NTTグループの技術力が、農業と融合することで生み出される次世代の姿に注目――2019年10月9日~11日の3日間、『第9回 農業Week(幕張メッセ)』に出展

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > NTTグループの技術力が、農業と融合することで生み出される次世代の姿に注目――2019年10月9日~11日の3日間、『第9回 農業Week(幕張メッセ)』に出展

PR
農業ニュース

NTTグループの技術力が、農業と融合することで生み出される次世代の姿に注目――2019年10月9日~11日の3日間、『第9回 農業Week(幕張メッセ)』に出展

NTTグループの技術力が、農業と融合することで生み出される次世代の姿に注目――2019年10月9日~11日の3日間、『第9回 農業Week(幕張メッセ)』に出展
最終更新日:2019年09月30日

NTTグループは、通信事業で培ってきたICTを活用し、農業分野の課題解決に取り組んでいます。2019年10月9日~11日の3日間、幕張メッセで開催される農業イベント『第9回 農業Week』に、NTTグループとして11社合同でブース出展を予定しています。通信事業を中心に、日本全国でさまざまなサービスを展開するNTTグループが、どのような思いで農業分野に取り組んでいるのか、『第9回 農業Week』ではどんな技術やサービスを紹介するのかを、取材しました。

【イベント情報】

第9回農業Week
期間:2019年10月9日(水)~11日(金)
会場:幕張メッセ 小間番号:32-1
イベントのホームページはこちら

『第9回 農業Week』で、NTTグループ11社が最新の取り組みやサービスを紹介

「もともとは公社だったこともあり、私たちには公共性の高い取り組みが求められています」と、日本電信電話株式会社の久住嘉和さんが語るように、社会問題への対応もNTTグループの大切な使命です。

その一環としてNTTグループでは、通信事業で培ってきたICTを活用し、農業分野の課題解決に取り組んでいます。農業を基幹産業とする地域は多いものの、現在、日本の農業は就農人口の高齢化と担い手不足、それに伴う耕作放棄地の増加、異常気象による収量の増減、農業者自身による新しい販路確保の難しさなど、さまざまな課題を抱えています。

日本電信電話株式会社

日本電信電話株式会社 研究企画部門 久住嘉和さん

『農業Week(旧 農業ワールド)』にはNTTグループとして参加を続けており、今回の『第9回 農業Week』で5年連続・5回目の出展となります。持株会社であるNTTを中心に、NTT東日本、NTTドコモ、NTTデータなど、11社が最新の取り組みやサービスを展示します。

「会場では、NTTグループが掲げるコンセプトである『食農バリューチェーン』を、円形にレイアウトしたブースで表現します」と話すのは日本電信電話株式会社の村山卓弥さんです。円形に配したブースの外周で各社の取り組みを紹介し、内側では体験型のデモンストレーションを行う予定だといいます。

日本電信電話株式会社

日本電信電話株式会社 研究企画部門 村山卓弥さん

「『食農バリューチェーン』の各フェーズで、各社が連携してサービスを展開しています。それらの技術やサービスの組み合わせで、お客様にとっての最適なソリューションを提供できるのがグループ力です」と村山さん。

日本電信電話株式会社

「“質の高い商品(作物など)を安定供給する”ことは大前提として、そのうえで多くの農業者が抱えている販路や物流の課題までをICTを活用することで解決するソリューションを展開し、『生産』、『流通』、『加工』、『消費』のバリューチェーンをグループ全体で支援していきたい」と久住さん。

こうした取り組みを可能にするのがNTTグループの強みである「地域性」と「技術力」にあると語ります。

通信事業で全国各地に拠点を持ち、地域に根ざした活動が行えることに加え、先進技術の研究開発環境が充実していることが、バリューチェーンのあらゆるところにソリューションを提供できる対応力に繋がっています。

グループ各社は、それぞれの得意分野でソリューションを展開し、今回のブースでも最新の取り組みを確認することができます。

日本電信電話株式会社

例えば、NTTドコモとNTTコムウェアは、農業者と買い手となる企業を繋ぐBtoB向け作物直取引システムの実証実験を株式会社TSUNAGUと展開。また、水田用のセンサーなど露地栽培向けのソリューションも提供しています。

NTTファシリティーズは小規模施設向けの植物工場、NTTデータは営農支援プラットフォーム『あい作™』といった具合に、分野ごとの棲み分けが図られています。

NTT東日本では、「農業向けIoTパッケージ」、「IoTを活用した鳥獣害対策」、「次世代施設園芸ソリューションに取り組む新会社NTTアグリテクノロジー」の3つの取り組みを紹介します。

今回はグループを代表して、NTT東日本の阿部正和さんと熊田圭吾さんに、『第9回 農業Week』での出展内容についてお話を伺いました。

『生産』にフォーカスした農業向けのソリューションを展開するNTT東日本

NTT東日本でも地域の活性化を目指し、農業向けのソリューション開発に力を入れています。特に「収益性の低さ」と「人手不足」という農業分野の課題を、IoTを活用することで解消することを目指しています。

今回の『農業Week』では、農業向けIoTパッケージとして『ギガらくW-Fi IoTサポートオプション 農業タイプ』と『eセンシング For アグリ』の2つのサービスを紹介。

これらのサービスは、温度や湿度などの圃場の状態をセンサーやカメラで可視化するソリューションで、見回りなどの省力化を実現するツールとして農業現場での活用が始まっています。ブースでは、実際の圃場で収集されているデータを遠隔地である会場でリアルタイムに確認できるコーナーを設ける予定です。

日本電信電話株式会社

東日本電信電話株式会社 経営企画部 阿部正和さん

また、今、農業界で大きな問題になっている鳥獣害の対策としては、NTT東日本が千葉県木更津市とスマートシティのモデル構築に向けた共同実証実験の一環として取り組んでいる『IoTを活用した鳥獣害対策』について紹介します。

赤外線センサーやネットワークカメラによる鳥獣害の検知や、地理情報システム(GIS)などの技術を活用した効率的なイノシシの捕獲など、現在進行形の鳥獣害対策向けのソリューションを解説。将来的には、ジビエ産業の展開などにも繋げる試みです。

日本電信電話株式会社

東日本電信電話株式会社 ビジネス開発本部 熊田圭吾さん

さらに、2019年7月に設立したNTTアグリテクノロジーの取り組みについても紹介します。農作物の安定供給という面で、これからの農業のカギを握るといわれる次世代施設園芸。

この運用ノウハウを確立し、事業者に提供することを目的に作られたのがNTTアグリテクノロジーです。現在は実証ファームを構築中で、2020年の夏から秋には運用・栽培を開始します。この自社農場でノウハウを蓄積し、ソリューションとして展開する予定です。

個人の農業者でも導入しやすいパッケージ化されたIoTソリューションから、地方自治体との取り組みや、農業法人の可能性を広げる次世代施設園芸ソリューションまで、幅広い農業向けソリューションを展開するNTT東日本。

農業者だけでなく、地域の農業振興を図りたい自治体や、農業事業の展開を進めたい企業担当者は必見です。

先進技術で農業と地域の活性化を目指す! NTTグループの最新の取り組みを紹介

グループの中心となるNTTも、農業分野での新しい取り組みの数々を紹介します。

マイナビ農業の記事でも紹介した、準天頂衛星みちびきに対応したドローンや先進的なAI技術を活用したデータドリブンなスマート営農ソリューション(水稲)の構築に向けた実証実験『みちびき営農ソリューション』からは、AIによる稲の生育状態や病害虫の診断、病害虫の予測などを展示。

さらには、NTTグループと岩見沢市、北海道大学との農業分野における産官学連携によるロボット農機と最先端の情報基盤の構築への取り組みについても紹介します。

日本電信電話株式会社

また、日本で唯一の食マネジメント学部を持つ立命館大学との連携により、食の新たな価値を創造する『Gastronomy Wellbeing』も紹介。NTTが世界に誇る研究機関の最先端の取り組みに触れることができます。

日本電信電話株式会社

最後に、『第9回 農業Week』に来場予定の方に向けたメッセージを尋ねると、「先進技術を組み合わせ、農業が抱える課題解決に取り組んでいるNTTグループのソリューションを見に来ていただければと思います。ICTが農業と融合することで、生み出される次世代の農業の姿を体感してください」とNTTの久住さん。

来場された方は、ぜひNTTグループのブースに足を運んでみてください。

出展する各社の「見どころ」と「キーパーソン」

【生産】
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社

エンタープライズビジネス事業本部
金融ビジネス部 銀行証券部門 JA/JF系統営業担当
TEL:03-5796-3762
E-mail:comware-blof-ml@nttcom.co.jp
Web:https://www.nttcom.co.jp/

担当部長
梅下博史

初心者でも簡単に!BLOF理論で高品質・高栄養価・高収量の有機栽培!

BLOF理論とは、アミノ酸、ミネラル、土壌の3つの分野に分けて科学的に営農することで、 高品質・高栄養価・高収量な農作物を安定生産できる有機栽培技術です。BLOF営農支援サービスを利用することで、初心者でも従来より簡単にBLOF理論を実践できます。NTTコムウェアでは、BLOF理論の実践をトータルでサポートするBLOF営農支援サービスを、NTTドコモ社と連携の上、推進していきます。

【生産】
NTTテクノクロス株式会社

フューチャーネットワーク事業部
TEL:045-212-7484(戦略ビジネス特区:田口)
E-mail:taguchi.mari@ntt-tx.co.jp
Web:https://www.ntt-tx.co.jp/products/s-agri/

アシスタントマネージャー
酒井 歩

手軽な電池式の無線小型センサーを環境制御ハウス内に複数設置することでハウス内の環境情報をスマートフォンなどでいつでもどこでも簡単に3次元ヒートマップ表示で確認できます。ハウスの隅々までわかるため農作物に適した環境の対応ができます。また、適切な温湿度管理による無駄な暖房費の削減対策の検討に役立ちます。ハウス内に配線を引く必要がないため導入も手間がかかりません。NTTデータの営農支援プラットフォーム「あい作」と連携して利用することで、さらなる営農活動の質の向上と効率化、生産現場の蓄積データの数値をもとにした圃場計画の実現を可能にしていく予定です。

【生産】
株式会社ハレックス

ビジネスソリューション事業部
TEL:03-5420-4313
E-mail:info_weather278@halex.jp
Web:https://www.halex.co.jp/

酒井紀子

ハレックスがサービス提供しているJA全農のアピネス/アグリインフォ「1㎞メッシュ気象情報」に新機能が追加となりました!

1㎞メッシュ気象情報は全国の天気、気温、降水量、風向風速、湿度の実況や予報をピンポイントで確認できる他、自宅や圃場を10か所まで地点登録し、最新の定点予報を確認できます。昨年は気象グラフかんたん作成機能が追加になり、今年はアラートメール送信機能が追加になりました。圃場毎にアラート条件を設定できます。設定した県の病害虫発生速報もメールでお知らせします。さらに世界の気象情報が知りたい企業のために世界版のAPIもご紹介します。

【生産】
NTTデータカスタマサービス株式会社

営業本部営業戦略部
TEL:03-5690-2425
E-mail:takehiray[nttdatacs.co.jp
Web:https://www.nttdatacs.co.jp/

部長
竹平吉彦

弊社では、農機の自動走行(自動操舵)アシストシステム「High-G」を展開しておりますが、ネットワーク形RTK衛星測位方式を利用しているため農機とのラストワンマイル通信としてモバイル網が必須でしたが、農地ではモバイル不感地帯も多く特に人家から離れた地域、中山間地などでは数多く存在します。

今回、御紹介する「High-G(Private)」は、モバイル不感地域対策としてラストワンマイルにプライベートLTEもしくはローカル5Gを使用したシステムで、ラストワンマイルまでのネットワーク中継方式としては、光回線、長距離無線リンクなどを利用し、ネットワーク中継が難しい場合は、ローカルに屋外型RTK基地局を用意します。プライベートLTE部分は、NTTテクノクロス株式会社と連携し提供いただいております。モバイル不感地域、中山間地域などへのスマート農業を広く進める上でのソリューションとして普及を目指します。

【流通】
株式会社NTTドコモ

第一法人営業部 地域協創・ICT推進室 第二・第一
TEL:03-5156-2511
E-mail:pw_fs_agn-ml@nttdocomo.com
Web:http://tsunagu.cc/yokohama

川野・金平

JA横浜と実証実験中の農産物の売買マッチングシステム「Tsunagu」の取組についてご紹介します。B to B向けの事前予約直売のため、農産物の保存期間を大幅にカットすることが可能となり、鮮度の良い農産物を直売価格で購入できます。さらに、安定した品質と量の農産物を事前予約することで、調達の不安を解消します。売り手については新しい販路の確立、売上の向上が期待できます。展示スペースでは「売り手」や「買い手」のデモ画面をご覧いただきながら、実際の取引がどのように行えるのかをご説明いたします。

【生産】
株式会社NTTドコモ

法人ビジネス本部 第二法人営業部
E-mail:smartagri-support-ml@nttdocomo.com
Web:https://www.nttdocomo.co.jp/biz/

担当課長
髙木卓也

地球上のどこでも植物にとって水耕栽培の最適な環境をコントロールできる、「植物生理モデル」を搭載したIoT-GWをパッケージ提供し、NTTドコモが生産データを活用することで、「計画生産(収量予測・播種推奨時期など)」を実現するソリューションです。

 -だれでも、どこでも水耕栽培農法の再現ができ、データの蓄積と活用で農業におけるビジネス課題を解決する。

 -SDG‘sの取組みとして、生産時の品質向上、収穫時の廃棄ロス削減を実現する。

株式会社NTTPCコミュニケーションズ

サービスクリエーション本部
TEL:03-6203-2701
E-mail:r_mori@nttpc.co.jp
Web:https://www.nttpc.co.jp/service/rakutaro/

森泉龍太

NTTPCコミュニケーションズは、屋外センサーが発信するデータを活用した「IoTサービス」として、鳥獣わな監視通報装置「みまわり楽太郎」を出展します。深刻化する鳥獣被害に対して、罠の作動をメールで通知し、みまわり労力を軽減します。本装置は檻・罠が作動した際に起動し、猟師や自治体担当者に罠が作動したことをメールでお知らせします。

さらに、写真や日報などの管理機能を備え、罠のみまわりや鳥獣捕獲の履歴をクラウド上で管理することができます。今回、LPWA機能を備えた「みまわローラ」親機・子機の新規リリースにより、携帯電話(3G)圏外でも、檻罠監視装置が利用できるようになりました。


 

NTTグループの農業×ICTの取り組みはこちら

 

<お問い合わせ>
日本電信電話株式会社
研究企画部門 食農プロデュース担当
久住、村山
東京都千代田区大手町一丁目5番1号
agri-ml@hco.ntt.co.jp

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧