農家が教えるオクラの育て方 家庭菜園におすすめの夏野菜! カギは収穫のタイミング

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 農家が教えるオクラの育て方 家庭菜園におすすめの夏野菜! カギは収穫のタイミング

生産技術

農家が教えるオクラの育て方 家庭菜園におすすめの夏野菜! カギは収穫のタイミング

連載企画:農家が教える栽培方法

農家が教えるオクラの育て方 家庭菜園におすすめの夏野菜! カギは収穫のタイミング
最終更新日:2020年06月26日

オクラ栽培は、数ある夏野菜の中でも特に家庭菜園にオススメです。縦に長い植物ですが、横に広がらないのでスペースをとらない。畑に直接まけば育苗する必要もない。毎日少しずつ収穫できる。虫や病気が少ない。収穫以外には手間もあまりかからない。それでいて栄養価も高く、夏に食べたくなる野菜です。家庭菜園をするならぜひ数株だけでも植えておきましょう。

オクラ栽培について、以下の栽培カレンダーに沿って解説していきます。

オクラ

オクラの畑の準備 土づくり

オクラは非常に吸肥力の旺盛な植物です。堆肥(たいひ)はもちろん、肥料を切らさないようにしましょう。
連作すると、センチュウ等、生育を阻害する微生物が土壌中に増加するので、できるだけ昨年オクラを植え付けた場所には植えないようにしてください。
また、寒さにとても弱いため、早く植えてしまうとすぐに枯れてしまうことがあります。5月のゴールデンウイークを過ぎてからでも十分間に合いますので急がずに準備しましょう。

オクラ

植え付け2週間前には1平方メートルあたり5キロの堆肥と、50グラムの苦土石灰を散布して土に混和しておきます。
そして植え付け1週間前には有機配合肥料を100グラム投入して畝を立てます。有機配合肥料がない場合は化成肥料でも構いません。化成肥料の場合は50グラムでよいでしょう。
畝の高さは15~20センチ以上の高い畝にした方が後半まで生育が良くなります。長期間の栽培になりますので、マルチビニールを張っておくとよいでしょう。

オクラの種まき

オクラは育苗して植え付ける場合も多いでしょうが、畑に直接まいても十分よく育ちます。むしろ家庭菜園においては育苗するよりも直接まいた方が生育がよい場合が多いので、5月上中旬以降に直接まいてしまいましょう。

オクラ

30センチ間隔に穴を開けて、しっかり水やりをした後で、一カ所5粒ずつまいて土をかぶせていきます。覆土は1センチ程度が目安です。

オクラの間引き

オクラ

オクラは1カ所に3株程度同時に成長させていって構いません。1カ所から5芽すべて発芽した場所は、元気が良いものを3株残して、他はハサミで切ってしまいましょう。
種まきから1カ月後が間引きの適期です。

オクラの追肥

6月下旬からオクラの追肥スタートです。
これからどんどん花が咲いて実がなっていきますので、収穫終わりまで隔週、化成肥料を1カ所にスプーン1杯ずつ追肥してください。
気候によってはオクラは11月までずっと収穫し続けることができますが、収穫した分、肥料を足していかないと草勢がどんどん弱っていきます。

オクラ

上図のように成長点から開花位置までの長さが短くなってきたら(先端付近で花が咲きだしたら)肥料が足りていない証拠です。すぐに追肥をしてあげてください。

オクラの支柱立て

オクラは特別仕立てることをしなくても立派に自立することができます。
しかし、栽培中に台風シーズンが来ることから、運が悪い場合はオクラが全部倒れてしまうことがあります。台風直撃(天気図で台風の渦の右側にあたる)の予報が出ているときは、支柱を立てて結んであげましょう。
一回倒れたくらいなら、根さえ切れていなければオクラはすぐに自分で立ち上がることもできます。

オクラの収穫

オクラの栽培管理において最も大切なのは収穫作業です。
オクラの栽培適期は非常に短く、最盛期は、朝とり忘れたらもう夕方にはもう筋張っていて食べられないくらい大きくなっていることがあります。早め早めの収穫を心がけましょう。

根元からハサミで切り取って収穫しますが、筆者はオクラを食べるのは大好きなのですが、手がかゆくて仕方なくなるのでゴム手袋をしないと植物に触れません。
似たような体質の方は注意してください(触ってみるまで分からないでしょうが……)。

オクラの葉かき

オクラの収穫と同時にやるべき大切な作業が、葉かきです。

オクラ

下から順々にオクラは花を咲かせ、結実していきますが、一番下になっているオクラの直下にある葉を残して、すべて切り取ってしまい、すってんてんの裸ん坊にしてしまいましょう。
風通しが良くなって病気や虫も付きにくくなりますし、収穫も楽になりますし、良いことずくめです。

オクラの病害虫

オクラは病害虫の少ない作物ですが、アブラムシやカメムシなど、他の作物でもよく出てくる害虫にはやはり侵されてしまいます。
葉かきをちゃんとしていれば、発生するとすぐに発見できると思いますので、見つけ次第捕殺しましょう。市販の殺虫スプレー等で対処してもよいでしょう。
病気としては、最も多いのがうどんこ病ですが、追肥と水やりを怠らなければ比較的発生が少ないです。高畝、マルチング、葉かきをちゃんと守っていれば、十分無農薬で栽培できますよ。

以上がオクラの育て方になります。夏に欲しくなるネバネバを自分で育ててみましょう!

関連記事
農家が教えるパプリカ・カラーピーマンの育て方 仕立てのポイントを図解
農家が教えるパプリカ・カラーピーマンの育て方 仕立てのポイントを図解
ピーマンの中でも着色が特殊な品種をカラーピーマンと呼び、その中でも大型の肉厚ベル型品種をパプリカと分類しています。 特殊な作物であるにもかかわらず、圧倒的な見栄えの良さから、食卓ではもちろん、ホームセンターの苗コーナー…
農家が教えるミニトマト栽培 最後まで鈴なりの実を付けさせる方法
農家が教えるミニトマト栽培 最後まで鈴なりの実を付けさせる方法
ミニトマト栽培は簡単で難しい。 ミニトマト栽培は、小学生に園芸体験でなんとなくできてしまう程度には容易で、ベテラン園芸家が「一番難しい」と言う程度には難度の高い品目です。枯らすことは少ないけれども、たくさん収穫しようと…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧