ローマの冬の定番野菜プンタレッラ。栽培も簡単、絶品のサラダで食す!|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > ローマの冬の定番野菜プンタレッラ。栽培も簡単、絶品のサラダで食す!

会員限定

ローマの冬の定番野菜プンタレッラ。栽培も簡単、絶品のサラダで食す!

武井 敏信

ライター:

連載企画:育てるならレア野菜

ローマの冬の定番野菜プンタレッラ。栽培も簡単、絶品のサラダで食す!

苦みがくせになるローマの冬の定番野菜プンタレッラ。ほろ苦さとシャキシャキとした食感、この野菜が市場に出回る季節を、本場のローマっ子は楽しみにしているといいます。今回は、一度食べたらはまってしまうプンタレッラの魅力を見てみましょう。

西洋野菜をはじめ珍しい野菜を年間約140種類、20年間で350種類以上栽培し、それらを直接レストランへ販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)が、レア野菜の魅力や育て方のコツを余すところなく紹介します。

プンタレッラとは?

プンタレッラは、イタリア・ローマでは代表的な冬の野菜。キク科のチコリの仲間でカタローニャという野菜の一種です。英語では「アスパラガスチコリ」と呼ばれており、株の中心から出てくるアスパラに似た花茎をメインで食べます。中は空洞で、シャキシャキした食感、チコリ独特のほろ苦さがあり、これがプンタレッラの魅力でもあります。
プンタレッラには花茎が細くて長い品種と太くて短い品種があります。私はどちらも栽培しましたが、太い方が料理のバリエーションも広がりますので、最近ではこちらのみを栽培しています。

プンタレッラ太いタイプ

プンタレッラの太いタイプ

プンタレッラを栽培したきっかけ

私が初めてプンタレッラの種をまいたのは2010年の7月。今から10年前のことです。当時は、西洋野菜の栽培にはまっていた時期で、暇さえあればインターネットで調べていました。チコリの種を探していた時、偶然見つけたのがプンタレッラです。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧