、ぜひ摂取していだきたい栄養成分がタップリと含まれているのです。

特徴2

武田の青汁に含まれているユーグレナは、消化を妨げるような細胞壁を持っていません。野菜には硬い細胞壁がありますが、人はそれを分解する酵素を持っていません。


その一方でユーグレナには細胞壁がありませんので、より消化吸収率が高まり、基礎代謝アップに役立っているのです。

健康サプリメントには様々なタイプがありますが、武田の青汁には他のサプリメントにはない、バランスに優れた栄養素を含んでいます。
武田の青汁が、健やかな毎日をしっかりサポートしてくれることでしょう。

特徴3

武田の青汁は、カラダの中からキレイに美しくしてくれます。武田の青汁はミドリムシを配合しているのが特徴であり、ミドリムシは独自の成分である「パラミロン」を持っています。
このパロミロンが食物繊維と同じような性質を持っており、カラダの中から美をしっかりサポートしてくれるというわけです。


パロミロンというのはキノコ類に多く含まれている成分であり、β-グルカンの一種になります。
パラミロンを持っている生物は、地球上ではミドリムシだけなのです。
ミドリムシの細胞の中には貯蔵物質として、20~30程度のパラミロンが含まれています。
上記でも触れたとおりパラミロンは食物繊維の一種であり、小さい無数の穴であるミクロホールが開いたスポンジみたいな形状をしており、吸油性や吸水性に優れています。

そのような特殊な形状を活かし、パロミロンは様々物質を吸着してくれるのです。
さらに体内では有害物質とも吸着する特質を持っており、しかも吸着したままの状態で体外へ排出してくれます。
これが体内からキレイにできる理由であり、まさにパラミロンはボディクレンジングの役割を担っていると言えます。

国産の青汁野菜を3種類配合

武田の青汁は、国産の青汁野菜を3種類配合しています。

1.宮崎県産の大麦若葉


まずは宮崎県産の大麦若葉です。大麦若葉には、健康にためには欠かせない有効成分がタップリ含まれています。
そんな大麦若葉を多く取り入れているのです。宮崎県産の新鮮な大麦若葉を青汁で摂取できるのです。

2.三宅島産の明日葉


青汁には大麦若葉の他に明日場も含まれています。
明日場は三宅島産のもので、こちらも大麦若葉同様、新鮮なものを豊富に含んでいます。

3.宮崎県産のケール


武田の青汁にはケールも含まれており、こちらは大麦若葉と同じ宮崎県産のものです。
ケールには栄養成分が豊富に含まれており、青汁を摂取することでその有効成分をまるごと取り入れることができるというわけです。

こんな人におすすめ!


他メーカーの青汁と同じように、武田の青汁も多くの人たちから親しまれています。そんな武田の青汁は、どんな人におすすめなのでしょうか。

まずは、食事の栄養バランスに偏りを感じている方です。青汁には栄養成分がたくさん含まれていますので大丈夫です。
その他、健康で若々しく毎日を楽しみたい方や、豊富な種類の栄養素を摂取できる青汁が欲しい方にもおすすめです。
武田の青汁にはユーグレナが含まれていますので、継続使用することでより健康的なカラダにすることが可能です。

まとめ


武田の青汁を紹介しました。武田の青汁の大きな特徴は、製品にユーグレナが含まれていることです。
ユーグレナはパロミロンを持っており、これがカラダの中からキレイに美しくしてくれるというわけです。
ユーグレナが豊富に含まれた、武田の青汁を毎日飲んで健康なカラダ作りを目指してみませんか。

関連記事
青汁と野菜ジュースの違いを4つから比較!また、おすすめの青汁は?
青汁と野菜ジュースの違いを4つから比較!また、おすすめの青汁は?
健康食品には様々なものがありますが、体によいとされる製品のひとつに青汁があります。青汁はテレビのコマーシャルや新聞広告など、様々なシーンで登場しており、見かけることも少なくありません。ここではそんな青汁について、紹介し…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧