「農作業は甘くない」ってホント? ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 食育・農業体験 > 「農作業は甘くない」ってホント? ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた

「農作業は甘くない」ってホント? ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた

連載企画:ロリータの農業修行

「農作業は甘くない」ってホント? ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた

農作業は本当にきつい重労働ばかりなのか。自分のスタイルを貫き、好きなものに囲まれて楽しみながら農業に取り組むことはできるのか。それを検証するべく、熊本のローカルメディア「肥後ジャーナル」のロリータ代表、言(こと)が農家修行に出かけました。大好きなロリータ全開のファッションで、がっつり農作業をしたい! そんな思いで、熊本県は八代平野の北端、八代郡氷川町にあるミニトマト農家「ミヤザキファーム」へ通います。

トマト農家にロリータが現れた!

言の後ろ姿

ミニトマトのハウスへやってきた言

どこへ行くにも全力のロリータスタイルを崩さない「言(こと)」は、通常運転のロリータファッションで登場。赤と白のチェック柄ワンピースに白のブラウス、ヘッドドレスも着けています。
対応してくれたのは4世代で暮らす農家「ミヤザキファーム」の宮崎修太(みやざき・しゅうた)さん。

対面あいさつ

ロリータ全開で宮崎さんにご挨拶

初めまして、ごきげんよう。肥後ジャーナルのロリータライター、言と申します。よろしくお願いいたします。今日はトマトをイメージしたファッションでやって参りました。
こんにちは、ミヤザキファームの宮崎です。ロリータに農家で修行をさせてほしいと言われて、よく分からないけど楽しそうなので引き受けてみました。こちらこそ、よろしくお願いします

宮崎さん

祖母・つや子さん

かわいかね〜こぎゃん衣装私も着てみたか!
ミニトマト

干拓地である八代平野は、ミネラル分が豊富でトマトとの相性が良いと言われる

ミヤザキファームでは、八代平野の特産品であるミニトマトを、全部で13種類も作っています。看板商品は「宝石とまと」という5色のミニトマト。つややかで発色がよく、宝石のように輝いています。

宝石とまとパッケージ

5色のミニトマトを詰め合わせた「宝石とまと」

5色の内訳は赤・黄・オレンジ・緑・紫。イエローアイコ、トスカーナバイオレット、みどりちゃんなど、さまざまな品種を同時進行で作ります。

ハウス外観

ミニトマトを作っているハウス

まずはハウス内でミニトマトの収穫作業です。

トマトの収穫の仕方

収穫の際は、節の部分を押さえるようにして折る

ヘタの上に節があるので、そこを押すように折るとスムーズに取れます。

宮崎さん

コツを聞き、慎重に取りかかります。大切な実を傷つけず、ヘタが外れないように気をつけながらの作業です。

うちは完熟収穫といって、真っ赤に熟した食べごろになってから収穫します。キャスター付きの椅子に座って、スライドしながら作業してください。

宮崎さん

収穫用のイス

通路にぴったりおさまる椅子を使う

これですね。ずっと中腰で作業するのかと思っていました。いいですね!
トマト収穫

完熟のトマトだけを選んで収穫していく

午前の作業で、1人あたり25キロ以上も収穫します。宮崎さんと父の修(おさむ)さん、パートさんも含めたスタッフ全員分合わせて250キロほど取りました。

コツをつかむまでは難しさがありましたが、体力的には全くつらくなかったです。農作業って、きついだけじゃないんですね。
力仕事やきつい作業を極力減らすために、あれこれ工夫しています。座って作業できるようにしたり、休憩時間にはみんなでお菓子を食べてしっかり休んだり。

宮崎さん

11時半に午前の作業は終わり、午後は1時から再開します。パートさんは一度帰宅し、昼食をとります。

完熟収穫を可能にする、スピーディーな出荷

赤と緑のトマト

発色の美しいミニトマト

午後は、さっき収穫したトマトをパックに詰める作業をします。小分けにして、注文をいただいたお店に送ります。

宮崎さん

JAに出すわけではないんですね。
うちは直接お店とかレストランに納品しています。取ったものをすぐに送るからこそ、完熟のものを収穫してもOKなんですよ。

宮崎さん

今日の分は、どこへ届けるんですか?
北海道のスーパーです。京都・大阪などの小売店にも直接納品しています。神戸の有名ホテルのレストランが使ってくれたりもしますよ。父の代からの取引先も、大切にしていきたいです。

宮崎さん

今日中に210グラム×24パック入りのダンボールを6箱出荷します。翌日は同じものを37箱欲しいという注文が入っていました。250キロのトマトも、あっという間になくなります。

レクチャーを受ける言

宮崎さんからパック詰めのレクチャーを受ける言

210グラムを下回らないよう、スケールで量りながら詰めていきます。

午前中に収穫したものを午後に発送すれば、関西の取引先であれば翌日には届きます。
完熟収穫を可能にするのは、このスピード感あってこそ。鮮度を落とすことなく、一番おいしい食べごろのトマトが店頭に並びます。

つや子さん

84歳になっても現役のつや子さん

宮崎さんの祖母、つや子さんは84歳。目分量でも210グラム以下になることはなく、言の2倍近いスピードで詰めていきます。
もともとは八代平野の古い特産品であるイグサを作っていましたが、30年前にトマトに転向したといいます。

くまモンのシール

パックにはくまモンのシールを貼る

作業場に沢田研二の「TOKIO」が爆音で流れる中、言もつや子さんにならって黙々と箱詰めしていきます。
210グラムずつパックに詰め、くまモンのシールを1枚ずつ貼ります。12パック×2段で一箱が完成。

コミュニケーションは農家の基本

いつしかBGMが尾崎豊の「卒業」に変わる中、4箱目を詰め終える言。96パックも作った計算です。ちょっと足腰が痛くなってきた、と思ったら休憩時間になりました。

休憩時間

ロリータスタイルに興味津々のミヤザキファームの皆さん

休憩時間はみんなで集まり、お茶やお菓子を手に楽しみます。ロリータスタイルの言も、意外なほどすんなりなじんでいました。やっぱり仕事着もかわいい方がテンション上がるよね、とガールズトークも弾みます。

春馬くん

春馬くんを囲んで過ごす、なごやかな休憩時間

宮崎さんの息子、春馬(はるま)くんは、みんなのアイドル。笑顔の絶えない楽しい時間が続きます。

農作業って、もっと孤独なものかと思っていました。
農家も、人間関係は大事ですよ。家族や従業員さんとのコミュニケーションも大事だし、農家仲間との情報交換も重要です。最近は、Clubhouse(クラブハウス)にもドハマりしてます!

宮崎さん

えっ、あのスマホアプリのClubhouseですか?
はい。農作業とClubhouseは相性が良いんです。作業しながら、BGMのように流していれば情報収集になるし楽しい。仲間との意見交換もできるし、Clubhouseを通じて全国の農家さんに友達も増えました。

宮崎さん

楽しそう! コミュニケーションは大切ですね。
関連記事
ラジオ文化の農家がClubhouseを席巻する 音声SNSの可能性とは
ラジオ文化の農家がClubhouseを席巻する 音声SNSの可能性とは
2021年1月の日本上陸からものすごい勢いでの広がりをみせる音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。今のところiOSデバイス(iPhoneなど)でしか利用できないため、Android勢は置いてけぼり状態ではありますが、農業界では音声を利用した…
トマト出荷

ロリータスタイルで配送センターへ

最後は発送です。決められた集荷時間以外に作ったものは、配送業者のセンターまで運びます。ロリータスタイルでトマトの箱を担ぐ言。ヤマト運輸の受付のお兄さんに二度見されながらも、無事に出荷しました。
農家修行、初回はこれにて終了です。

編集後記

4世代で暮らすトマト農家でロリータライターが修行したい!という、よく分からない企画に快く応じてくれたミヤザキファーム。
小さな工夫を重ね、試行錯誤しながらおいしいトマトを作っています。誰もが明るく楽しく、さりげなく協力し合いながらの作業が続きます。
初回の農家修行は、温かく受け入れてもらい、予想以上にスムーズに進みました。
今後もたびたび修行に行き、リアルな農家の日々を少しでも体験できたらと思います!

ミヤザキファーム(インスタグラム)

関連記事
未来志向の畑で農業体験してきました!──野菜も人も手をかければ必ず育つ!
未来志向の畑で農業体験してきました!──野菜も人も手をかければ必ず育つ!
都心から約1時間、茨城県つくば市の最南端に「子供たちの未来農園」があります。農園主の中村淳(なかむら・じゅん)さんは、「すべては次の世代のために」という思いで2011年10月にこの地で農業を始め、今年で10年目を迎えました。安心…
農業体験に行くときの服装は? 虫や暑さに負けない対策を
農業体験に行くときの服装は? 虫や暑さに負けない対策を
静岡県伊豆の国市地域おこし協力隊で現在農家志し中のちだです。暑くなってきました。農業の季節です。 週末に家庭菜園でもやろう。子どもと農業体験に行こう。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実は! 農業には農業に…

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧