希少品種の「玄米どぶろく」を世界へ 中山間地の農業法人、自然栽培米で新たな挑戦|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 販路・加工 > 希少品種の「玄米どぶろく」を世界へ 中山間地の農業法人、自然栽培米で新たな挑戦

希少品種の「玄米どぶろく」を世界へ 中山間地の農業法人、自然栽培米で新たな挑戦

熊谷 拓也

ライター:

希少品種の「玄米どぶろく」を世界へ 中山間地の農業法人、自然栽培米で新たな挑戦

玄米食用のコメの希少品種「カミアカリ」でどぶろくを造り、海外に輸出するプロジェクトが長野県で進んでいます。伊那市長谷(はせ)の中山間地で無農薬・無肥料でコメを栽培する農業生産法人「Wakka Agri(ワッカ・アグリ)」の新事業。コメを炊いて食べる文化のない人たちにもその魅力を知ってほしいと、これまでに日本酒や甘酒を発売してきました。2020年度の冬は、市場ではほとんど流通していない「玄米どぶろく」を仕込むことにしました。過疎化が進む中山間地でコメの自然栽培に取り組む彼らの挑戦をリポートします。

過疎化が進む山あいの集落で

棚田の草刈り

草刈りの合間に一休みするWakka Agriのメンバー(画像提供:Wakka Agri)

Wakka Agriの田んぼがある伊那市長谷は、市中心部から車を30分ほど走らせた山あいにある地域です。南アルプスの登山口があり、夏は登山客でにぎわいます。ただその一方で、集落は高齢化と過疎化が進み、遊休農地も増えています。

「ここは自然栽培をするには最適な場所ですよ」。同社の統括マネージャー細谷啓太(ほそや・けいた)さんは、そう言います。

メリットの一つに、南アルプスから来る沢の水を田んぼに使えるので、平野部と比べて水がきれいな点が挙げられます。また、標高約1000メートルで昼夜の寒暖差が大きく、「昼はたっぷりと光合成をしてデンプンの元を蓄え、夜は体を休めることで無駄な消耗を抑えられる」(細谷さん)コメの生育に適した環境です。

Wakka Agriがこの場所で農業を始めたのは2017年。「the rice farm(ザ・ライス・ファーム)」のブランド名で、当初から一貫して肥料と農薬を使わずにコメを栽培しています。作業の中心は細谷さんら社員とアルバイトの計6人です。5月半ばに田植えをしてから7月末まで、乗用の除草機でこまめに草を刈り続けます。自然栽培の研究で博士号を持っている細谷さんですが、「栽培には今も苦労しています」とのこと。毎年新たな課題が見つかって、次の年に改善策を考える。「今もその繰り返しです」と教えてくれました。

海外のニーズから逆算して考える

Wakka Agriメンバーの集合写真

Wakka Agriのメンバー。後列中央が細谷さん、前列右が出口さん(画像提供:Wakka Agri)

Wakka Agriは、海外で日本産のコメを販売する「Wakka Japan(ワッカ・ジャパン)」(北海道札幌市)の農業部門を担うために発足した農業生産法人です。Wakka Japan創業のきっかけは、代表の出口友洋(でぐち・ともひろ)さんが、仕事で香港に駐在していた時、「海外でも日本と同じくらいおいしいお米を食べられるようになったらいいのに」と考えたことでした。

関連記事
農薬も肥料も使わないワケは輸出戦略【前編】新規就農者が創る中山間地の新しい稲作
農薬も肥料も使わないワケは輸出戦略【前編】新規就農者が創る中山間地の新しい稲作
農薬も肥料も使わない栽培は、「自然環境のため」だったり「食の安心のため」だったりと理由はさまざまですが、農業生産法人「Wakka Agri(ワッカ・アグリ)」の農場「the rice farm(ザ・ライス・ファーム)」(長野県伊那市)が稲作に…

最初は、香港でコメを精米して販売する事業から始まりました。販売拠点は現在、シンガポール、台湾、ハワイ、ベトナム、ニューヨークに広がっています。Wakka Agriのポリシーは「海外のニーズから逆算してコメを作る」です。そのニーズとは、「海外にはおいしい玄米を求めている人がいる」ということ。

細谷さんによると、海外、とりわけアメリカには、「体にいいものは余分にお金を払ってでもほしい」と考える人が多いそう。そこで、Wakka Agriでは、栄養価の高さが特徴のコメを栽培することにしました。

健康志向にぴったりはまる「カミアカリ」

玄米食用の希少品種「カミアカリ」

玄米食用の希少種「カミアカリ」(画像提供:Wakka Agri)

Wakka Agriの田んぼは、合わせて6ヘクタールほど。そこで、白毛(しらけ)もち、SK6(スケロク)、ササシグレなど、こだわりの4品種を栽培しています。その中で、今回、玄米どぶろくにも使用する「カミアカリ」は、生産者が5軒しかいないという非常に珍しい品種です。

そもそも玄米とは、わたしたちが普段食べているお米のように精白されていない状態のコメのことを指します。「胚芽」と呼ばれる隅っこの白い部分が残っていて、この部分に栄養が詰まっています。カミアカリは、この胚芽の部分が通常より3倍程度大きく、ビタミンB、ビタミンE、食物繊維、GABA(ギャバ)といった栄養素が多いことが分かっています。つまりカミアカリは「海外の健康志向の人にぴったりはまる品種」というわけです。

では、どうしてそのカミアカリを加工食品にしたのでしょうか。その答えは「コメの魅力をもっと多くの人に伝えたいから」(細谷さん)。

近年は日本食ブームを背景に、アメリカ人でも箸を使えるのは当たり前。炊飯ジャーがある家庭もそう珍しくはなくなってきているそうです。とはいえ、日本のようにコメを炊いて食べることが海外で習慣化しているわけではありません。そこで、もっと手軽にコメを口にできる加工食品にすることを考えました。

素材の味を生かす、酒造りのこだわり

カミアカリの日本酒・甘酒など

カミアカリの加工品シリーズ。左端が日本酒、その隣が甘酒

これまでに商品化してきたのは、切り餅、ポン菓子、甘酒、日本酒。いずれもカミアカリという素材をどう生かすかにこだわった品々です。通常、日本酒を造るには、仕込み前の精米の段階でコメの外側を削って芯の部分を使います。そうすることで、雑味のない、すっきりした味わいになるためです。一方、玄米を原料にする場合は、その真逆を行きます。コメをなるべく削らないようにして、素材の味を生かして仕上げます。

今回のどぶろく造りは、東京の醸造所に委託しました。どぶろくは、コメ・麹(こうじ)・水を原料にしてアルコール発酵させて造る点は日本酒と同じですが、最後にもろみをこさないことがポイントです。玄米で造るどぶろく自体が珍しく、原料に希少種のカミアカリを使っているため、「唯一無二の存在になる」と細谷さんも期待しています。出来上がったどぶろく約200本は、2021年5月をめどに香港とシンガポールで販売する予定です。カミアカリの加工品シリーズの売れ行きは上々で、どぶろくも販売状況を見て、増産するかどうかを検討します。

世界に広がる販売網、国内もネット販売へ

伊那市長谷の全景

Wakka Agriの田んぼがある伊那市長谷(画像提供:Wakka Agri)

Wakka Japanのコメの販売戦略は、①確実に需要が見込める在留邦人の多い国・地域を選ぶ、②在留邦人から現地の人への口コミで評価を広げる、という2段階で考えています。そのため、まずは駐在などの日本人が多い香港、シンガポール、台湾に出店。その後、ハワイ、ベトナム、ニューヨークに販売拠点を増やしてきました。Wakka Japanとしては、今後も海外の販売拠点を増やしていきたいとしています。

2020年は新型コロナウイルスの影響で、一時、飲食店からの注文がストップしました。しかし、その一方で、個人向けのインターネット販売が好評だったため、それほど大きな影響は出なかったそうです。これまでは海外での販売しか取り扱ってきませんでしたが、国内でも「Wakka Agriのコメを食べてみたい」という声が寄せられるようになったので、この春から数量限定でインターネット販売を始めることにしています。

日本では、とりわけ年配の方々にとって、玄米は「白いごはんが食べられなかった時代のもの」というネガティブな印象を持たれがちな存在です。30代の細谷さんも、栽培に関わるようになるまでは、「縁遠い存在だった」と言います。その玄米が、いわば「逆輸入」のような形で、国内で求められるようになったわけです。

「日本人がコメを見つめ直すきっかけになったらいいですね」と細谷さん。Wakka Agriの挑戦はこれからも続きます。

関連記事
米価低迷の時代に水田農業をどう考えるか
米価低迷の時代に水田農業をどう考えるか
新米の季節ながら、コメ相場は明るい話題に乏しい。2019年産米は相対取引価格が低迷を続け、8月の平均は1万5531円と、同年産としては最低となった。20年産米の取引価格も芳しくない。18年に生産調整が廃止された際、いつか供給過剰によ…
コロナで真価を発揮、高級ブランド米のファン獲得作戦
コロナで真価を発揮、高級ブランド米のファン獲得作戦
新型コロナウイルスによる混乱は、生産者がそれぞれどれだけ安定した売り先を確保できているのかを知るための試金石になった。堅調なのはスーパーなどで売られ、家庭でふつうに食べる食材を作っている農家。では高級路線の生産者にはど…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧