井関農機 欧州、タイ、韓国向けの新モデルを発表

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 井関農機 欧州、タイ、韓国向けの新モデルを発表

農業ニュース

井関農機 欧州、タイ、韓国向けの新モデルを発表

井関農機 欧州、タイ、韓国向けの新モデルを発表
最終更新日:2020年02月14日

井関農機は2019年12月11日、アジア、欧州向け、国内向けに20品目34型式の海外新商品を発表しました。欧州向けの商品は排ガス規制に対応しており、タイ向けには馬力を高めたトラクタを、韓国向けには直進アシスト機能を備えた田植え機など3機種を発表。各市場ニーズに応えたモデルで農業の生産性向上を目指します。

アジアへ新商品を続々投入 生産性向上を目指す

韓国向けにはトラクタ「TJV755・985」、田植機「NP80D-Z」、コンバイン「HJ5101~7135」などの発売を開始しました。特に、フラッグシップモデルとなるコンバインHJシリーズは、高性能、高品質の日本製農機を求める韓国市場からの要望で2019年5月より発売を開始しています。

HJシリーズ

タイ向けには、戦略トラクタ「NT540」をベースに、最高出力42馬力を実現した新型「NT542」を新発売。タイ市場で求められるハイパワーによるパフォーマンスと作業時間短縮を実現します。

NT542

急速な経済発展が進むミャンマー市場には、長時間作業への耐久性、耐燃費を実現したトラクタ「NT540」を投入しました。

NT540

欧州の環境規制に対応 景観整備市場も狙う

欧州向けには、これまで以上に厳しい排ガス規制StageVに対応する内製エンジンを搭載した大型集草専用フロントモーア「SF551」、トラクタ「5420H」、サブコンパクトトラクタ「TXGS24」などをリリースしました。環境負荷低減と持続可能な社会を目指し、SDGsへも対応していきます。また、欧州ならではの景観整備市場に向けて、サブコンパクトトラクタ「TXGS24」用純正フロントローダ「FFL395」を発売しました。草刈や除雪だけでなく、フロントローダを装着して土砂の積み下ろし、整地作業、石や薪などの運搬にも対応できます。

FFL395+TXGS24

2020年に創立95周年を迎える井関農機。冨安司郎社長は、「『農家を過酷な労働から解放したい』という創業理念に立ち返り社会的存在を意義を考え、2025年の創立100周年に向けて、国内外で確固たる地位を築いていきたい。」と中期ビジョンを語りました。農業課題との結びつきも深いSDGsへの取り組みにも意欲を示しています。

井関農機

関連記事
不慣れな人も自宅でできる! 刈払機の管理とメンテナンス
不慣れな人も自宅でできる! 刈払機の管理とメンテナンス
秋まで酷使し続けた刈払(かりばらい)機。草刈りシーズンが終わり一息つくこの季節に、しっかりとメンテナンスして、翌年もがんがん使いたい。でも、どこを見ればいいのだろう? 今回は、筆者がお世話になっている機械屋さんに、誰で…
農機具屋が教える「農機具屋いらずの素人でもできる管理機のメンテナンス」
農機具屋が教える「農機具屋いらずの素人でもできる管理機のメンテナンス」
ここは“唐沢農機サービス”という農機具屋。農業機械の販売・整備・修理・再生をやっている会社です。今回は、農機具屋みずからがヒマになってしまうようなことを、そっと伝授したいと思います。題して「農機具屋いらずの素人でもできる…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧