青汁に糖質は含まれている?糖質制限中の栄養補給におすすめの糖質が少ない青汁を紹介|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 食育・農業体験 > 青汁に糖質は含まれている?糖質制限中の栄養補給におすすめの糖質が少ない青汁を紹介

青汁に糖質は含まれている?糖質制限中の栄養補給におすすめの糖質が少ない青汁を紹介

青汁に糖質は含まれている?糖質制限中の栄養補給におすすめの糖質が少ない青汁を紹介

青汁に糖質が含まれているのか、生活習慣の見直しなどで糖質制限をしている方は気になるでしょう。青汁は栄養価が高く、健康維持や、ダイエット時に不足しがちな栄養の補給におすすめです。そこで今回は、糖質制限中でも飲みやすい、糖質を含まない・少ないおすすめの青汁を紹介します。

青汁に糖質は含まれているの?

青汁には糖質が含まれている場合がありますが、穀類やイモ類など糖質を多く含む原材料は、多くの青汁製品で使われていないのが一般的です。
青汁には、原材料によって多少の差はありますが、1回に飲む量の中に糖質は多くておよそ2.0g、少ない青汁の場合は、0.5から1g以下程度しか含まれていません。茶わん1杯のごはん(白米150g程度)に含まれる糖質は約50gなので、青汁の糖質の量はごはん1杯の約25分の1から100分の1です。

糖質を含んだ青汁を避けた方がいい人

青汁の種類によっては果物が使用されていたり、飲みやすさを重視して糖を含んだりするものもあります。糖質が含まれた青汁を避けたほうがいい方について解説していきます。

低糖質ダイエット中の人

糖質を摂ると、体内でブドウ糖や果糖などに分解されて吸収され、血液によって全身に運ばれます。すい臓から分泌されたホルモンの一種インスリンによって、エネルギー源として利用されたり、余れば肝臓・筋肉・脂肪組織に蓄えられたりします。
そのため、糖質を多く摂りすぎると血糖値が急上昇して、余った糖質が脂肪となって太りやすくなる可能性があります。

糖質を含む青汁の特徴

青汁には、少量の糖質が含まれるものが多い傾向です。しかし、穀類やイモ類など糖質を多く含む原材料は使われていないか、使われていても少量のため、青汁に含まれている糖質は、糖質制限が必要な方にとってもほとんど気にならない程度の量です。

そのなかでも糖質が多いと考えられる青汁の特徴は、青汁の主な原料である大麦若葉、明日葉、桑の葉などのほかにイモ類や果物を加えている青汁です。正確な量はメーカーの公式ホームページの成分表示で確認できます。

糖質が少ない/含まれない青汁5選

糖質が少ない、または含まれない青汁で、おすすめの製品を紹介していきます。

商品名 糖質含有量(1包あたり)
大正製薬/ヘルスマネージ大麦若葉青汁
<難消化性デキストリン>
0.7g
大正製薬/ヘルスマネージ乳酸菌青汁 0.7g
大正製薬/ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン> 1.2g
ファンケル/1食分のケール青汁 1.9g
グランデ/ドクターベジフル青汁 多少量含まれる可能性あり

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>(大正製薬)

含まれる糖質の量は、メーカーの公式ホームページの成分表示によると1回分に最大で0.7gです。特徴は難消化性デキストリンと呼ばれる、とうもろこしやじゃがいものデンプンから作られる水溶性食物繊維が配合され、特定保健用食品(トクホ)に指定されていることです。

デキストリンは、小腸粘膜からの糖の吸収を穏やかにする働きがあります。糖の吸収を穏やかにするので、食後の血糖値の急激な上昇を避けたい方におすすめです。

青汁は、食事と一緒に継続して飲み続けることが重要です。「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」は抹茶が配合されて青汁特有の飲みにくさもないため、継続して飲み続けやすいでしょう。

大正製薬「ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>」の詳細はこちら

関連記事
食後の血糖値が気になるあなたに!ベストタイミングで青汁を飲んでより健康に
食後の血糖値が気になるあなたに!ベストタイミングで青汁を飲んでより健康に
血糖値が気になるけど、どうすればいいのかわからない。 青汁が高めの食後血糖値にいいって聞いたけど、本当? こういったお悩みをお持ちの方がこの記事を読んでくださっているのではないかと思います。 青汁にもたくさん種類が…

ヘルスマネージ乳酸菌青汁(大正製薬)

含まれる糖質の量は、メーカーの公式ホームページの成分表示によると1回分に最大0.7gです。この青汁には、4つのおすすめポイントがあります。それは、「1杯の青汁に乳酸菌を約200億個配合」「独自バランスで配合された食物繊維」「大麦若葉の栄養を丸ごと摂ることが可能」「乳酸発酵させたエキスの配合」です。

食物繊維は、水溶性が 1.2g、不溶性が 0.6gと割合が2対1になっており、食物繊維を摂るときに理想的と言われる比率で含まれています。また、青汁の原料に大麦若葉以外にゴボウ、キダチアロエ、ゴマ、キャベツ発酵エキスを使い、より多種類の栄養成分が摂りやすい青汁です。

大正製薬「ヘルスマネージ乳酸菌青汁」の詳細はこちら

関連記事
【大正製薬の乳酸菌青汁】をオススメする6つのポイントとは?
【大正製薬の乳酸菌青汁】をオススメする6つのポイントとは?
通販サイトなどを見てみると様々な青汁製品を見ることができます。それら青汁は各メーカーから提供されており、その中のひとつが「大正製薬」の青汁です。 大正製薬では乳酸菌青汁がありますが、ここではこの乳酸菌青汁についてその魅…

大正製薬/ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>

含まれる糖質は、メーカーの公式ホームページの成分表示によると1回分に1.2gです。この青汁の大きな特徴は、キトサンと呼ばれる不溶性の食物繊維が含まれていることです。

悪玉コレステロールを低下させる働きがあるキトサンを青汁に配合することで、美味しく成分を摂取することが可能に。実際に、ヘルスマネージ大麦若葉青汁を摂取した方に、悪玉コレステロール値の低下を促す効果が現れたことも確認できました。

ダイエットを考えている方や、脂っぽい食事が好きな方の健康管理にもおすすめの商品です。

大正製薬/ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>の詳細はこちら

関連記事
「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」の魅力!いま飲むべき理由を徹底解剖
「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」の魅力!いま飲むべき理由を徹底解剖
健康に強い関心が集まる近年、通販番組やインターネットなど様々な媒体で青汁を目にする機会が増えました。数ある青汁の中でも、特に注目されているのが「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」です。「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 …

1食分のケール青汁(ファンケル)

含まれる糖質の量は、パッケージの成分表示によると1回分に1.9gです。この青汁の特徴は、一般的な青汁の原料である大麦若葉を使用せず、栄養価の高い国産ケールを100%使用している点です。

また1杯で、1食分の緑黄色野菜40g分のケールを使用しているので、ダイエット中に不足しがちな野菜の量をしっかり補いたい方におすすめです。飲みにくいとされるケールの苦みを抑える独自の製法と、水に溶けやすくなるように作られていることから、栄養とおいしさ、飲みやすさが備わっている青汁だといえるでしょう。

ファンケル「1食分のケール青汁」の詳細はこちら

関連記事
ファンケルの青汁が人気な理由は?ケールの青汁でも飲みやすいって本当?
ファンケルの青汁が人気な理由は?ケールの青汁でも飲みやすいって本当?
テレビのコマーシャルや健康雑誌など、様々なメディアで見かけるもののひとつに青汁があります。 手軽に飲める健康食品として人気があり、ユーザーの需要を察してか、各メーカーとも様々な種類の青汁製品を提供し続けているのです。 …

ドクターベジフル青汁(グランデ)

この青汁に含まれる糖質の栄養分析をメーカーは行っていません。原材料に黒糖やイモ類が含まれているため、他の青汁より多少高い可能性も考えられます。特徴は、大麦若葉、ケール、桑の葉以外に18種類の野菜を加えて作られていることです。

厚生労働省は、いろいろな種類の野菜を毎日350g食べることを推奨しています。その点、この青汁はさまざまな野菜から栄養を取れるため、糖質制限で食べる量が少なくなったとき、あるいは食べるものが偏ったときの栄養補給にもおすすめです。

グランデ「ドクターベジフル青汁」の詳細はこちら

関連記事
ドクターベジフル青汁ってどうなの?特徴・価格・原材料について調べた結果
ドクターベジフル青汁ってどうなの?特徴・価格・原材料について調べた結果
健康のため、青汁製品を摂取している人も多いのではないでしょうか。 青汁は人気がある製品であることから、様々なメーカーからも提供されています。 そのひとつが「ドクターベジフル」です。今回はドクターベジフルの青汁製品につい…

青汁に含まれる糖質の量は比較的少ないので、ダイエット中の栄養補給にもおすすめ!

今回、1回分に含まれている糖質が約2.0gから1g以下の青汁を中心に、栄養をバランスよく摂れるおすすめの青汁を4つ紹介しました。青汁に含まれる糖質の量は比較的少なく、糖質を制限している方なども安心して飲めるものが多いでしょう。

青汁は栄養成分を効率的に摂ることができるので、栄養が偏りがちなダイエット中にもおすすめです。ぜひ取り入れてみてください。

低カロリーの青汁はこちらで紹介
青汁のカロリーってどれくらい?ダイエット中の栄養補給におすすめのカロリーの少ない青汁を紹介
青汁のカロリーってどれくらい?ダイエット中の栄養補給におすすめのカロリーの少ない青汁を紹介
青汁にカロリーはあるのか、あればどれくらいなのか、ダイエット時に不足しがちな栄養の補給で青汁を活用したい方や健康維持を考えている方には気になるポイントでしょう。そこで今回は、気になる青汁のカロリーや、ダイエット中におす…

ノンカフェイン・低カリウムの青汁はこちらで紹介
青汁にカフェインは含まれているの?カフェインを含まない・少ない青汁を紹介
青汁にカフェインは含まれているの?カフェインを含まない・少ない青汁を紹介
青汁を健康のために飲みたいけれど、妊婦の方やお子さんにも飲ませたい場合、カフェインが含まれているのか気になる人も多いのではないでしょうか?カフェインは健康に良い働きもありますが、摂りすぎると体に影響を与える可能性もあり…
青汁にカリウムは含まれているの?カリウム制限中の人に低カリウムの青汁を紹介
青汁にカリウムは含まれているの?カリウム制限中の人に低カリウムの青汁を紹介
青汁にカリウムが含まれているのか、含まれていればどの程度の量か、腎臓への影響が気になる方は知っておきたいポイントでしょう。そこで今回は、青汁に含まれるカリウムについてや、おすすめのカリウム量の少ない青汁を紹介します。

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧