マルシェの売り上げはもっと増える! だれでもできる工夫とは|マイナビ農業
一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 閉じる

マイナビ農業TOP > 販路・加工 > マルシェの売り上げはもっと増える! だれでもできる工夫とは

マルシェの売り上げはもっと増える! だれでもできる工夫とは

マルシェの売り上げはもっと増える! だれでもできる工夫とは

農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。

マルシェは消費者と交流し自分のことや生産物を知ってもらう良い機会でもあり場でもあります。もちろん売り上げは重要視しなければなりません。さらに、長く続けていくには消費者とのコミュニケーションにも目を向けなければなりません。今回は、売り上げはもちろん、効率がアップするテクニックを伝授します。

農家が陥りがちなマルシェの出店の仕方

マルシェの出店は、数多くある野菜の販売方法の中で、対面販売による接客が必要となります。このお客さんとのコミュニケーションが好きで出店する人も多いのではないでしょうか。ところが実際に出店してみると、一日の中で何度も慌ててしまう場面に遭遇します。準備はしっかりやっているはずなのに不思議なものです。もっとコミュニケーションを楽しみ、農園をPRし、さらには売り上げを確保するために、解決のヒントをお伝えします。

02

タケイファームが販売していたサラダセット

タケイファームがマルシェで野菜を売っていた4つの理由

現在は栽培した野菜の95%をレストランへ発送しているタケイファームですが、マルシェでの経験は今の土台になっています。
当時私がマルシェに出店していたのには、4つの理由がありました。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧